タホはファミマのどこで買える?タホというフィリピン料理が日本でも!レシピやその他のスイーツの値段も


 

タホが日本のファミマで食べれるのは

タホ好きの自分には朗報ですが・・・

 

ミニストップのハロハロの例がありますので

期待はしません(笑)。

 

 

現地在住者によるフィリピン情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンのタホという食べ物を

ご存知でしょうか?

 

フィリピンで有名なローカルフード「タホ」ですが、

その味が近年、日本のコンビニでも味わえるというので

今回は、そんなタホについてご紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク

タホはファミマのどこで買える?タホというフィリピンの料理が日本でも

 

まずは「タホ」という食べ物は

どういうものかご紹介します。

 

 

フィリピンのタホという料理は、でき立てで

温かく滑らかな豆腐に、タピオカと黒蜜のような

甘いシロップをかけた食べ物のことを言います。

 

日本でもタピオカのドリンクは近年メジャーなものの、

柔らかく温かい豆腐との組み合わせは

比較的珍しいのではないでしょうか。

 

 

豆腐のほっとするような優しい味わいは、

現地でも朝食や朝食後のおやつとして親しまれており、

デザートに頂く甘い豆腐ドリンクに近い食べ物です。

 

現地ではタホ売りのおじさんが売り歩きを行っており、

大人から子供まで買い求めるほど

タホはフィリピンの人気のローカルフードです。

 

 

そんなタホですが、フィリピンだけでなく

日本のコンビニでも味わうことができます。

 

タホはファミマで「Taho飲む豆乳プリン」

という名前で、2020年の10月下旬より

全国のコンビニで販売がスタートしました。

 

 

販売会社はEMIAL(安雲野食品工房株式会社)の商品で、

お値段は税込み258円とタピオカドリンクよりも

お手頃な値段という印象です。

 

大豆の香りが強く、豆腐感があるものの、

つぶあんと黒蜜も入っており、

きちんと甘さもあるといった味でした。

 

 

多少現地のタホとは印象が違うものの、

タホをフィリピンではなく日本で

気軽に味わうことができます。

 

日本人よりの風味に寄せたタホ、

日本で手軽にタホを楽しみたい方は

是非ご賞味ください。

 

 

 

タホというフィリピンの料理、レシピ・作り方を紹介!フィリピンのスイーツ、タホの値段は?材料は豆腐?

 

前項まではフィリピンのタホという料理について、

そして日本で手軽に味わえるコンビニに売られている

タホの商品をご紹介してきました。

 

 

フィリピンでのタホの値段は

10~20ペソ(約22~45円)ほどで買える

お手軽なスイーツです。

 

 

日本のコンビニで売られているタホは

現地とは少し違う日本人好みの味となっていたので、

現地の味が恋しい人にとっては少し物足りないかもしれません。

 

 

今回はそんな方のために、

実際にタホのフィリピンでの

作り方をご紹介いたします。

 

材料(2人分)の

タホのレシピをご紹介します。

 

 

黒砂糖25ℊ、上白糖25ℊ、水50ml、

パールタピオカ20ℊ、おぼろ豆腐250~300ℊ、

バニラペーストをお好みで準備します。

 

 

下準備として、

おぼろ豆腐を温めるために

水を鍋に沸騰させておきます。

 

また別の鍋では、パールタピオカを

湯がくための熱湯を用意しておきます。

 

 

下準備が完了したら、

まずはシロップを作成していきます。

 

黒砂糖と上白糖と水50ml、

バニラペーストを小鍋に入れて

中火にかけます。

 

 

シロップが沸騰したら

弱火にして5分ほど煮詰め、

火を止めてしばらく置いておきます。

 

 

次にパールタピオカを

用意していた熱湯で茹でます。

 

パールタピオカがゆであがったら

水で洗い、ぬめりを取ります。

 

 

次におぼろ豆腐をスプーンでざっくりとすくい、

用意していたおぼろ豆腐を温める

熱湯の入った鍋に入れていきます。

 

豆腐が崩れないようにゆっくりと入れていき、

おぼろ豆腐が入ったらそのまま

5分ほど放置します。

 

 

次におぼろ豆腐が温まったら、

グラスにおぼろ豆腐を入れ、

その上に水を切ったタピオカをのせます。

 

 

最後に冷やしておいた

シロップをかけてタホの出来上がりです。

 

 

現地で食べるような温かい豆腐とタピオカ、

甘いシロップを再現したフィリピンのスイーツのタホ、

ぜひ家庭でも試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まとめ。タホについて

 

今回はフィリピンのローカルフードの

タホについてご紹介しました。

 

豆腐と甘いシロップを使った優しい味は、

フィリピン人だけではなく、日本人好みの味でも

あるのではないでしょうか。

 

 

手軽に試したいと思った方は、

ぜひコンビニや手作りで作ってみて

一度食べてみてくださいね。

 

 

タホが好きなマニラの克己。

自分と同じく、かつて自分に自信がなかった人です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

クライアントの可能性を引き出せないあなたへ。

 

コンサルで学び、親に感謝の気持ちを伝えられる人を増やしませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授