スウェーデンの教育方針!教育水準や教育費は?特徴や方法。日本の教育制度の問題点は


 

スウェーデンの教育方針は

個人の積極さ、自主性を重視している点で

日本とはまるで違う。

 

 

ブログを手段にしてスウェーデンに住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターで。

 

メールアドレス >

 

 

スウェーデンの教育方針は

日本とは異なる点が多く、

その質やレベルが高い。

 

 

スウェーデンではどのような

教育を行っているのだろうか。

 

今回は、スウェーデンにおける

教育方針や特徴を様々な角度から紹介する。

 

 

 

スウェーデンの教育方針を紹介。教育水準や教育費はどのくらい?スウェーデンの教育の特徴

 

スウェーデンの教育と聞いて

あなたはどのようなことを想像するだろうか。

 

 

スウェーデンにおける教育方針では、

個人の自主性や積極性を重視している。

 

 

日本の教育では暗記ばかりを重要視して、

自分で考える力を養う機会が少ない。

 

スウェーデン教育では詰め込み式の

学習ではなく、自ら考える力を養っていく。

 

 

スウェーデンで行われている教育は、

非常に質の高いものと言える。

 

 

スウェーデンの教育の特徴は、

学びのスタートが早いというのもある。

 

 

スウェーデンにはプレスクールと呼ばれる

1歳から学べる場が用意されている。

 

プレスクールの対象年齢は

5歳までとされており、

必ずしも入園する必要はない。

 

 

スウェーデンにおける教育方法は

とても柔軟で、一人一人の

個性を大事にしている。

 

 

スウェーデンの教育方針や

特徴について紹介したが、

教育費はどうなっているのだろうか。

 

 

スウェーデンにおける教育費は、

小学校から大学まで無償となっている。

 

質の高いスウェーデン教育を

無償で受けられるのは

とても魅力的に感じる。

 

 

でもどうしてスウェーデンでは

教育費が無償なのだろうか。

 

 

スウェーデンの教育費が無償なのは、

国民の税金で賄っているため。

 

スウェーデンの税金が25%と高いのには

きちんとした理由があるのだ。

 

 

スウェーデンの教育水準についてだが、

最近では少し問題が出てきている。

 

 

ここ最近のスウェーデンにおいて、

教育水準が下がってきている傾向にあること。

 

スウェーデン教育における格差や

学力低下が目立ち始めているのはなぜだろう。

 

 

問題となっているのは、スウェーデンが

学校の運営を地方分権で行っていること。

 

地域によって運営の資金が異なるため、

学校教育における格差が生まれている。

 

 

この事に関しては、スウェーデンでの

教育で最大の失敗とも言えるだろう。

 

 

 

スウェーデンの教育方法、教育制度。日本の教育制度の問題点

 

スウェーデンの教育が

優れているのにはいくつか理由がある。

 

 

学費がかからないことや、積極性を重視した

授業を実施していることなど、スウェーデンの

教育の良い所はまだ他にもたくさんある。

 

 

スウェーデンの教育で自分が思うことは、

学びの場が充実しているということ。

 

スウェーデンでは幼い頃から勉強を始められ、

生涯学び続けることができる。

 

 

国民全員が平等に学ぶ権利を持っていて、

同じ教育を受けることができる。

 

スウェーデンにおける教育制度が

しっかりと確立されていることが大きい。

 

 

スウェーデンでは優れた教育制度を取り入れ

今日まで来たが、教育の問題点もある。

 

スウェーデン教育の問題点とは

一体何なのだろうか。

 

 

スウェーデンの教育で

大きな問題とされているのは、

学校における地方分権化の問題だ。

 

これによって学校に格差が生まれてしまい、

学力の低下を招く原因となった。

 

本来優れているはずのスウェーデンの教育が、

質の良くないものへとなってしまう。

 

 

教育に関する問題点は他にもあって、

フリースクール改革や

移民政策も関係している。

 

 

メディアなどでは、スウェーデンの教育は

悪化していくと言われているが、自分はスウェーデンの

教育そのものが悪化していくとは思っていない。

 

確かに、スウェーデンにおける教育の問題点は

学力低下や教育環境を悪化させた。

 

 

でも、スウェーデンでは根本的な教育制度が

確立されているので修復が可能だと思う。

 

 

スウェーデンの教育制度についての良い所、

また教育の問題点にも触れてきたが、

自分たち日本の教育制度の問題点は何だろうか。

 

日本の教育制度の問題点としては、

誰もが平等に学べる環境が

まだ整っていないこと。

 

 

例えば私立の小学校を例に挙げたとして、

家庭が裕福で学力もある子供なら、

教育環境や学習効果の高いより良い学校に入学できる。

 

でも家庭の事情などでお金がない場合だと、

学校の選択は限られてしまう。

 

 

スウェーデンの場合は小学校から大学まで

学費がかからないし、学校を選ぶ権利がある。

 

日本の教育の問題点もまだまだ

改善していかなければならないことが多い。

 

 

一人一人の個性を尊重して、

積極性や自主性を高める教育法が求められる。

 

日本の教育の問題点というよりも、

全体の和を大事にする日本特有の考え方を改め、

個人を尊重できる社会を作る必要があると思っている。

 

 

 

まとめ。スウェーデンの教育方針について

 

スウェーデンの教育方針について、

日本と比べながら紹介してきた。

 

日本とは大きく異なる点が多いことが

理解できたかと思う。

 

 

スウェーデンでは教育の場面で

積極性や自主性を優先している。

 

自らが進んで学び、考えて

行動することはとても大事なこと。

 

 

もちろん、スウェーデンにおいても

教育の問題点は少なからずある。

 

そういった学びに対する問題点や

教育の場面を通して人は成長していく。

 

 

国によって制度が異なるとしても、

自分が学びたいという気持ちをいつまでも

生涯持ち続けていきたいと自分は思っている。

 

 

スウェーデンに住む計画を立てている山西。

自分と同じくゴキブリがとにかくダメ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授