フィリピンの医者、給料はどれくらい?気になる年収や医者の地位について知ろう


 

フィリピンの医者の給料は高そうですが、

それでも月10万円いかないくらいです。

 

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンの医者の給料といえば、

いくらくらいを想像しますか?

 

 

医者といえば、もはや

聖職者のような扱いをする人もいます。

 

医者の地位や、フィリピンの

富裕層について見ていきましょう。

 

 

日本とは生活の桁が違うので、

違和感があるかもしれません。

 

 

 

フィリピンの医者の給料ってどれくらい?フィリピンの富裕層の年収や地域は?医者の地位ってどれくらい?

 

フィリピンの医者は

年収いくらくらいなのでしょうか。

 

 

日本で医者と言えば高収入の

トップクラスのイメージがあります。

 

 

もちろん、開業医なのか、

勤務医なのか、委託なのか。

 

はたまた、内科医なのか、

外科医なのか、救急医なのか。

 

 

様々なパターンはあるものとしても、

一サラリーマンより高給なのは

間違いありません。

 

 

高級マンションに住み、

優雅な休日を送っているイメージも

抜けきっていないことでしょう。

 

 

華やかな都会の医者は

確かにそうかもしれません。

 

自分の知り合いの医者は、

とても庶民的ですが(笑)。

 

 

それでも彼らは、

収入が高いことは

検討違いではありません。

 

フィリピンでも、医者の地位は

日本と同じようなものなのでしょうか。

 

 

何をもってして地位を

確立するかにもよりますが、

フィリピンで医者は重宝されています。

 

今や深刻な医師不足になっているのです。

 

 

フィリピンは都心部にいかなければ

総合病院がありません。

 

日本のように、それぞれの都市に

いくつも病院が混在していることは

ないのです。

 

 

もちろん、個人の小さな病院は

日本のようにあります。

 

それなのになぜ医師不足なのでしょうか。

 

 

それは、総合病院の医師の方が

けた違いに高給だからです。

 

安給で地方の医師を

やりたがる人が少ないとも言えます。

 

 

子供たちの憧れの職業を見ても、

医師の地位は低いです。

 

 

なにより、低賃金でも

生活ができるのがフィリピン。

 

低賃金で激務の仕事を

わざわざする必要もないのでしょう。

 

 

フィリピンでの

平均年収は約48万円。

 

月給でなく年収です。

 

 

これを一日に計算すると、

日給約1,300円。

 

 

フィリピンで

富裕層と言われる人達の年収は、

ざっくりと100万円~です。

 

もちろん億を稼ぐ人もいますが、

日給1,300円以下の人も多くいます。

 

 

この貧困差が、非常に大きいのが

フィリピンの特徴でもあります。

 

 

フィリピンで富裕層が多い地域は、

やはり生活のしやすいマニラとなります。

 

 

 

フィリピンで医者をすると給料はいくら貰える?フィリピンの富裕層の年収、地位って?地域で比較!

 

フィリピンで医者になった場合、

年収はどれほどなのでしょうか。

 

 

フィリピンの富裕層の年収が

100万と紹介しました。

 

 

フィリピンで医者をするなら、

月給で約4万円となります。

 

総合病院へ勤務することができたのなら、

月給約10万円くらいです。

 

 

生活に必要不可欠かつ専門的な知識が必要なため、

フィリピンで医者になれば地位も確立されます。

 

 

また、総合病院であれば

フィリピンの富裕層が多い地域に

住まうことになるはずです。

 

同じ医者でも、どこで働くか、

何をするか、により大きく異なります。

 

 

優秀な人はもっと上を目指し、

海外に仕事に行くこともあります。

 

 

フィリピンの国民の数に対し、

医師が足りない現状が続いています。

 

ですが、重宝されることは確か。

 

 

医師として頑張りたいのであれば、

ぜひ貫き通してほしいです。

 

平均日給が1,300円なので、

医者が高収入なのは間違いないのです。

 

 

 

まとめ。フィリピンの医者の給料について

 

フィリピンでの医者の収入が

どれほどかわかってもらえたでしょうか。

 

 

日本なら、1,000万円を基準に

考えてしまう人が多いでしょう。

 

そのため、たったそれだけ?

と感じてしまう人もいます。

 

 

が、実際日給1,300円より低賃金な人が

ほとんどと言えるくらいなのです。

 

 

富裕層との差が広がってきたのは

近年日本でも問題の現象です。

 

持っている人は

ものすごい額を持っているのに対し、

持っていない人が非常に多いのです。

 

 

が、平均値を出せば年収はずっと高く出るため、

それが世間の平均だと勘違いしてしまう人が

後を絶たないのです。

 

 

大切なのは世間の平均ではなく、

自分のライフスタイルに

合っているかどうか。

 

実際フィリピンでは、

そう高給取りでなくとも

生活ができるのです。

 

 

自分がどんな暮らしを

したいか考えながら、

比較していきましょう。

 

 

セブで医者をやっているビンボー先生。

自分と同じく、霊感はないが、生まれ変わりや神の存在を信じています(笑)。

 

 

 

最後に、

 

お客さんに喜びを感じてほしいあなたへ。

 

コンサルを受けて中途半端な状態を抜け出して稼ぎまくりませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授