マレーシアでの起業の費用!ビジネスチャンス?マレーシア起業、カフェの開業、ラブアンでの起業の方法とは


 

マレーシアでの起業の費用は、当然

起業内容によってもまちまち。

 

例えば、カフェでの起業なら1,500万円は

余裕で超えるだろう。

 

 

リスクのない起業、

海外でも安定収入を得るためのノウハウ

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

日本を離れ、マレーシアで

起業を考える人が増えている。

 

マレーシアで起業したいと思ったら

費用はいくらぐらいかかるのか?

 

 

実際にマレーシアで起業した

友人のいる自分が考察。

 

 

 

ビジネスチャンス?マレーシアで起業、カフェを開業したい時の起業の費用・条件とは?

 

日本人が移住したい国として

人気の高いマレーシアではあるが、

ビジネスチャンスはあるのだろうか。

 

 

マレーシアでは外国人が個人事業主として

起業することは認められていない。

 

日本でよくある、個人事業主として小規模で始めて、

ある程度軌道に乗ったら法人して、

という方法はとれないのだ。

 

 

例えばマレーシアで就労ビザを得て

カフェを開業しようと思った場合。

 

 

まず現地で法人を設立してから

カフェ開業に必要な店舗の契約。

 

必要なライセンスを取得してから

就労ビザを申請という流れになる。

 

 

マレーシアでは一部の例外を除いて

外資100%の会社での事業が認められているので、

日本人が株式会社を設立すること自体は難しくはない。

 

 

マレーシアで起業するためには、

法人を設立の資本金と店舗の取得や、

運営に必要な許認可を得るための費用がかかる。

 

マレーシアで起業しカフェを開業する

大きな障害は、就労ビザ取得のための条件である

約1,600万円以上の資本金だろう。

 

資金の条件がクリアできるなら、

これからも消費の拡大が見込める

新興国マレーシアにはビジネスチャンスはある。

 

 

マレーシアは日本と比べて、

出店費用や店舗の家賃や

現地スタッフの人件費など安く抑えられる。

 

うまくいけば

日本国内でカフェを開業するより

利益を大きくすることもできるだろう。

 

 

ただ現在のマレーシアの発展は著しいので、

よく言われていたように日本の3分の1の物価

というわけではなくなりつつある。

 

今後物価の上昇にともなって

運営コストが上昇していくことは間違いないので、

ビジネスチャンスがあるのは今のうちかもしれない。

 

 

 

マレーシアのラブアンでの起業、カフェの開業の方法。ラブアン法人とは?起業の費用は?

 

ラブアンは、

マレーシアで起業を考えている人なら

是非知っておきたい場所だ。

 

 

世界中いろいろなところに存在する

経済特区、タックスヘイブン。

 

 

タックスヘイブンとは、

場所によって違いがあるが

「税制上の優遇」の事。

 

よく知られている地域としては

スイス、シンガポール、香港、バハマなど。

 

 

日本語に訳すと租税回避地、低価税地域となる地域は、

外国資本や外貨獲得を目的として地域外の企業に対して

税制上の優遇措置をもうけている地域だ。

 

マレーシアにはラブアンという

タックスヘイブンがある。

 

 

マレーシアのサバ州に浮かぶ島ラブアン。

 

ラブアンで法人を設立し起業したら

資本金の規定なども無く、更には税制上の

優遇も受けられるので自分としてはおすすめだ。

 

 

ラブアン法人の大きな特徴は

税金をほとんど支払わなくてよいこと。

 

ラブアンでは法人税は

日本の10分の1の3%で、

消費税もかからない。

 

 

個人にかかる所得税も

約12万円と非常に低い。

 

なによりも大きな特徴としては

就労ビザと納税者番号が

付与されることだ。

 

 

マレーシアで起業するのに

ラブアン法人は非常に有利だが、

もちろんメリットばかりではない。

 

 

ラブアン法人は外資のみ

外国人1人だけで登記可能。

 

ほとんどの業種でタックスヘイブンの

節税の恩恵が受けられる。

 

 

ただ、マレーシアに居住することが

必須となるため、そこにデメリットを

感じる人もいるかもしれない。

 

しかし、日本人が多く居住し、

日本より物価も安く、災害が少なくマレーシアは

住みやすい国といえるので問題ない。

 

 

ラブアン法人の最大のデメリットは

 

 

・マレーシアの企業や個人との取引

 

・マレーシアリンギットを使った取引

 

 

が出来ない事だ。

 

 

これはラブアン法人で設立された法人は、

マレーシア企業とマレーシア人との

取引が出来ないという事。

 

 

ラブアン法人とはマレーシア以外の国や

個人と取引をする企業への特例措置なのだ。

 

つまり、残念ながらマレーシアで

カフェを開業するためには

ラブアン法人はほぼ無理で意味が無い事になる。

 

 

 

まとめ。マレーシアで起業する費用について

 

マレーシアで起業するには様々な条件があり、

特に個人事業でカフェなど

飲食業を開業するのはかなり難しい。

 

しかし経済伸長が期待できるマレーシアには

ビジネスチャンスはあるので、

あきらめずに挑戦する意義はある。

 

 

ラブアン法人を設立して、

マレーシアを対象としない相手と事業をするなら

大きな節税効果が得られるのでおすすめだ。

 

 

ペナンで起業した移住仲間、小野。

自分と同じく、日本人より外国人の友達が多い人です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

新しいチャレンジがしたいあなたへ。

 

自分の限界を超える売り上げ目標を立てて、

心からワクワクするチャレンジをしませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授