結婚後はワーホリできない?日本人同士の恋愛…その後に結婚や彼氏・彼女になる?オーストラリアでワーホリ


 

結婚後にワーホリもできるが

規定もあるので注意。

 

 

ワーホリの活かし方、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

ワーキングホリデーは、

海外で夢をかなえる手段の一つとして有名だ。

 

 

ワーキングホリデーの交際結婚や、

結婚後にワーキングホリデーの

利用はできるの。

 

自分の経験から紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

結婚後はワーホリできない?ワーキングホリデーで日本人同士の恋愛はあり?ワーホリのその後

 

ワーキングホリデーは、

制度ができてから40年以上になる

留学と観光を両立できるビザだ。

 

18歳から30歳であれば、

現地で働きながら学び、観光することも可能な

とても便利なビザである。

 

 

現地で自由に恋愛をすることも可能で、

長期滞在できるビザとしてはかなり

自由度が高いビザなのだ。

 

ワーキングホリデーから結婚した友人が、

自分の周りにはたくさんいるので、

人生を変えるきっかけになると言える。

 

 

ワーホリで結婚できないパターンはないので、

少なくとも自分の友人たちはワーホリで

結婚できないという話は聞かな。

 

ワーキングホリデーの制度に

結婚に大きな影響や制限がある

規定はないのだ。

 

 

ワーホリの恋愛で

日本人同士の結婚という選択肢もあり、

若者を応援する制度と考えることができる。

 

 

結婚するのは国際結婚になる

パターンがほとんどと思う。

 

その場合は、ワーホリ後にワーキングホリデービザから

それぞれの国の国際結婚に適したビザに

切り替える必要があるので、注意が必要である。

 

 

たいていの国では配偶者ビザが大半である。

 

 

ワーキングホリデーの制度は、

日本と制度を結んでいる12カ国。

 

各国に1度しか利用できないが、

うまく計画すれば12カ国すべてを

めぐることも可能である。

 

 

規定に抵触しなければ、

結婚後のワーホリも可能である。

 

夫婦でワーキングホリデー制度を

利用することもできるのだ。

 

 

 

オーストラリアへのワーホリ、恋愛できる?結婚や、彼女、彼氏ができた例を紹介

 

ワーキングホリデーの制度を

日本といちばん最初に結んだのは、

オーストラリアだ。

 

40年以上前のことである。

 

 

当時、ワーキングホリデーの制度を利用した人たちは、

引退後の生活に入って暮らしている人もいるくらいだ。

 

 

歴史あるワーキングホリデーは、

オーストラリアでワーホリして恋愛する人や、

オーストラリアで国際結婚する人もかなりいる。

 

ワーホリで彼氏を作ったり、ワーホリで彼女を作ったり、

婚活も視野に入れて海外生活を計画できるのも

ワーキングホリデー制度の醍醐味である。

 

 

ワーキングホリデーで国際結婚するときは、

結婚後の計画も重要であり、友人の例はこうである。

 

 

女性の友人だが、彼女は特に国際結婚は考えていなかった

ということだが、縁あってワーキングホリデーの滞在先の

オーストラリアで結婚することを決めた。

 

だが、結婚後の手続きで

特にビザの申請が苦労するとのことである。

 

 

オーストラリアの配偶者ビザは、

種類が多くて条件や基準が厳しい。

 

 

パートナービザの内容も、

「結婚している」「婚約している」「同棲している」

で、届け出の内容が変わるので大変だったのだ。

 

届け出も移民局へ届け出る必要があり、

離婚や婚約が解消になっても

移民局へ届けないといけないのである。

 

 

 

まとめ。結婚後のワーホリについて

 

ワーキングホリデーは、18歳から30歳まで利用でき、

留学や観光など制約がとても少なく、

夢を実現するチャンスが詰まっているのである。

 

現地での恋愛も、規定されていることもなく、

語学ができアグレッシブなタイプの人であれば

利用しない手はないのである。

 

 

ワーキングホリデーで国際結婚する場合は、

それぞれの国の配偶者ビザや永住権について

調べておくことが重要だ。

 

 

国によっては、ワーキングホリデーのビザから

配偶者ビザに切り替えるときの基準が、

とても多くて厳しいこともある。

 

不備がないようにしっかりとした

準備が必要なのである。

 

 

特に、オーストラリアでは手続きが多く、

パートナービザの種類も多い。

 

申請するときのパートナーとの関係に注意して

手続きをしなければいけないのである。

 

 

コロナ前にイギリスにワーホリした岩川。

自分と同じく、結婚は不要と語る(笑)。

 

 

 

最後に、

 

自分の可能性を広げたいあなたへ。

 

自分でビジネスをして可能性の限界にチャレンジしませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授