仮想通貨を現金に戻す…現金に変える方法!現金化ができないときや税金、業者、海外や匿名について紹介


 

仮想通貨を現金に戻すなら、便利なのは

デビットカードです。

 

 

あなたが本物の投資ノウハウを知りたいなら

以下をすぐに確認してください。

 

 

仮想通貨を現金に戻す方法とは、

どんなものがあるのでしょうか。

 

また、仮想通貨を現金化する

メリットとは何でしょうか。

 

 

ここでは仮想通貨を現金化する方法や

メリットとデメリット、

税金などについて紹介します。

 

 

 

仮想通貨を現金に戻すには?現金に変える方法…カードで現金化すると海外に税金がかかる?

 

仮想通貨を現金に戻すには

いくつかの方法があります。

 

 

仮想通貨を現金に変える方法は主に4つ。

 

1.仮想通貨取引所で換金する

 

2.ビットコインATMで換金する

 

3.他人と直接取引する

 

4.デビットカードを使って換金する

 

 

最も一般的な換金方法として挙げられるのが

仮想通貨取引所での換金です。

 

 

仮想通貨取引所での換金には

さらに販売所と取引所の2種類があり、

それぞれに特徴があります。

 

 

販売所はスプレッド(手数料)が

多い代わりに簡単に換金できるのが特徴です。

 

一方の取引所はスプレッドが少ない代わりに

手続きがやや難しくなっています。

 

 

次に換金方法として挙げられるのは

ビットコインATMによる換金です。

 

ビットコインATMは東京都などにあり、

本人情報の入力と本人確認の作業をすれば

比較的簡単に換金することができます。

 

ビットコインATMのデメリットは、

取引所に比べると手数料が高価なことです。

 

 

次は他人と直接取引する方法ですが、

これにはお互いに仮想通貨の

ウォレットを所持している必要があります。

 

このウォレット間の取引によって

換金することができるのです。

 

他人との直接取引は手軽ですが、

信用できる人物でなければ

詐欺などの被害に遭うリスクもあります。

 

 

仮想通貨の現金化の方法の1つとして、

デビットカードを使って

換金する方法もあります。

 

デビットカードを利用して何かを購入し、

その決済に現金ではなく

仮想通貨を利用するという方法です。

 

 

この方法では日本円などの

法定通貨に換金はできませんが、

間接的に換金したことになります。

 

仮想通貨を現金に変換するとき、

購入時より値上がりしていると利益が得られるため、

その利益に対して税金が課せられます。

 

 

日本の税法は仮想通貨の取引に対して

まだ分離課税が導入されていません。

 

累進課税の制度なので、

特に多くの利益を得られた場合は

多額の税金を支払わなくてはなりません。

 

そのため、仮想通貨の取引で

多額の利益が得られた人は

海外で換金するという人もいます。

 

 

仮想通貨を現金化する場合、

海外で行えば日本に比べると

はるかに税金が少なくて済みます。

 

ただし、その場合は海外居住者であることが

認定されなければならないので、海外に移住して

移住先の国で納税するという形になります。

 

 

 

仮想通貨を現金に戻すには?現金化すると税金がかかる?変換するメリット…ビットコインでは?

 

仮想通貨を現金に戻すには前述のような

4つの方法があることが分かりました。

 

 

仮想通貨を現金に変換するということは、

仮想通貨を電子マネーのような使い方を

するとも言えます。

 

すでに国内でも

ビットコインで決済できる場所がいくつかあり、

今後はさらに増えていくと思われます。

 

 

仮想通貨を現金に変えるメリットの1つは、

含み損が発生するリスクを回避できることです。

 

一旦現金に換金しておけば、

値下がりした仮想通貨を再び購入するための

資金にすることができます。

 

 

仮想通貨のビットコインを現金に変換するなら

仮想通貨取引所で行うのが最も一般的です。

 

国内でビットコインを

換金できる仮想通貨取引所は

 

・Coincheck

 

・GMOコイン

 

・DMM Bitcoin

 

の3ヵ所があります。

 

 

その中でもCoincheckは

金融庁の認可を受けているため、

信頼のおける取引所です。

 

仮想通貨を現金化するには

やはり仮想通貨取引所で行うことが

最もおすすめできます。

 

 

仮想通貨を換金するときには

税金にも注意しなければなりません。

 

仮想通貨を現金化したときの税金は、

仮想通貨の取引によって得た

利益に課税されます。

 

 

つまり、仮想通貨の取引で損失を

出したときには税金は課税されません。

 

 

仮想通貨の取引で得た利益が

20万円以上であれば、

確定申告をする必要があります。

 

 

会社員が副業とをしている場合、その収入と

仮想通貨で得た利益の合計が20万円以上になると

確定申告をする必要があります。

 

給与所得のない個人事業主や学生、主婦などは、

雑所得が38万円を超えた場合に

確定申告をする必要があります。

 

 

仮想通貨を現金に変換したときの税金は、

利益を得たときのみ、雑所得として

課税対象になります。

 

 

 

まとめ。仮想通貨を現金に戻すには?

 

仮想通貨を現金に戻すには、

仮想通貨取引所で換金するなど

4つの方法があります。

 

 

仮想通貨を現金化するメリットは、

値下がりしたときに買い直すことで

さらに利益を狙うことができるということです。

 

仮想通貨を現金化したとき、

利益が出ている場合は

税金が課せられるので注意しましょう。

 

 

仮想通貨投資にハマる刈込。

自分と同じく、太りやすい体質です(笑)。

 

 

最後に、

 

今の中途半端な自分を変えたいあなたへ。

 

投資を学んで、

クライアントにたくさんの喜びを与えるコーチのお仕事をしませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授