フィリピンでお金を貸してと言われたら…断り方。お金を借りる人の口実。お金を借りる外国人。


 

フィリピン人からお金貸してと言われることは多いが、

返してもらえることを期待するならきっぱり断ろう。

 

 

フィリピン在住者によるフィリピン人とのコミュニケーション法、

ブログを手段にして現地に移住する具体的なノウハウは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

日本人から「お金貸してくれない?」

と言われたら、ほとんどの場合

返ってくるから安心できる。

 

だが、フィリピン人から

「お金貸して」と言われたら、

我々はどうしたらいいのか。

 

 

自分のお金を守る為に、

どうしたらいいのか知っておきたい。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンでお金を貸してと言われたときの断り方。お金を借りる人の口実。

 

フィリピン人の人間性を知っている人は、

「フィリピン人はよくお金を貸してとせがんでくるもの」

だと思っている。

 

 

結論からいうと、フィリピン人から

お金を貸してと言われたら、断り方は

どんな理由を付けてもいいから断ること。

 

何故かというと、まず返ってこない。

 

 

返すからといっても

返ってくることはまずないので、

貸さないのが1番。

 

 

相手も騙すわけでないと思うが、

返せない理由の1つが

返済能力がないからだ。

 

給料が安いから

自分達の生活で精一杯で、

貯金の概念がない。

 

 

お金を借りるフィリピン人からすると、

日本人は都合のいいお財布とも受け取れる。

 

返さなくても罰則もないし、金利もない。

 

 

しかも、1万円でも

フィリピン人にとっては訳が違う。

 

月収約2万円の内の約半分借りて、

返さなくても何も言われないのだから、

やめられないわけだ。

 

 

その上、プライドは高いからタチが悪い。

 

貸したお金いつ返せる?と聞くと怒ってくる。

 

これはもう貸したもん負け。

 

 

その他にも、お金に対する考え方が

日本とは違うのも1つの原因。

 

 

フィリピンは「あるものがないものへ」精神。

 

日本人はお金持ちとして見られているから、

お金を貸すのを断ったら、

あからさまに嫌な顔をされる。

 

 

「俺もフィリピンにきてからお金がない」など、

断り方を統一しておくと、今後もいちいち

考えないで済むから楽だろう。

 

 

自分の恋人がKTVで出会った人でも

貸しても返ってこないと思った方がいい。

 

KTVにいる人はほぼ貧困層だから

お金で目当てで寄ってくる人が多い。

 

どうしても貸すときはあげるもんだと

思った方がいいだろう。

 

 

しかも、1度返してしまえば

「あの人からお金を貸りることが出来る」と思う人が増えて、

色んな人からせがまれる結果になるだろう。

 

日本人とは違って、

お金を借りるためだったら

どんな口実でもしてくる場合がある。

 

 

日常的にお金を借りる習慣のあるフィリピン。

 

お金を借りるときの口実は大体こうだ。

 

 

「家族が病気になってお金がいる」

「病院代が払えないから貸して」など、

情に訴えかけてくることが多い。

 

真偽のほどは分からないが、

情に弱い日本人なら

貸してしまうことも理解できる。

 

 

 

お金を借りる外国人の口実

 

さて、今度はフィリピンだけでなく、

お金を借りる外国人の口実や

理由についても話していこう。

 

 

日本に住んでいる外国人だって

お金に困ることはあるだろう。

 

そのときに借りる方法として、

消費者金融や銀行で

借りることが出来る。

 

外国人でも対象。

 

 

ただ、外国人の場合借りるのにも

様々な条件(ビザなど)があり、

当てはまらない人もいる。

 

その場合、頼る先がなくなると

お金を持っている我々日本人

ということになるワケだ。

 

 

お金を借りる口実として、

日本人とは違い、あからさまに

嘘と分かるのも外国人の特徴的な部分。

 

 

「株で大損してお金がない」

「家にハリケーンが来てなくなってしまった」

「大事な家族が入院した」など、と言ってくる。

 

 

知らない相手ならいいが、

友人や恋人だった場合は

断る勇気が必要になってくる。

 

今後の関係に関わってくる

可能性があるから中々難しいが、

そこは断固として貸さない選択をしてほしい。

 

 

アメリカでもお金を貸して

返ってこないことが多い。

 

知人にお金を貸してと言ってくる外国人は、

基本的に返す気のない人だと思っておくべき。

 

 

 

まとめ。フィリピンで「お金貸して」と言われたときの断り方

 

お金の切れ目が

縁の切れ目というのは

万国共通だということ。

 

お金にルーズな人は基本的に

人間関係もルーズだと言える。

 

 

フィリピン人にお金を貸しまくった杉本。

自分と同じくガチャピンファン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授