インドネシアの就職事情。海外就職、現地採用はある?日本人の現地での採用。高卒は?バリ島も紹介


 

インドネシアの就職事情は、当然コロナで一変。

 

もともと日系企業が多い現地だが

今後の動きに注目だ。

 

 

長期滞在者によるインドネシア就職事情、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンやインドネシアなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

インドネシアの就職事情を

自分の経験から紹介する。

 

 

必要な資格や、業務経験や語学など、

現地で必要なポイントを考察する。

 

 

 

スポンサードリンク

インドネシアの就職事情。インドネシアでの就職はある?海外就職の現地採用はある?

 

インドネシアに

移住するときに気になるのは、

仕事や収入に関することだ。

 

インドネシアの現地採用などで

インドネシアで就職できると

大半の問題は解決できるのである。

 

 

インドネシアで海外就職する場合の、

インドネシアの就職事情は

どのようなものか。

 

自分の経験を元に紹介する。

 

 

一番ベターなのは、日本にいる間に、

インドネシアの駐在ができる仕事を

見つけておくことだ。

 

就職の心配や収入の心配はなくなるのだ。

 

 

しかし、海外駐在がある仕事に

就職するのはかなりハードルが

高いのである。

 

 

もっとも無難かつ確実性が見込めるのは、

現地で就職活動をすることである。

 

 

では、インドネシアで海外就職できる、

現地採用の仕事はあるのか、

気になるところだ。

 

 

インドネシアは経済の発展が著しいので、

現地での求人は、想像するより

多いことは間違いないのである。

 

現地で求人に応募することも可能である。

 

 

英語もしくはインドネシア語が

できることが最低条件なので、英語で会話が

ある程度できたほうがよいのは間違いないのだ。

 

 

現地の職種は工場系の募集が多い。

 

海外の生産拠点がインドネシアに多いので、

なんらかの技術系の資格があれば、

工場長待遇で迎えられることも可能なのである。

 

 

仮に、日本で求人を探す場合は、

現地での就職を仲介するサイトや企業があるので、

利用するのも一つの手である。

 

 

このときに注意すべきなのは、

条件をよく確認することである。

 

 

表示される給与の通貨が

統一されていないことがある。

 

ある程度の相場を調べて、

生活水準の見当をつけておかなければ、

移住してから苦労することになるからである。

 

 

 

バリ島で現地採用はある?インドネシアでの仕事、日本人の場合。高卒で海外へ就職できる?

 

インドネシア移住をしてバリ島で暮らす選択肢もあるが、

実際にインドネシアの仕事で日本人が就ける仕事が

あるかどうかが気になるところだ。

 

 

インドネシアで現地で採用されることを

想定できれば計画も立てやすいのだが、

最低限の語学力、特にバリ島では英語が必要である。

 

 

バリ島の現地採用で

日本人採用がないわけではないが、

ありふれているわけでもない。

 

しっかりと就職活動に取り組む必要があるのだ。

 

 

職種によっては資格があると有利な仕事もあり、

そのような仕事では高卒で就職して

海外で暮らすことも余裕で可能になるのだ。

 

 

バリ島では、ホテルや結婚式場が多いので、

ホテルの業務経験や、美容師や写真家であれば、

仕事を選ぶ幅は間違いなく広がるのである。

 

 

国語教員の免許があれば、

現地の日本語学校で教鞭を

とることも可能になるのだ。

 

 

現地の旅行会社のコーディネーターも

選択肢になるが、職場によっては

日本語が使える環境であることが多い。

 

英語で最低限のメール対応や

やり取りができるのであれば

語学力の心配はないのだ。

 

 

現地のインストラクターをする方法もあるが、

こちらは観光客を相手にする仕事なので、

語学力は一定レベル以上は必要になる。

 

やはり英語の習得は必須である。

 

 

 

まとめ。インドネシアの就職事情について

 

インドネシアへの移住で、

やはり気になるのは仕事と生活のことだ。

 

仕事がなければ生活できないからである。

 

 

日本にいる間にインドネシアに駐在できる

企業に就職できれば問題はないが、就職できなくても

インドネシア移住を実現する方法はあるのである。

 

その場合は、海外就職を支援している団体や

企業に仲介してもらうのが無難であるし、

現地で就職活動をするという方法もあるのだ。

 

 

インドネシアで日本人が就職することは可能で、

美容師の資格など、スキルがあれば

有利な場面は多いのだ。

 

 

ほとんどの職種や場面で語学の能力は必要になるため、

少なくとも英語の英会話力は高めておいたほうがよい。

 

 

工場の設立も増えているので、

フォークリフトや製造系の資格を持っていることも、

現地採用では有利になるのだ。

 

 

ジャカルタで働きたいと話す道雄。

自分と同じく、日本人より外国人の友達が多い(笑)。

 

 

 

最後に、

 

元気を失って老けてきたあなたへ。

 

コンサルを味方につけて

苦しい時期をアクティブに乗り越える経営者になりませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授