フィリピンの民族衣装って?女性の正装とテルノ、伝統衣装のバロンについて現地在住者が紹介


 

フィリピンには伝統的な民族衣装がある。

 

男性と女性でそれぞれ違った正装だが、

普段の南国のカジュアルなイメージとはだいぶ違う

 

 

現地在住者によるフィリピン情報、

ブログを手段にしてフィリピンに移住する

具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

今回は、

フィリピンの民族衣装について紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンの民族衣装。女性の正装、テルノとは?

 

フィリピンの民族衣装は

男性用と女性用に分かれている。

 

 

男性は「バロンタガログ」といわれる、

バナナの葉やパイナップルの葉を

原料に作られた衣装がある。

 

通称バロンと呼ばれている。

 

 

女性用には「テルノ」といわれる、

パイナップルの繊維から

できた民族衣装がある。

 

 

それらフィリピンの民族衣装は、結婚式や

公式イベントなどの正装として着られるもので、

一般的な普段着としてはあまり使われていない。

 

 

イメージとして民族衣装と聞くと

派手な感じと思うが、実は

シンプルで上品な民族衣装なのである。

 

 

フィリピン旅行をした人達が

着心地のよさとあまりの軽さに、

訪れる度に買って帰る人もいるほど。

 

 

では、まずは女性の民族衣装

「テルノ」から紹介していこう。

 

 

テルノはフィリピンを代表する民族衣装で、

ヨーロッパ感漂うドレスの様な衣装が特徴。

 

胸元には刺繍が施されていて、

上品でセクシーな印象を与えてくれる。

 

 

テルノはスペイン語で

「to match」という意味。

 

上のブラウスとスカートが

一緒になってますよという意味で、

ワンピースの様なシルエットである。

 

 

定番は白色だが、

カラーバリエーションは豊富にある。

 

 

フィリピンでよく開催されてるミスコンでは

テルノを着る女性が数多くおり、人々を魅了していて、

女性らしさをアピール衣装にもなっている。

 

 

フィリピンでいう正装とは、バナナなどの葉や繊維から作られた、

常夏の気候に適した薄手で耐久性のある服で、旅行客も

気軽に着られる為フィリピン人の気分を満喫したい女性に人気。

 

 

日本人でもフィリピンで結婚式を挙げるときに、

参列者は正装のフィリピン民族衣装のテルノやバロンを着て

参加するという形式で行うことがある。

 

堅苦しくならずアットホームな感じで

開催することができると、

最近注目されてきている。

 

 

テルノは値段が約5千円~1万円と、

日本人にとってはお買い求め安い値段。

 

フィリピンで結婚式に参加するときの服代は、

多少なりとも節約出来るだろう。

 

 

日本の正装はフォーマルを意識したり、

和装やら礼服やら複雑で何を着るのが正解か

未だにわからない。

 

フィリピンの正装はは単純で、

分かりやすくて困らないだろう。

 

 

 

フィリピンの伝統衣装、バロンについて紹介

 

次に、フィリピン男性の代表的な

伝統衣装は「バロン」と呼ばれるもの。

 

一見普通のカッターシャツのようにも見えるが、

良く見ると刺繍が入っていて、

品のある男性へ変身できてしまう。

 

 

しかし、通気性を重視してか、かなりスケスケで、

そのまま着ると乳首が見えてしまうから

直接着るのはおすすめしない。

 

白い下着を着ることを忘れないでほしい。

 

 

日本とフィリピンの首脳会談の時に、首脳陣は

バロンを着用して、フィリピン側の正装に合わせていたが、

かなりなスケスケ具合だった記憶が残ってる。

 

でも、それがフィリピンにとっての正装。

 

透けてるのが正解なのである。

 

 

なぜバロンはそんなにスケスケなのかというと、

フィリピンは昔スペインの占領下にあった

ということに関係している。

 

服の中に武器を隠していないかを

分かりやすくするために、

その様な服になってしまったという。

 

 

それが今ではフィリピンの

正装民族衣装になってしまった。

 

 

でも、常夏のフィリピンを考えると、

逆にそれが正装でありがたいのだろう。

 

 

日本は真夏でも、きちんとした場のときは

上着は脱げないことを考えると合理的だ。

 

 

昔、バロンはフィリピン女性も着てたみたいだが、

今は女性らしい民族衣装の方が人気が出て、

バロンを着る女性はほぼいないと言われている。

 

 

 

まとめ。フィリピンの民族衣装(女性)について

 

世界の民族衣装は変わったものをイメージしていたが、

フィリピンの民族衣装は気候に適したものになっていて、

考えられた衣装であることがわかった。

 

今度テルノを見にミスコンに行ってみようかと思う。

 

 

フィリピンのエルニドで一緒に遊んだ真也。

自分と同じく元神経質(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授