抑揚がない原因!抑揚がない話し方をする人の心理って?性格や感情に関係が?改善する方法を紹介


 

抑揚がない原因の一つは、

一番伝えたいことがはっきりしていないこと。

 

 

コミュニケーションのヒント、

 

ブログを手段にして時間の自由を手に入れ、
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

人の話し方はそれぞれありますが、

棒読みで抑揚のない話し方をする人もいます。

 

聴いていて、眠くなってしまうことがあります。

 

 

談話しているだけなら気にならなかったりしますが、

仕事の場面や、講座などで抑揚のない話し方だと、

眠くなるだけでなく、内容の理解が難しくなります。

 

 

ここでは抑揚のない話し方をする人の

原因や心理を見ていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

声に抑揚がない原因って?抑揚がない話し方をする心理。性格や感情に関係がある?

 

声に抑揚がないとは、どういう話し方でしょうか。

 

 

それは棒読みで、ぼそぼそと

ずっと同じペースで話してしまうことです。

 

 

話し方に抑揚がないと、

話が伝わりにくくなります。

 

聴いている相手が、だらだらと

話しているように感じてしまうのです。

 

 

抑揚のない声は、

音域が動いていないのです。

 

喋り声にも音域があり、

どのくらいの音域の幅を使っているかに

よって聞こえ方が変わります。

 

 

棒読みや抑揚がない声は、

その音域の幅がとても狭いのです。

 

 

抑揚がない原因は、

この音域がとても関係しています。

 

同じ音のトーンだけでだらだらと話されると、

理解するどころか、長く続くと

眠気まで襲って来てしまいます。

 

 

自分が学生の時、歴史の先生が

まさに抑揚のない話し方をする先生でした。

 

歴史上の人物や出来事が頭に入ってこないどころか、

部活で疲れていたので、睡魔とずっと戦う時間でした。

 

 

では、抑揚のない話し方の心理は

どうなっているのでしょうか。

 

 

この場合、自分の感情が

動いていないと考えられます。

 

 

熱意があったり、感動したり、

という感情が少ないと、

声や話し方の表情まで固くなります。

 

その結果、抑揚がなく、

感情が動いていないように聞こえるので、

相手にも話が伝わりづらくなるのです。

 

 

抑揚がない原因は、他にも考えられます。

 

 

表情が固まっていると

声に抑揚を出づらくなります。

 

表情筋を動かすようにすると、

自然と声のトーンに幅が生まれるのです。

 

 

抑揚のない話し方をする人の

性格の多くは感情を隠していたり、

引っ込み思案な人です。

 

そのような引っ込み思案で

抑揚のない話し方をする人の

心理はどうでしょうか。

 

 

思っていることや感情に

気付かれないようにしたいという表れです。

 

自分の感情の変化などを悟られないように、

一定の音域で話をすることで

心を保っているのです。

 

 

声に抑揚がない人は、

つまり変化がなく、

一定だということです。

 

感情の変化がなく、

面白いことも、悲しいことも、

同じく淡々と話してしまうのです。

 

 

逆に抑揚がないと、

感情を表すのはとても難しいでしょう。

 

これは感情表現が

できていないということになります。

 

 

感情を込めて話せば、

抑揚は自然に生まれるのです。

 

 

 

抑揚のある話し方に改善する方法。気の乗らない声は、声に感情が乗らないせい?

 

声に感情が乗らない人は、

よく棒読みになってしまいます。

 

変化のない話し方では

相手が退屈になってしまい、

話が伝わりにくいのです。

 

 

では、抑揚のある話し方をするには、

どうしたらいいのか?

 

 

まずは自分の話し方に、

抑揚がないということに気付くことです。

 

案外、みんな自分のことは

気付いていないことが多いのです。

 

 

抑揚のない話し方を改善するためには?

 

 

表情筋をなるべく動かして

話すようにすることが大切です。

 

筋肉が動くと、

自然と声にも変化が生まれます。

 

 

眉を動かしたり、口を

大きく開けたりすると効果的です。

 

 

抑揚のない話し方は、声が小さくて、

ぼそぼそと話してしまうのが特徴です。

 

相手と話をする時は、筋肉を動かして、

声をいつもより大きめに

出してみるといいでしょう。

 

 

抑揚のない話し方を改善したいのであれば、

話している相手の目を見て

話すということも大切です。

 

 

抑揚がない話し方は、

相手に対して良い印象を与えません。

 

興味がなさそうに見えたり、

理解されづらいなどの原因があります。

 

 

自分の話し方に抑揚ががないことに気付き、

気を付けるということだけで、

相手への印象は変わります。

 

分かりやすく、

相手を退屈にさせない話し方に

少しずつ変わっていきます。

 

 

気の乗らない声も同じく、

感情表現がなく、

棒読みに聞こえてしまいます。

 

 

自分がどんな話し方をしているのか、

一度、客観的に考えてみることをオススメします。

 

 

 

まとめ。抑揚がない原因について

 

抑揚のない人の特徴や、

原因などについて話してきましたが、

いかがだったでしょうか。

 

 

決して上手に話すことが

大切なのではありません。

 

相手の様子を伺い、

こちらの感情も伝わるように意識して話をすると、

相手に伝わりやすくなります。

 

 

抑揚をつけるためのポイントは3つ。

 

 

1.感情を込めて話す

 

2.話し方に変化をつける

 

3.表情を変えて話をする

 

 

これを読んでいただいた方は、

ぜひ今日から試してみて欲しいです。

 

 

抑揚がない話し方に自信がなかった赤井氏。
自分と同じく、温泉やマッサージがとにかく好き(笑)。

 

 

 

最後に、

 

つい肩に力が入ってしまい自然体になれないアナタへ。

 

コンサルを受けて、あなたの持っている可能性を引き出し

自分らしく成功しませんか?

 

興味があれば以下より無料登録してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授