コミュニケーションの失敗例。うまくいかない例…海外移住や会話の失敗例についても紹介!


 

コミュニケーションの失敗例を知っておくと、

改善のスピードも上がる。

 

人の失敗の反面教師ほど

勉強になるものはない(笑)。

 

 

コミュニケーションスキルと起業スキルを劇的に上げるなら、

この無料セミナーを絶対に観ておいてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションの失敗例や、

うまくいかない例を、自分の海外生活で

感じたことを含めて紹介する。

 

コミュニケーションの失敗の

解決方法を考えてみよう。

 

 

 

スポンサードリンク

コミュニケーションの失敗例について紹介。なぜ失敗する?うまくいかない例

 

日常の中のやり取りの中で、

勘違いやすれ違いが起こるのは

よくあることだ。

 

コミュニケーションの失敗例や

うまくいかない例から、なぜ失敗するのか、

改善の方法はあるのか考察していこう。

 

 

まずコミュニケーション失敗例は、

大きく分けると2つのパターンがある。

 

 

1.聞き間違いから発生する

 

2.双方の勘違いといった認識の違いから発生する

 

 

コミュニケーションが

うまくいかないひとつの例は聞き間違いだ。

 

これは実際の言葉や単語を書いて

やり取りすれば防ぐことができるパターンだ。

 

 

聞き間違いは、

例えば「病院」と「美容院」。

 

この2つは文字で見れば違うものと分かるが、

発音が似ているため、文脈や会話の流れによっては

病院とも美容院とも受け取ることができてしまう。

 

聞き間違いからコミュニケーションの

失敗が発生する例と言えるだろう。

 

 

もうひとつの失敗は双方の認識の違い。

 

例えば

「髪の毛が気になって『びよういん』に行った」

の場合。

 

「病院に行った」

「美容院に行った」と、

解釈するパターンである。

 

 

「髪の毛が気になって」で認識のずれが生じやすい。

 

 

髪の毛の病気や健康面で気になると思う人は、

病院という前提で会話をしてしまう傾向がある。

 

髪の毛を整える、キレイであると思う人は、

美容院と認識してしまうのである。

 

 

このようなコミュニケーションの

失敗はよくあることだ。

 

たいていは早い段階で齟齬が発生するため、

お互いの確認が容易だが、修正されず会話が進むと、

とんでもない内容の乖離が起こっていることがある。

 

 

先に挙げた例だと「髪の毛が気になって」ではなく、

「伸びて気になる」もしくは「抜けて気になる」など、

一言付け加えるだけで失敗を防ぐことができる。

 

やり取りや解釈の祖語の解消も含めて

コミュニケーションの一部ということもできるが、

日頃の会話や言葉の使い方は意識するに越したことはない。

 

 

話し言葉は書き言葉以上に、

主語や必要な言葉の省略が

起きてしまう傾向が強い。

 

相手に何かを伝える会話では、

言葉の骨組みに注意が必要なのである。

 

 

 

海外移住の失敗例を紹介!会話の失敗例にはどんなものが?

 

海外移住の失敗例を会話の失敗例から掘り下げると、

海外移住で必要なことや気をつけるべきことが見えてくる。

 

自分の経験から、外国語の会話力はもちろん、

文化の違いが大きな影響を持っていると

感じることが多いのだ。

 

 

ひとつの例は「はい」「いいえ」の

コミュニケーションの違いである。

 

 

日本人は、否定疑問文が苦手な傾向がある。

 

 

英語で「好きじゃないよね?」と聞かれた場合。

 

 

好きであれば「YES(はい)」、

嫌いであれば「NO(いいえ)」。

 

要するに、疑問文の主語に対して

「はい」もしくは「いいえ」

になるのである。

 

 

このやり取りで失敗して、

生活の中で苦労することが

多いのが日本人だ。

 

会話の返答には注意が必要である。

 

 

 

まとめ。コミュニケーションの失敗例について

 

コミュニケーションの失敗は

よくあることで、日常の中では

回避不可能の現象である。

 

 

どちらが悪い。誰の責任か、という問題でもなく、

双方のコミュニケーションのあり方や、

会話力が試される側面もあるのだ。

 

会話においては、言葉の省略が頻繁におこることから、

説明する単語を詳しくするといった丁寧な会話を心がけることで、

かなりのパターンで解決や改善をすることができる。

 

 

海外の生活でも、英語圏では注意が必要だ。

 

否定疑問文は聞かれたものに対して

ストレートに答える文法なので、

日本人の感覚で返答すると失敗しやすい。

 

反射的に答えてしまわないように

注意する必要があるだろう。

 

 

コミュニケーションスキルがほとんどなかった佐野。

自分と同じく、金髪美女に弱い(笑)。

 

 

 

最後に、

仕事に情熱を注ぎたいあなたへ。

 

コンサルを受けて今の中途半端な自分を変えませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授