人によって態度を変えると、スピリチュアル的には?人によって態度を変えてしまう、人を見て態度を変える人


 

人によって態度を変えるのは、スピリチュアル的に

考えるまでもなく、いかにも運気が落ちそうな行為だ。

 

 

スピリチュアルを実生活に活かす方法、

 

ブログを手段にして
お金の不安と人間関係のストレスをなくす方法。

 

これを知りたいあなたは
以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

人によって態度を変えることは、

スピリチュアル的にどうなのか。

 

 

人によって態度を変えること、

正直言って自分はある。

 

 

家族、友人、同僚、上司。

 

当然その場にあった対応を

しているつもりだ。

 

 

大人になれば誰しも

そういった経験があるだろう。

 

しかしそれは、スピリチュアル的に

見るとどうなのか見てみよう。

 

 

 

スポンサードリンク

人によって態度を変える(人によって態度を変えてしまう)とスピリチュアルでは?英語や性別、子供の場合も

 

人によって態度を変えるを英語では、

裏表があると訳したい。

 

これがなかなか難しいもので、

日本語のニュアンスとぴったり

合う言葉が浮かばなかった。

 

 

さて、人によって

態度変わる人は一定数いるはずだ。

 

社会に出れば、むしろこれが

当たり前とさえ感じる。

 

 

家族と上司の前で同じ態度で

いいはずがない。

 

窮屈さを感じながらも、

態度を変えて対応する。

 

残念ながらそれが社会では

当たり前と言える。

 

 

なんなら人によって

態度を変える子供さえいる。

 

友達間はもちろん、

先生によって態度が変わるのだ。

 

 

人によって態度を変える人は、

女の人の方が多いかもしれない。

 

もちろん、それが悪いわけではない。

 

 

女性の心理や恋愛面のことを

考えると、一般的だ。

 

しかしそれは、スピリチュアルで

いえばどうなのだろうか。

 

 

 

人を見て態度を変える人、人によって態度が変わる人、人によって態度を変える人の特徴や性格

 

人を見て態度を変える人は、

どういった特徴があるのだろう。

 

人によって態度が変わる人だから

性格が良い、悪い、という話ではない。

 

 

人によって態度を変える人は、

内向的だったり自分自身に

不可がかかることがある。

 

上司や職場では可愛がられるが、

取り繕った自分で話している。

 

 

なかなか本音を話せる

間柄の人がいないのだ。

 

 

友人関係でもそうである。

 

人と揉めたくない、

人から嫌われたくない心理が働いている。

 

 

だからといって気の小さい人ばかりではないのだが、

自分を大きく見せようと、マウンティングを

してくる人も特徴のひとつだ。

 

 

どちらのパターンにとっても

共通して言えるのは、本音を話せない。

 

つまり、心を開ける相手が

なかなかいないというデメリットを持つ。

 

 

 

人によって態度が変わってしまう悩み対策。人によって態度が変わる人と、人によって態度を変えない人の違い

 

次に、人によって態度が

変わってしまうという

悩みの対策を考えよう。

 

人によって態度を

変えないことは確かに難しい。

 

 

態度変わる人と

態度を変えない人の違いとは?

 

もちろん、

年上に敬語を使うことなど

当たり前なことは除く。

 

 

社会に出るに辺り必要な

モラルの話はどうしようもないからだ。

 

それ以外で二者の違いをずばり言い当てる。

 

 

人によって態度を変える人は、

自分に自信がない。

 

心の奥底にある劣等感や

自信のなさから、

態度を変えてしまう。

 

 

自信のある人は、態度を変えずとも

一人で大丈夫だと思っている。

 

 

これは心当たりのある人も

多いのではないだろうか。

 

 

自信のなさから、

自分を取り繕ってしまうことを

無意識に行う。

 

そのため、自分自身さえ

何が本音かわからなくなるのだ。

 

 

 

人によって態度を変える事と、職場の人間関係。特に言葉遣い…人によって話し方が変わる?具体例など

 

人によって態度を変えることは、

職場の人間関係に影響する。

 

世渡り上手であったり、

可愛がられたりと

何かと得をすることが多い。

 

 

特に言葉使いが違う人は

いないだろうか。

 

人によって話し方が変わるのは、

ある程度はモラルとして

受け入れられる。

 

 

具体例としては、

同僚と上司への言葉遣い。

 

これは誰が聞いても、

違って当たり前と答えるはずだ。

 

 

同僚にするようなタメ口で

上司に話しかけていいのか?

 

もちろん、大半の人が

「NO」と答える。

 

 

だがしかし、同じ同僚のうち

AさんとBさんと例えよう。

 

 

Aさんには丁寧な言葉で予定を伺うのに対し、

Bさんには威圧的に話しかけている。

 

 

これはモラルとしての範囲なのだろうか。

 

好きな相手と嫌いな相手を

区別していないだろうか。

 

 

こうしてガラリと態度を変える人は、

周りからも嫌われる。

 

世渡り上手と言ったが、

人の目につく態度は論外なのだ。

 

 

 

人が離れていくとき(人が離れていく時、離れて行く人)や)と、スピリチュアルとの関係

 

いよいよ、人が離れていくときと

スピリチュアルとの関係についてだ。

 

人が離れていく時は、

スピリチュアル的にどうなのだろう。

 

 

離れて行く人との関係が変わるとき。

 

それはつまり、自分が新たな

人間関係を築く準備をしている。

 

 

職場にいる合わない人に合わせていても、

スピリチュアル的に成長できない。

 

 

もちろん、職場での

ある程度の人間関係は必要だ。

 

あの人は合わない、と

簡単に切り捨ててしまうことも

問題である。

 

 

だがしかし、いつまでも

ズルズルと付き合う必要もない。

 

せっかく次へと

踏み出せるチャンスなのに、

自分でそれを潰している。

 

 

逆に仲が良いと思っていた相手と、

徐々に合わなくなってきた場合。

 

違和感を感じたのであれば、

それはスピリチュアル的な一面だ。

 

 

人が離れていくのは、

マイナスな意味ばかりではないと

覚えておこう。

 

 

 

付き合う人が変わる時(人が変わるとき)…潜在意識と人間関係が変わるときの関わり

 

付き合う人が変わる時、

人が変わるときとは、

自分の人生のステージが変わるときだ。

 

 

今まで大切にしていた仲間と

仲違いしたわけではない。

 

ただ、潜在意識のなかで

人間関係が変わるのを望んでいる。

 

 

これはネガティブな意味での

人付き合いの変化ではない。

 

 

「この人達といてこういうところが成長した!」

 

 

そう自分で感じる部分が必ずあるはずだ。

 

 

自分の潜在意識が変わると、

人間関係変わるものだ。

 

 

例えば、

自分がいい人になりたいと望んでいると、

周りには優しい人が増える。

 

逆に言えば、もし悪いことをしようと

目論んでいると、悪い友達が増えてしまう、

といった具合だ。

 

 

そうして、自分を渦巻く

人間関係が変わっていく。

 

潜在意識の中で成長を望めば、

それに見合った人間関係になる。

 

 

それまで付き合っていた人達には、

成長させてもらっているのだ。

 

 

 

まとめ。人によって態度を変えるスピリチュアルについて

 

人によって態度を変える人が多いのは、

ある程度は仕方がないことと言える。

 

 

だがそれで、いつまでも

自分の合わない上司に

尻尾を振ってどうなるのか。

 

世の中には誰しも合う相手と

合わない相手がいる。

 

 

自分の心を殺して

上にばかり態度を変えていると、

スピリチュアル的に成長は望めない。

 

現状に満足してしまわず、

踏み出す勇気も必要だ。

 

 

人によって態度を全く変えない原田。
自分と同じく、かつては自分に自信がゼロだった男(笑)。

 

 

 

最後に、

 

元気さで勝負できていないあなたへ。

 

コンサルを受けて中途半端な状態を抜け出して稼ぎまくりませんか?

 

興味があれば

以下より無料登録してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授