ホテル暮らしする人の年収は?ホテル暮らししている芸能人はいる?費用や持ち物、住民票は?


 

自分の経験ですが、海外を周りながら

ホテル暮らしで暮らすなら

年収は200万円はほしいところです。

 

海外移住者によるホテル暮らし情報、

 

ブログを手段にして時間の自由を手に入れ、
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

ホテル暮らしをするなら、

年収はどれくらい必要なのでしょうか。

 

 

ホテル暮らしをしている芸能人について、

ホテル暮らしの理由や住民票など、

気になることを紹介します。

 

 

 

ホテル暮らしをするには年収いくら必要?月いくらの費用?東京の安いホテルや月額など

 

ホテル暮らしは贅沢だというイメージがあり、

ホテル暮らしをする人はさぞかし年収も

高いのだろうと想像してしまいます。

 

ホテル暮らしをするには、

どれくらい費用がかかるのか気になります。

 

 

フリーランスでホテル暮らしを

している人もいます。

 

ホテル暮らしをするなら

月いくら必要なのか

お伝えしていきます。

 

 

ホテル暮らしを東京でするなら

どんなホテルがよいのでしょうか。

 

 

ホテル暮らしに月額いくらかかるのかは、

利用するホテルにより当然変わってきます。

 

 

ホテルには種類があります。

 

長期滞在ならスーパーホテルと呼ばれる

宿泊施設がリーズナブルです。

 

 

贅沢な環境ではありませんが、

朝食や天然温泉を利用出来て快適です。

 

 

豪華なホテルなら

1か月20万円~70万円の費用がかかります。

 

数年滞在の契約で月額料金が半分になる

プランもあるので、都心の賃貸マンションに

住むことと比べれば、ぐっと現実的になります。

 

 

 

ホテル暮らしは疲れる?あの芸能人、なぜホテル暮らし?2ch、ブログで様子をチェック

 

豪華で便利に思えても、

慣れないホテル暮らしは

疲れるという人もいるでしょう。

 

ホテル暮らしを続ける人は

なぜその選択をしたのでしょうか。

 

 

ここで、ホテル暮らしの

メリットを挙げていきます。

 

 

まず、ホテル暮らしは宿泊料がかかりますが、

賃貸マンションのように光熱費がかかりません。

 

朝食も付いていることが多いですし、

生活消耗品も無料で使用出来て

補充もしてもらえます。

 

 

清掃もしてもらえるので

忙しい人には助かります。

 

 

そして、有料でもクリーニングや

ルームサービスが頼めるのは魅力的です。

 

 

都心にあるホテルなら

どこへいくのも便利で、

車を持つ必要がありません。

 

セキュリティも万全で

安心して生活が出来ます。

 

 

スタッフが24時間滞在しているので、

1人暮らしの寂しさも和らぎますし、

もしもの時の安心感が違います。

 

 

レストランやトレーニングジム、

プールなどホテルの施設も館内で利用出来るので

外に出かける必要もありません。

 

 

ホテル暮らしをしている芸能人、

有名人は多くいます。

 

 

ホリエモンこと堀江貴文さんは

ホテル暮らしを公言しています。

 

 

作家の伊集院静さんも、

20代後半から30代にかけて

ホテル暮らしをしていました。

 

 

映画評論家の故淀川長治さん、

女優の故山田五十鈴さん。

 

海外ではココ・シャネルが

ホテルのスイートルームに

住んでいたとのことです。

 

 

ホテル暮らしについて

ブログで紹介している人もいるので、

興味のある方は調べてみてください。

 

 

ホテル暮らしについては、

2chでも話題になっています。

 

 

会社の研修でホテルに

長期滞在している人もいるので、

意外に若い人にも多いです。

 

 

 

1ヶ月のホテル暮らし、経費、費用はいくらかかる?持ち物や必需品、便利グッズをご紹介!

 

ホテル暮らしにかかる経費は

選んだホテルにより変わるので、

一泊あたり数百円から10万円以上と幅があります。

 

 

ホテルによっては長期プランもあるので、

思ったより利用しやすいです。

 

 

ホテル暮らしの便利グッズを挙げるなら、

ホテルは乾燥するので加湿器がおすすめです。

 

また、場合によっては

上下階や隣の部屋の物音が気になるので

耳栓などがあると便利です。

 

 

照明は暗めなので

デスクスタンドがあると良いでしょう。

 

 

ランドリーロープは小さい物を

部屋で手洗いする時便利です。

 

 

正直言って、ホテル暮らしは

最低限必要なものが揃っているので、

必需品は特にありません。

 

 

1ヶ月ホテル暮らしをする費用は宿泊費が割高ですが、

光熱費や朝食費、その他賃貸マンションでかかるものが

含まれていると思えばかえってリーズナブルです。

 

 

ホテル暮らしの持ち物は、

貴重品のみでOKです。

 

 

パスポートを所持していれば、

身軽に海外のホテルに移ることも出来ます。

 

定まった住所がないのは不安かもしれませんが、

長期滞在するなら住民票は

ホテルの住所にしても問題はないです。

 

 

 

まとめ。ホテル暮らしの年収について

 

憧れのホテル暮らしは、

もはや夢ではないようです。

 

自分の年収やライフスタイルに合わせて

宿泊するホテルを選べば、

そこが快適に暮らせる場所になります。

 

 

ホテル暮らしにあこがれていた狩場。

 

自分と同じく、下見なしで

東南アジアに移住を果たしました(笑)。

 

 

 

最後に、

 

ポジティブに生きたいあなたへ。

 

コンサルでプチ鬱から抜け出して

アクティブな自分を取り戻しませんか?

 

興味があれば
以下より無料登録してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授