固定観念が崩れるとは?固定観念の意味や既成概念の違い。固定概念に捉われない為に…固定概念の例を紹介


 

固定観念が崩れるといいますが、

 

自分の経験では、

普通の紙を何回折ったら月にたどり着く厚さになる?

という話。

 

今でも衝撃です(笑)。

 

 

固定観念をぶっ壊す最速起業、副業の方法は

以下を無料視聴してください。

 

 

ここをクリックして無料でセミナーを視聴する

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中に似ている意味を持つ言葉がたくさんありますが、

その中でも、今回は「観念」と「概念」について

解説していきたいと思います。

 

 

固定観念や既成概念、耳にすることはあっても、

なかなか自分では意味をしっかり把握していない

という方も多いのではないでしょうか。

 

 

意味の違いを見ていくことによって、

言葉の使い方や、使うシーンを

イメージして頂けたらと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

「固定観念が崩れる」「既成概念」の意味。固定観念の意味や既成概念の違い。また、概念と観念の違いとは

 

まずは「観念」と「概念」の

意味の違いを見ていきましょう。

 

 

観念とは物事に対する自分のイメージで、

個人が持っている考えのことです。

 

また概念とは、共通している点に対して

客観的に存在している共通認識のことです。

 

 

概念と観念の違いを

言い換えていきたいと思います。

 

 

概念は、外的で共通的なものです。

 

それに対して観念は

内的・個人的なものと言えるのです。

 

 

観念と概念はよく間違えて

使われていることがあります。

 

意味をしっかり覚えておきたいですね。

 

 

では、既成概念という言葉を

聞いたことがあるでしょうか。

 

既成概念とは

大多数の人の間で認められ、共有されている考え方や内容」

を表します。

 

 

固定概念や、固定観念と間違えやすいので、

ここではその違いについて見ていきましょう。

 

 

既成概念の意味を見ていきましょう。

 

広く社会で認められて共有されている、

共通している、すでに出来上がっている

考え方や内容のことを言います。

 

 

ここまで概念と観念について

お話ししてきました。

 

概念と観念の違いについて

まとめていきます。

 

 

概念は客観的に物事に対して

存在している共通認識のこと。

 

観念は主観的で個人が

持っている考えのことです。

 

 

次に固定観念について

お話ししていきたいと思います。

 

 

固定観念とは自分の中で絶えず意識が支配されていて、

状況が変わったり、人から何か言われたりしても変わらず、

行動が決まられてしまうような考え方のことを意味します。

 

 

固定観念が崩れる、

という使い方をよくします。

 

では、固定観念と既成概念は

どう違うのでしょうか。

 

 

固定観念は自分意識の中にある支配された考え方のことで、

既成概念は客観的に広く社会で認識されている

考え方のことを表します。

 

 

既成概念は客観的に見た考え方で、

固定概念は主観的な考え方のことを言います。

 

 

固定観念の意味は、簡単なことでは

崩れない自分の中にある考え方を表しています。

 

 

では固定概念とはどういう意味でしょうか。

 

 

固定概念という言葉は間違っています。

 

正しくは、固定観念、もしくは

既成概念とい言葉を使用します。

 

 

既成概念と固定観念の

違いについてまとめてみます。

 

 

既成概念は大多数の人の間で広く認識されていて、

共有されている考え方や内容のことを言います。

 

また固定観念は、自分の中の意識を支配している

主となる考え方で、簡単には変えることの

できない考えのことを言います。

 

 

固定観念と既成概念の大きな違いは、

主観的か客観的かということです。

 

既成概念の意味について

詳しく見ていきましょう。

 

 

既成概念は広く社会で認識されている

事柄や考え方のこと言います。

 

例えば、空や海は青い、

などということです。

 

 

では固定観念と固定概念は

どちらが正しいのでしょうか。

 

 

固定概念の意味は、

凝り固まっている社会に認識されている

一般的な考え方となります。

 

言葉の意味がおかしくなります。

 

 

固定概念と固定観念の違いはなんでしょうか。

 

固定概念は、客観的な見方で、

凝り固まっている社会に認識されている

一般的な考え方のことを言います。

 

 

また固定観念は主観的な見方で、

自分の変えることのできない頭の中を

支配している考え方のことを表します。

 

そのため、固定概念は間違いで、

正しくは固定観念となります。

 

 

固定観念とは自分の中に凝り固まった

簡単に変えることのできない

考え方のことを言います。

 

ここで、最初にお話しした

概念と観念の違いが出てきましたが、

お分かり頂けましたでしょうか。

 

 

固定概念と既成概念という言葉は、

本当は間違っていたのです。

 

 

 

固定観念・固定概念・既成概念に捉われないために。固定観念がない人。固定概念の例。英語では?

 

固定観念にとらわれないために

気をつけた方がいいことは何でしょうか。

 

固定観念を強く持っている人は

自分の物の見方や価値観が

1番正しいと思っている傾向があります。

 

 

他の人の意見をこんな考え方もあるんだ、

と捉えることができると、

自分の固定観念の幅が少し広がると思います。

 

 

固定概念の例はあるのでしょうか。

 

 

固定概念は元々、

固定観念の間違いです。

 

もし例文などがあっても、

間違った表現をしているものが

ほとんどです。

 

 

既成概念を英語で表してみます。

 

例文によって使われる表現が変わりますが、

「preconceived idea」や

「stereotypes」を使います。

 

 

固定観念に捉われるのは、自分の思考が偏ってしまったり、

そのせいで敵を作りやすくなってしまったり

することがあります。

 

 

とらわれがちの意味を見ていきましょう。

 

 

捉われる、囚われる、捕われるの3種類が

よく使われる言葉です。

 

過去に捉われる、しがらみに囚われるなど、

言葉によって使う漢字も変わってきます

 

それによって意味も変化してきます。

 

 

では概念にとらわれないの意味は何でしょうか。

 

概念とは、客観的に存在している共通意識を信じ切って、

そこから抜け出せない考え方を表します。

 

その考え方だけに固執しないという意味となります。

 

 

既成概念にとらわれるというのも、

その考え方だけに

固執してしまうことを言います。

 

固定概念にとらわれずという表現は

間違った表現となります。

 

 

固定概念にとらわれるという表現も

よく使われることがありますが、

間違った表現です。

 

 

既成概念に捉われないという

表現が正しい表現です。

 

固定概念に捉われないという表現と

言い間違えないように気をつけましょう。

 

 

正しくは、固定観念に捉われないになります。

 

 

既成概念に捉われない、は社会の中で

広く認識されている考え方に固執せず、

広く考え方を持った方がいいということです。

 

 

しかし固定観念がない人に

会ったことがあるでしょうか。

 

考え方は育った環境や、

出会った人の影響で変化していきます。

 

 

人はそれぞれの固定観念を

持っているものだと思います。

 

 

 

まとめ。固定観念が崩れることについて

 

ここまで、固定観念や

既成概念についてお話ししてきましたが、

いかがだったでしょうか。

 

中には間違った表現を使用していたり、

意味を間違って認識していたという方も

いたのではないでしょうか。

 

 

固定観念がない方は

いないのではないかと思います。

 

しかし、他の人の意見や考え方を聞き、

自分に取り入れることによって、

自分の考え方の幅がとても広がると思います。

 

 

この内容がお役に立てていれば幸いだと思います。

 

 

固定観念が強かった米本君。

自分と同じく、ゴキブリ大嫌いです(笑)。

 

 

 

最後に、

 

ポジティブに生きれていあなたへ。

 

コンサルを受けてもっと生産的なビジネスモデルに変えませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授