広島へ移住は失敗?広島移住の感想、アドレスホッパーのデメリット。補助金や支援はどう?


 

広島移住に失敗したと話す人は、

現地の人が合わなかったと口をそろえる。

 

事前のお試し移住は必須だ。

 

 

ブログを手段にして国内外自由に暮らす方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

観光地も多く、利便性も高そうな

イメージを持たれていて人気の

移住先となっている広島県。

 

 

本記事では広島移住を失敗しないために、

広島に移住した人の感想や、アドレスホッパーのデメリット、

広島へ移住した際の補助金や支援はあるのか?

 

ということを述べていく。

 

 

 

スポンサードリンク

広島へ移住!失敗しないために…移住した人の感想を紹介。

 

 

広島移住に失敗しないためにも、

広島移住を経験した人の

感想を述べていく。

 

 

広島に移住した人のメリットとして

挙げられているのが、

 

 

・地域によっては街中のわりに

静かで過ごしやすいところがある

 

・便利な施設がたくさん並び、

非常に住みやすい

 

・場所によっては治安が良い

 

 

やはり大都市ということもあって、

便利な施設が多く建ち並び、非常に住みやすいのが

広島へ移住する最大のメリットだろう。

 

住みやすさは生活面で最重要となるポイントなので、

治安がいいことと便利な施設が沢山あることは

非常に住みやすいと言える。

 

 

一方、広島に移住した人の

失敗談として挙げられているのが

 

 

・地域の人との関わり

 

・集まりが少ない(密接な関係が少ない)

 

・家賃が比較的高め

 

・地域によっては公共交通機関がバスのみ

 

 

という点である。

 

大都市への移住ということもあり、地域の人と

密接に関わってきた地域から移住することになれば、

密接な関係は希薄になるため、少し物寂しさを感じる。

 

 

また、交通アクセスの良さに伴って、

家賃も他の都市に比べて

高めの相場になっている。

 

 

そしてマツダスタジアムなどの

大きな施設が近隣にあると、

イベント時にはかなり混雑する。

 

 

 

アドレスホッパーのデメリットとは。広島へ移住した際の補助金や支援はある?

 

アドレスホッパーとは、

定住する家を持たずに移動しながら

生活する人のことである。

 

住む場所は転々とするものの、

仕事に関しては定職に就いている人が

多いという特徴がある。

 

 

まずはアドレスホッパーの

メリット・デメリットを述べる。

 

 

<メリット>

 

・固定費削減が可能

 

・自分の好きなライフスタイルが築ける

 

 

定住しないという点で、

固定費がかからないのが

アドレスホッパーの最大のメリットだ。

 

お金の細かいやりくりをすることなく、

自由にお金を使えることもある。

 

 

ただし、その分宿泊場所の

費用がかかってくるため、

お金の使い方にはくれぐれも注意すべきだ。

 

 

そして自由気ままに生活が出来るため、

好きなタイミングで移動が出来る。

 

沢山の人とコミュニケーションが取れて、

多くの人と出会える可能性が

大きく広がるメリットもある。

 

 

<デメリット>

 

・常に居住地、宿泊先を

探し続けなければならない

 

・体力重視のライフスタイル

 

 

定住する家を持たない分、常に宿泊先を

探し続けなければいけないことが

アドレスホッパーのデメリットである。

 

移動場所を探すだけでも

意外とかなりの負担になるため、

探し続ける根気が必要になる。

 

 

また、常に移動し続けなければならないため、

新しい環境に順応する力や、毎度宿泊環境が変わる

ストレスに耐える力などが必要となってくる。

 

 

アドレスホッパーは自由な生活を送れる代わりに、

体力勝負でストレス耐性が大きく必要となってくる。

 

アドレスホッパーを検討している人は

上記のメリット・デメリットをはじめ、

様々な情報を収集すると良いだろう。

 

 

一方、広島県では移住者へ

様々な支援を行っている。

 

 

支援の一例として

 

 

・広島市

 

定住可能な空き家を掘り起こす。

 

地域との交流会などを盛り込んだ

ツアーや、定住者同士の交流会を実施。

 

 

・呉市

 

呉市内の中古住宅を購入する場合、

その一部の補助金を助成。

 

 

・福山市

 

福山市内への移住または定住希望者が

中古住宅を購入して、改修する場合、

費用の一部の補助金を出す(基準有り)。

 

 

などがある。

 

 

他にも地域によって様々な

広島へ移住する人への補助金や

助成金を出している。

 

自分に合った支援制度が

行われている地域に移住するのも

一つの手段である。

 

 

 

まとめ。広島移住の失敗について

 

生活の仕方には居住地域を決めて住む定住方法と、

敢えて居住地域を決めず転々とする

アドレスホッパーという暮らし方も浸透しつつある。

 

そんなアドレスホッパーにも

広島県という場所は非常に

住みやすい環境と言える。

 

 

ただし、メリットだけでなく

デメリットもあることも考慮した上で、

自分に合った広島移住生活を送ると良いだろう。

 

 

広島移住を検討する舞島。

 

自分と同じく霊感もないのに、

生まれ変わりは疑わない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授