アメリカのラッパーの女性…女性ラッパーを日本の2000年代から紹介。アメリカの刑務所の女性刑務官とは?


 

アメリカのラッパーで女性と言えば、

グラミーで名が知れたリゾでしょうか。

 

 

アメリカの音楽シーンの話、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンやアメリカなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

一般的にラッパーと言えば

男性という印象がありますが、

女性ラッパーも負けてはいません。

 

 

他にも刑務所の女性刑務官など、

女性が活躍する場は広がっています。

 

 

今回は、そんなラッパーや

刑務官の女性についてご紹介します。

 

 

 

アメリカの女性のラッパーや女性歌手。海外の女性のラッパー、アメリカ女性ラッパーを日本の2000年代から紹介

 

一般的にラッパーと聞くと、

日本では男性のイメージが

強いのではないでしょうか。

 

実際、フリースタイルダンジョンなどの

番組を見ても、出場者のほとんどが男性です。

 

 

しかし、ラップの本場であるアメリカでは、

アメリカ女性ラッパーの存在が

広がりを見せています。

 

まずは、そんなアメリカの

女性のラッパーをご紹介します。

 

 

Lizzo(リゾ)

 

2020年グラミー賞を獲得した

アメリカ女性ラッパーです。

 

デトロイト生まれ、ヒューストン育ちの彼女は

小さいころから音楽に触れ、ヒップホップの

世界へ足を踏み入れました。

 

 

Netflixの映画の挿入曲として

Lizzoの曲が使用されたのがきっかけで、

爆発的な人気を誇る女性ラッパーとなりました。

 

 

次に海外の女性のラッパーをご紹介します。

 

 

M.I.A.(エム・アイ・エイ)

 

イギリスの女性ラッパーで、

ラップミュージシャンと

アーティストとして活躍しています。

 

 

楽曲はグラミー賞にもノミネートし、

ウィリアム王子から「音楽への貢献」を認められ、

MEB(大英帝国勲章5等勲爵士)を授与されました。

 

 

次にアメリカの女性歌手をご紹介します。

 

 

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)

 

これまでにグラミー賞を

10回も受賞している

シンガーソングライターです。

 

日本でも若者を中心に絶大な

人気を誇るアメリカの女性歌手です。

 

 

今回は海外のラッパーや女性歌手を

紹介してきましたが、日本でも

女性ラッパーの活躍の場は日に日に広がっています。

 

そんな女性ラッパーを、日本でも

2000年代にスポットを当てて紹介します。

 

 

・Awich(エイウィッチ)

 

日本の女性ラッパーの中でも

実力派のラッパーとして知られています。

 

彼女がラッパーに興味をもったきっかけは、

1990年代の「ポンキッキーズ」という

子供向け番組だと言われています。

 

 

アトランタの大学でビジネスを学び、

マーケティングの博士号を取得しているほど

実業家としての才覚もある女性です。

 

今も自身の生まれ故郷の

沖縄に貢献するため、

精力的に活動を行っています。

 

 

 

アメリカの刑務所の女性刑務官…刑務官になぜ女性?アメリカの女性刑務官の仕事と女が刑務官になる理由

 

アメリカの女性刑務所の刑務官が、

なぜ刑務官として活躍しているのかを

紹介していきます。

 

 

刑務官は、アメリカ矯正協会の統計によると、

労働者の中でも命にはかかわらないものの、

怪我が最も多い仕事の一つと言われています。

 

 

うち、40%の怪我の原因は

 

 

・襲撃

 

・収容者との対面での怪我

 

・その他の暴力行為

 

 

この3つが多いとされる厳しい職業です。

 

 

では、アメリカの刑務所には、

なぜ女性刑務官が多いのか。

 

 

アメリカの刑務官に女性が必要な理由としては、

女性の受刑者の身体検査をするときなどは、

必ず同性の刑務官が行う必要があるため。

 

女性も収容される刑務所では

なくてはならない存在となっています。

 

 

また、アメリカの女性刑務官に限らず、

刑務所内の事務作業などは

女性が行うこともあります。

 

 

ですが、厳しい環境から

精神を壊してしまう

女性刑務官も少なくはありません。

 

 

アメリカの刑務官として働く女性は、

それほど厳しい環境に置かれながらも、

正義のため、市民のために活躍しているのです。

 

 

 

まとめ。アメリカの女性ラッパーについて

 

今回は、アメリカ、海外などで活躍する

女性に関してご紹介いたしました。

 

 

ラッパーや刑務官は、男性のイメージが強い職業ですが、

スポットを当ててみることで各界で活躍している

女性に気付くことができます。

 

 

ぜひ、様々な場所で活躍する女性に

目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

 

アメリカの音楽に詳しい白田。

自分と同じく、女子の男言葉が苦手です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

あまり人生が楽しめていないあなたへ。

 

コンサルで学んで、

親に感謝の気持ちを伝えられる人を増やしませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授