週末起業の看護師って?一人起業の成功パターン。土日休みの看護師、副業や転職の成功例を紹介


 

週末起業が向いている職業に看護師がある。

 

ただし、ポイントを押さえておかないと

疲弊するだけで終わってしまうので注意。

 

 

ブログを手段にして週末起業し自由になるには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターで。

 

メールアドレス >

 

 

週末起業のメリットやデメリットには

どういったものがあるのか。

 

 

起業を始めやすい職種や、

週末起業から転職の成功例も紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

週末起業の看護師とは?土日祝休みの看護師に向いている週末起業。起業するならどんな職種がいい?

 

週末起業とは、本業の企業勤務などを続けたまま、

勤務時間外や週末の休みを利用して起業すること。

 

週に1~2回店舗を開いたりといった、

休みの時間に副業をする。

 

 

週末起業を考えるなら、

土日休みの看護師が向いている。

 

土日祝休みの看護師ならなお良い。

 

 

看護師の中には夜勤あり、

不規則勤務で働いている人もいる。

 

患者の健康管理をしながら自分の体調管理は後回し、

家庭もプライベートも犠牲にして・・・なんてことも。

 

 

現状で高収入は得られるが、

自分の人生のあり方に疑問を持つ人もいる。

 

そんな疑問を持つ人は、まず

土日休みの勤務体系の勤め先に

転職することをすすめる。

 

 

看護師という資格は手堅い資格だ。

 

正規職員でもクリニック勤務であれば

週末の休みを確保することも可能だ。

 

 

パートで週3~4回の勤務でも

一人なら食べるのに困らない程度

稼ぐこともできる。

 

 

土日休みの看護師求人も多いだろう。

 

そうして自分のプライベートと本業を得た時に、

プラスでやりがいや収入を得られるのが週末起業だ。

 

 

週末起業のメリットは以下の3つ。

 

 

1.本業を続けたまま起業するので、

失敗しても無収入になるリスクがない

 

 

2.好きなことができるので、

本業の仕事で得られないやりがいを

得ることも可能

 

 

3.起業したビジネスがある程度

軌道に乗ったら独立もできる

 

 

デメリットもある。

 

 

1.プライベートの

休息時間を削ることになる

 

 

2.体力が重要、体調管理できなければ

本業に差し障る可能性がある

 

 

3.計画的に進めなければ失敗しやすい

 

 

週末起業に何を求めるかはその人次第。

 

収入を求めるなら、ネットを使った副業を

個人事業主として行うのも手だ。

 

 

やりがいを求めて起業するなら、

看護師業で疑問に思っていたことを

解決するような職種をすすめたい。

 

 

看護師という資格や知識は

他の分野でも活躍しやすい。

 

例えば、美容やセラピストの

業界との相性は良いだろう。

 

 

看護師業でもっと患者の美容や

心のケアをしたかったという人など、

そういった方向で考えてみるとよい。

 

結果として本業も起業したビジネスも

内容の濃いやりがいのあるものになるだろう。

 

 

他にも趣味で夢中になっていることなども

起業に向いている可能性がある。

 

 

 

一人起業の成功パターン。看護師の転職や副業、成功例。看護師の週末起業の求人

 

看護師の週末起業や起業による

転職をした成功例を紹介しよう。

 

 

例1

「仕事をしていることで家族に負担を

かけていると感じる私を変える100の方法」

 

 

内科、小児科、 NICUなどで

看護師として働いた後、

週末起業を経てセラピストになった例。

 

 

出産や母親の看取りを経て

人を癒したいという気持ちを

持っていた葉山江美さん。

 

様々なセラピー方法を学びつつも

起業にはなかなか至らなかった。

 

 

起業のきっかけとなったのは

「シンプルパフォーマンス・ セラピー」

との出会い。

 

 

セラピーで心が解放されることで

自然体でいられるようになった。

 

病棟看護師を続けながら

体験を広めるための活動を始めた。

 

 

今は総合病院の勤務を辞めて、

シンプルパフォーマンス・ ナビゲーター

として活動している。

 

 

例2:

「Myセルフケアルーム *ミライナース*」

 

 

システムエンジニアから、介護ヘルパー、

准看護師、看護師を経てフリーランスになった例。

 

 

「『人の人生に寄り添い輝かせること』が私にとっての看護」

という町田舞さん。

 

自身が看護師として働いた経験で

ふくらんだ看護へのわだかまり。

 

それを解消するべく、

看護師のつながりづくり・心とキャリアづくりの

支援を掲げ、フリーランスで活動している。

 

 

例3

「趣味のヨガを習得するため、一度看護師を辞めてインドへ。」

 

 

スキルの習得後は、ヨガ教室をしながら、

週に数回看護師として稼働。

 

集客が見込めるようになってから

看護師をやめてヨガ教室店舗を

数店舗抱える起業家となった一人起業の成功パターン。

 

 

一人起業を始めやすいのは、

以下に書くような

資金があまりかからない業種だ。

 

 

・エンジニア

 

・プログラマー系

 

・ライター

 

・デザイナー

 

・イラストレーター系

 

・コンサルタント

 

・カウンセラー系

 

・ネットショップやホームページの運営

 

 

能力や経験が必要なものもあるが、

場所をとらずに自分のもっているものを

使える仕事が多い。

 

これに看護師の経験や知識、

資格を合わせると

仕事のニーズが増える。

 

 

自分の向き・不向きを考えて、

自分が活きる起業を考えたい。

 

 

何から始めればいいかわからない場合には、

スキルシェアという方法から

始めるのもおすすめだ。

 

スキルシェアとは、個人のもつ知識やスキルを

スキルシェアサービスを使って、販売する方法。

 

 

スキルシェアサービス『ココナラ』などを使って、

健康相談や看護師になりたい人の

相談にのることで収入を得られる。

 

看護師の資格を生かして

求人情報を副業をキーワードに

探してみてもいいだろう。

 

 

訪問看護や通所介護施設、

エステサロンなどで経験を積めば、

将来の起業の糧になる可能性がある。

 

 

 

まとめ。週末起業の看護師について

 

看護師の週末起業は収入の

リスク分散をして起業できることがメリット。

 

デメリットは体調管理が難しいこと。

 

 

看護師という資格を持っていれば、

失敗してもやり直しがきくし、

生かせる仕事の幅も広い。

 

起業のアイデアをもったら、

自分の向き・不向きを考慮しながら、

起業への計画を立ててみよう。

 

 

看護師として忙しくしていた花山。

自分と同じく白子が苦手(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授