京都移住で後悔?京都への移住で後悔した人のブログで京都市への移住の失敗や仕事、おすすめの移住先を紹介


 

京都移住で後悔する人は、関東の鎌倉同様

ここが世界的な観光地であることを

甘く見ていた人。

 

人混みや観光地価格に悩まされる人も多い。

 

 

時間の自由を手に入れ、
京都など好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

世界的にも魅力的な観光スポットの多い

京都に憧れて移住する人も多い。

 

 

京都移住で後悔しないように、

移住者のブログや自分の知人の

移住経験談を踏まえて紹介。

 

 

 

スポンサードリンク

京都への移住で後悔…ブログから見る京都市への移住での失敗や仕事とは

 

天橋立、金閣寺、伏見稲荷、清水寺、

日本人なら1度は足を運んだことのある

歴史ある街。

 

優雅で風情のあるイメージを持つ人も多く、

京都市への移住を考えている人も。

 

 

京都へ移住してから

後悔・失敗しないためには

何が必要だろうか?

 

 

京都は盆地で夏は暑く、

冬が寒い事は知っている人も

多いと思う。

 

近年ではヒートアイランド現象も進み、

更に夏と冬の寒暖差が激しくなっており

気候的には厳しい。

 

 

とくに大変なのは気温ではなく夏の湿度だ。

 

 

盆地の特色や京都の気候を甘く見て、

京都へ移住後に後悔したと

ブログ記事でもよく見かける。

 

 

移住者だと気になってくるのが

仕事という人も多いのではないか?

 

 

京都府の人口は2019年度で258万人、

その半分くらいが京都市に住んでいて

約140万人だ。

 

世界的にも人気の観光スポットも多いので、

京都で移住後に仕事探しをするなら、

観光業で探すと見つかりやすい。

 

 

また、大阪や奈良が隣接しているので

通勤圏内が広く、仕事探しは

しやすくなっていると言える。

 

 

 

京都への移住で後悔しないためのおすすめの移住先。京都移住での仕事や失敗をブログで紹介

 

京都府は盆地というイメージが強いが、

実は盆地なのは主に京都市だけで、

海や山に面している市町村もあるのだ。

 

つまり、盆地特有の気候を避けたいなら、

京都市内ではない場所が

京都移住にはおすすめという事になる。

 

 

京都移住者のブログでみかけた

「京都移住での失敗」で多く見かけるのが

やはり夏の暑さ。

 

 

観光で京都を訪れて移住したものの、

その時に見えなかった部分に

がっかりという人も多い。

 

 

例えば観光シーズンは

人が集まり想像を超える人の多さで、

電車にもろくに乗れず仕事に遅れたりする。

 

狭い道が多く、

車移動は渋滞だらけで

予定通りにいかない。

 

 

また、京都移住で後悔したことの中には、

家賃や駐車場の高さもある。

 

 

京都府は「景観条例」で建物の高さ制限があり、

高層マンションを建てるのが難しい。

 

なので、賃貸物件の数が非常に少なく

価格も上がっているという。

 

 

自分は東京や神奈川に住んだことがあるが、

京都市の家賃は東京よりは安いが、

神奈川より高いイメージだ。

 

 

そして京都市都心部は駐車場が高いだけでなく、

その数も少ないと、自分の友人が

話していたのを聞いたことがある。

 

 

しかも駅から10分以上歩くとも言っていた。

 

 

車を所有するなら、家の費用だけではなく、

駐車場の立地や価格も前もって調べておかないと、

京都に移住後に後悔する事になる。

 

道幅の狭さや渋滞、観光シーズンの人通りの異常な多さから、

車移動が億劫になり公共交通機関ばかり使うようになり、

結果、車をほとんど使わなかったという知人もいた程だ。

 

 

公共交通機関で事足りそうなら、

車を所有しない事の検討もありなのだ。

 

 

京都へ移住するなら仕事関係も

気になる人もいるのではないか。

 

 

京都では観光業はもちろん盛んで

それ関係の仕事はあるが、観光シーズンだけなので

隣県の大阪や奈良に足を延ばすのもおすすめ。

 

 

また、京都市内にこだわらず、

自然豊かな山間部や海沿いなどを移住先に選ぶのも

田舎暮らしをしたい人にはおすすめだ。

 

ただ仕事を探すのはかなりの

ハードルになる事は間違いない。

 

 

移住者支援や地域おこし協力隊なども

探してみるとよいだろう。

 

 

 

まとめ。京都移住の後悔について

 

世界的にも有名で人気のある京都だが、

そのことも相まって地域住民は観光シーズンの人の多さに

辟易していることもある。

 

移住者や地域住民のブログを

検索して読んでみるのもよい。

 

 

・京都市内は家賃が高い

 

・観光シーズンは人が多すぎる

 

・盆地で高温多湿

 

 

中心部や京都市内を省いた市町村で

自分の希望にあう場所を探してみる。

 

移住体験や短期間のお試し滞在など、

自分の肌で感じることも重要だ。

 

 

京都に住んでやはり後悔した松田。
自分と同じく、かなりのマザコン(笑)。

 

 

 

最後に、

 

自分の可能性の限界にチャレンジできていないあなたへ。

 

コンサルで稼ぎ方を学び、過去最高の収入を目指した

エキサイティングなビジネスをしませんか?

 

興味があれば
以下より無料登録してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授