fx 現物のみの取引って?現物取引、現物とは?メリットやfxとの違いを詳しく知ろう


 

fxは現物のみで取引するメリットはありますが、

当然ながら勝つために必須の知識があります。

 

 

本当に勝てる本物のfxのノウハウを知りたいなら

以下をすぐに確認してください。

 

 

fxの現物のみの取引とは

一体どんな取引でしょうか。

 

 

取引の中には現物取引、

先物取引、為替取引、信用取引など

さまざまな方法があります。

 

現物取引について、

そのメリットやfxとの違いを

解説していきます。

 

 

 

スポンサードリンク

fx、現物のみ。仮想通貨取引、fxと現物の違いは何なのか?ビットコインfx、現物取引との違いやメリットなとを解説!

 

現物取引とは、自分の資金だけで銘柄を買い、

その銘柄だけを売ることができる

取引のことをいいます。

 

 

現物取引のメリットは

 

 

・株主優待を受けられる

 

・インカムゲイン(配当金)がもらえる

 

・株価が上がると利益がもらえる

 

・借金をせず自分の資金の範囲内で取引できる

 

 

などがあります。

 

 

現物取引のデメリットは

 

 

・自分の資金内でしか買うことができない

 

・空売りができないので最初から売れない

 

・手数料がかかる

 

 

などがあります。

 

 

中でも仮想通貨取引が現物取引と同じ

売買利益がそのまま収益となります。

 

 

fxは現物とは違います。

 

fxと現物の違いは、

この取引の違いにあります。

 

 

FXはレバレッジ取引になります。

 

 

レバレッジ取引とは自分の資金を保証金にすることで

それ以上の大きな資金での取引ができる取引です。

 

保証金のことをレバレッジ取引では

証拠金といいます。

 

 

為替相場がうまく動くと

大きく収益を上げることができます。

 

しかし、うまく動かなければ

証拠金を大きく下回ることがあるので

注意が必要です。

 

 

fxのレバレッジ取引と現物取引は

このような違いがあります。

 

 

また、仮想通貨の現物取引とfxの違いや

ビットコインの現物取引とビットコインfxの違いなども

取引方法の違いがあります。

 

ビットコインなどの仮想通貨を投資対象とした

現物取引ではなく、fx取引を仮想通貨FXといいます。

 

 

仮想通貨FX取引と為替FX取引は

大きな違いがないので、fx経験がある人には

わかりやすく親しみやすい可能性があります。

 

 

 

fx、現物取引のロスカットとは?ビットフライヤーって?ビットコインとfx現物の違いは?どっちがいい?

 

fxと現物の違いは、現物は自分の資金だけでやりくりをし、

fxは自分の持っている資金以上に取引ができる

レバレッジ(証拠金)取引です。

 

 

このようにfx取引と現物取引では

そもそもの内容が違います。

 

 

また、fxを始めるにあたって

ロスカットという言葉を

知っておく必要があります。

 

 

fxには現物取引ではなく、さらにロスカットがあり、

このロスカットはいわゆる強制決済の意味になります。

 

Fxの会社がそれぞれ定める証拠金の

維持率を下回った場合、システムによって

売買全ての状況において強制的に決済が行われます。

 

 

例えばDMM FXの場合は、

証拠金維持率が50%を下回ると

ロスカットが行われます。

 

ロスカットは自分の資金が大きく下回らないようにするための

投資家保護目的ですが、損失になる場合もあることを

承知しておく必要があります。

 

 

ロスカットを行われないようにするためには

レバレッジを低くするなどの対策があります。

 

ビットコインなどの仮想通貨取引は

近年注目を集めていて名前を

耳にしたことがある人も多いかと思います。

 

 

仮想通貨であるビットコインのfxや現物の違いは、

fxは証拠金取引に対してビットコインなどの仮想通貨での取引は

現物、レバレッジ(証拠金)、先物の3つの取引があることです。

 

 

中でもビットフライヤーとは

日本国内最大級の仮想通貨取引所になります。

 

 

ビットフライヤーでの現物とfxの違いは、

現物は安値で買って高値で売ると利益が出ます。

 

ビットフライヤーLightningのfxでは

高値だけでなく下がっている中でも

収益機会があります。

 

 

ビットコインで現物かfxどっちがいいのか、

これからはビットコインFXがおすすめでしょう。

 

ビットコイン相場は2017年では右肩上がりでしたが、

2018年以降はかなりの下がり幅があったりと、

右肩上がりだけに期待することが難しくなってきているからです。

 

 

 

まとめ。fxの現物取引について

 

fxは現物取引ではなく

レバレッジ(証拠金)取引になります。

 

現物は自分の資金だけで運用することです。

 

 

一方、fxや仮想通貨取引は証拠金を元手にして

自分の資金より多く運用することができます。

 

現物では自分の資金の範囲内でしか

運用できないので収益も限られてきます。

 

 

大きくリターンを求める人は

レバレッジ取引がいいでしょう。

 

ただし多くリターンを期待できるということは

リスクも大きくなります。

 

 

元銀行員の友人はハイリスクハイリターン、

ローリスクローリターンとよく言っていたのを

思い出しました。

 

 

投資には元本保証はありません。

 

得をするかもしれない一方で

損する可能性があることを

知っておかなければなりません。

 

 

自分に合った手法で

取引することをおすすめします。

 

 

fxにハマっている克己。

自分と同じく、ムカデが大嫌いです(笑)。

 

 

 

最後に、

 

クライアントに喜びを感じてほしいあなたへ。

 

未来を楽観的に観れる人を増やす投資家になりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授