アメリカ人の食事を一週間見てみよう!どんなメニュー?量がすごい?食生活や一般家庭の食事


 

アメリカ人の食事(一週間)は

さぞかしひどいのでは・・・

 

そう思われがちだが、この国の特徴は

健康格差も大きく広がっていること。

 

 

健康意識の高い人達の意識レベルは

日本人の比ではない。

 

 

アメリカの健康と食、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンやアメリカなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

アメリカ人の食事は一週間で

同じメニューを食べる人も

多いといわれている。

 

その理由は食生活や食事の内容を

調べてみると答えがみえるのだ。

 

 

 

スポンサードリンク

アメリカ人の食事、一週間でどんなメニュー?アメリカ人の食生活

 

アメリカ人の食事はスーパーサイズミーな

印象があると思われがちだが、本当に

スーパーサイズなのがアメリカ人の食生活なのである。

 

 

アメリカ人の食事のメニューは、

一般的には朝はシリアルを中心に

パンやワッフルとフルーツ。

 

お昼はファーストフード。

 

夜は、しっかりとしたディナーで

肉やフライ系の食事が中心である。

 

 

わかりやすくいってしまえば、

アメリカ人の食事の一週間のメニューは、

ほぼこのような感じである。

 

 

それに加えて、アメリカ人の

食事は量が多いのだ。

 

 

胃袋は相対的なものであり、

断定することは難しい。

 

だが、それでも一般的な日本人の感覚では、

一人前がとにかく多い、と言われていて、

おおよそ2人前から3人前の分量が出てくるのだ。

 

メニューはこのような感じであり、

アメリカ人の食生活は好きなものを食べる、

という傾向がとても強いのである。

 

 

朝のシリアルも、栄養価や健康という概念はないに等しく、

好きだから食べる、甘いから嫌いな牛乳が気にならない、

という勢いなのだ。

 

 

お昼にピザを完食したとしても、

カロリーや分量を気にすることはない。

 

 

サラダは?野菜は?と尋ねると、ハハハ!ピザに

バジルが乗っているじゃないか!トマトソースでトマトを

食べているじゃないか!というおおらかなジョーク。

 

というか本音が返ってくるのである。

 

 

分量も多く、メニュー面でも油脂分が多い食事がほとんどで、

間違いなくカロリー過多な傾向があるのが

アメリカ人の食生活なのである。

 

 

 

アメリカ人の食事の量がすごい?一般家庭の食事を紹介

 

アメリカの食事の量は間違いなく多く、

アメリカの一般家庭の食事は

カロリーや油脂類が過多なのである。

 

 

朝にしても、シリアルだけの家庭もあるが、

ほとんどは、シリアルやパン、パンケーキやワッフルをメインに

かならず何品かセットにする。

 

そのセット品が揚げ物であったり、

肉類ということは普通だ。

 

 

少なくとも、日本人の胃袋では、これだけで重すぎるのだが、

お昼のファーストフードも同じ現象が起きるのがアメリカだ。

 

バケツサイズのコーラに、バケツサイズのフライドポテト、

ハンバーガーは2個以上注文、というスタイルがデフォルトなのだ。

 

 

そして夕食も同様に、外食にしても自宅で料理するにしても、

ステーキやハンバーグ、もしくはフライ料理をメインにして、

分量は当然ながら多いのがアメリカの一般的な一週間の食事なのである。

 

 

アメリカ在住の日本人のブログは多いが、

やはり食事の中で、緑が足りない、野菜が少ない、

というのが共通認識だ。

 

 

そして、アメリカの食事の特徴として、

明らかに多すぎる分量と、

明らかに肉や脂が多い食事ばかりなのである。

 

 

野菜が多い少ないではなく、

シンプルに肉と脂が多い。

 

このことがアメリカで問題になっている

肥満の増加と肥満を呈する

国民の割合の増加を招いているのだ。

 

 

食文化も絡むことであり、否定的な表現は好ましくはないが、

可能であれば、カロリーを減らすか、分量や脂分を落とす工夫を

求められる段階を迎えているのではないかと考えられるのだ。

 

 

 

まとめ。アメリカ人の食事一週間について

 

アメリカはとにかく食事の量が多く、

肉や脂にあふれているということができ、

そのことが肥満が多い国民性の理由の一つである。

 

 

また、アメリカでは、好きなものを食べるという食生活で、

栄養バランスや肉と野菜とバランスが、という概念は

あまり強くない傾向があるのだ。

 

 

朝はパンケーキとハンバーグ、

昼はピザ1枚完食、夜は肉料理で野菜がない、

ということは普通なのだ。

 

 

一食あたりの分量も多いことが追い打ちをかけて、

食生活が原因で健康を崩す人が多く、

社会問題になっているのである。

 

 

アメリカは自由の国というイメージにもれず、

食生活もフリーダムだが、健康を害してしまっては

自由な食生活を謳歌できなくリスクも高い。

 

自由には責任が伴うということの

一例が垣間見えるのである。

 

 

アメリカの食べ物が好きな福山。

自分と同じく、強いくせ毛と天然パーマに悩む(笑)。

 

 

 

最後に、

 

苦しい時ほどアクティブでいたいあなたへ。

 

マーケティングを学んでクライアントに

たくさんの喜びを与えるコーチのお仕事をしませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授