新城島とアンビリーバボー!事故、沖縄のパナリ島の謎、人魚神社は危険?祭りと立ち入り禁止、潜入…人魚祭りと秘祭について


 

新城島での事故は、祭りに部外者が参加できないため

真相は謎に包まれたまま。アンビリーバボーでも話題でした。

 

 

新城島など国内のスポット情報、

時間の自由を手に入れ、
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

新城島で起きた事故のことをご存じでしょうか。

 

アンビリーバボーで紹介された島の謎、

秘祭と言われる祭りについて紹介します。

 

 

 

新城島のナゾ、アンビリーバボーで放送された新城島への行き方は?秘祭や事故について

 

新城島は、沖縄本島の南西にある離島です。

 

新城島では、部外者にとっては謎の祭りが行われ、

その様子がアンビリーバボーで放送され

話題になりました。

 

 

新城島の祭りで過去に事故があったと

されていますが、この祭りは島の住民しか

参加できないので真相は定かではありません。

 

謎の多い新城島の祭りですが、

過去にフジテレビの「奇跡体験!アンビリーバボー」

という番組が取材しています。

 

 

新城島への行き方も気になりますが、

行くなら観光ツアーの利用をおすすめします。

 

観光ツアーは新城島と合わせて

石垣島や西表島など有名な観光地を巡る

プランになっていることが多いです。

 

 

新城島には食事が用意される宿泊施設がないので、

日帰りツアーで新城島へ行くことになります。

 

 

フジテレビの番組は、新城島の秘祭に

潜入するという少し怖い内容ですが、その時は

島の立ち入り禁止の場所として人魚神社が紹介されました。

 

 

 

新城島の秘祭、沖縄、パナリ島の人魚神社とは?危険?謎と潜入、立ち入り禁止と島への行き方、祭り(秘祭)の詳細

 

パナリ島の正式名称が新城島(あらぐすくじま)で、

沖縄県八重山諸島の上地島と下地島の総称、

人魚神社がある島です。

 

 

ここには人魚伝説があります。

 

抜群の透明度の海には、サンゴや

カラフルな魚がたくさん生息しているので

シュノーケリングもおすすめです。

 

 

この島には、昔「人魚」と間違われる

ジュゴンも生息していたので、

数々の人魚伝説が生まれました。

 

 

パナリ島の祭りは、

旧暦の6月(現在の7月中旬)に

行われる豊年祭です。

 

 

沖縄の人魚神社では、

他の祭りのように神輿を

かついだり踊ったりしません。

 

人魚神社では、沖縄の歴史を

感じるような古代祭りが行われます。

 

 

大きく怖い風貌の仮面神が

現われて豊作を祈るのですが、

特徴はそれだけだはありません。

 

 

島の出身者以外は完全にシャットアウトされ、

一般の観光客などは絶対に中に

入れてもらえないそうです。

 

 

その厳格さは現代においても変わらないので

余計秘密めいて謎が多い祭りです。

 

興味の対象にもなりやすく、これまでも

取材の申し込みが絶えなかったのですが、やはり

内部までカメラなどを持ち込んだ取材はさせてもらえません。

 

 

これまで、秘密で中に潜入しようとして

大変な目にあった人もいるようです。

 

 

島の人によって取材道具を海に投げ捨てられたり、

村の青年に袋叩きにあった、命を落とした人も

いるという噂まであります。

 

 

カメラを持って無断で島に入った人が

行方不明になるなど危険が身に迫る事実があることから、

祟りではないかとも言われています。

 

実際に、パナリ島にはたくさんの

「撮影録音禁止」の看板が

立てられていて少し怖いです。

 

 

神社に足を踏み入れたよそ者は体調不良になり

命を落とすなどといった噂も流れています。

 

これには住民の、島を守りたい、

よそ者に荒らされたくないという

意思も感じます。

 

 

人魚神社には今は絶滅したとされる

ジュゴンが祭られています。

 

その内部には、島民でもめったに

入ることが出来ないということなので

本当に謎めいています。

 

 

新城島への行き方が気になりますが、

ここは離島なので船でしか行けません。

 

定期航路もなく、

他の島との距離もかなりあります。

 

 

石垣島と西表島を結ぶ船が

経由する便がありますが、

これは島民しか利用出来ません。

 

観光客はツアーを利用するしかない点、

立ち入ることが出来ない場所があることもあり、

ますます謎めいた魅力を感じる島です。

 

 

 

人魚祭りまとめ。新城島とアンビリバボー、神社について

 

人口は10~15人しかいないという新城島です。

 

島の出身者が守る祭りがあることで、

島の外で暮す人がその時期だけ

帰ってくるのでしょう。

 

 

これからもこの重要な祭りは

受け継がれていくと思われます。

 

 

新城島に住みたいと話していた清水。

一緒に草津で語り合った。

 

 

自分と同じく、「女の子を喜ばせるため」が

すべてのモチベーション(笑)。

 

 

最後に、

 

前向きな気持ちを失いたくないあなたへ。

 

あなたのビジネスで陽気な経営者を増やして

世の中を明るくしませんか?

 

興味があれば
以下より無料登録してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. 萌香 より:

    新城島は初めて知りました。竹富島に近いんですね。
    竹富島には行ったことがあります。
    周りにいくつか島があったけど、そのうちの一つが新城島だったのかな。
    とてもきれいな所なので、テレビ取材など受け入れず、ずっと守って行ってほしいです。

  2. シマウマ より:

    そんな謎めいた島が日本にあるなんて知りませんでした!
    謎のお祭りも気になりますねー。
    島の出身者のみということは、たとえ島外から嫁いでも
    お祭りに参加することはできないのかな?

  3. タカハシ より:

    新城島もパナリ島も初めて聞きました。
    潜入する人がもちろん悪いけど、その人を袋叩きにしたりするのはダメでしょ。
    祟りと言われていることも、実は島の人がやっているのでは?って思うね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授