台湾への移住でボンビーガールに…後悔や失敗、老後の話。台湾に住むには?求人・仕事・生活費・条件は?


 

台湾に移住したボンビーガールが話題になった。

 

自分が住むフィリピンと比べても

生活費がそれほど落とせないのは、

もちろん予想通りではあったが・・・

 

 

ブログを手段にして気楽に台湾に住む方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

台湾に移住したボンビーガールの

テレビ放送をみて、本格的に台湾移住を

意識した人も多いのではないだろうか。

 

 

そんな台湾移住で最低限の必要な

情報や準備は何が必要か、

自分の経験から解説する。

 

 

 

台湾移住でボンビーガールになった後悔や失敗、老後の話。台湾移住に失敗しない条件、仕事は?

 

 

台湾に移住したボンビーガールの

後悔や失敗はあまり聞かないが、

台湾移住で失敗した話は多い。

 

 

台湾移住で後悔した話で

多いのは生活費の問題である。

 

 

親日家が多いことと中国ということもあって、

老後に安定した生活を思い描きがちだが、

台湾の移住で老後を甘く見るのは危険である。

 

台湾移住と仕事の策をしっかり準備しなければ、

最終的に詰んでしまうリスクが上がってしまうのだ。

 

 

台湾移住のボンビーガールがテレビで取り上げられていたが、

もともと留学や海外生活が長いと本人も話していて、

日本よりも海外の方が水があっていると語っていた。

 

それでも、過去に住んだ海外よりは

格段に住みやすいと言っていたので、

日本人には良い環境だろうということは間違いない。

 

 

日本でしか暮らしたことがない人と彼女では、

海外の文化などの慣れ不慣れがあるので

同じ尺度で考えるのは早計だ。

 

しかし、彼女が成功していることから見ても、

台湾移住は成功を実現するのは可能なのだ。

 

 

台湾の老後は、収入や物価の問題があるので、

何も考えず、中国だから安いと考えていると

失敗するのは言うまでもない。

 

 

有名な都市部と地方の山間部で

物価の開きはとても大きい。

 

 

最低限のリサーチはしっかりとしておいて、

それに合わせてライフプランを

設計することが求められるのである。

 

 

 

台湾移住のための条件は?仕事探し、求人はある?仕事を始めてからの生活費は?老後とは?

 

台湾の移住の条件は、

ビザなどの手続きを海外の人間が

キッチリ処理することだけである。

 

 

中国の法によっては急に

情勢が変わることもありえる。

 

国際法から見て不利な条件は

ないようにしておくべきだろう。

 

 

とはいえ、親日家が多いのが台湾なので、

暮らしそのものに不都合な部分は少ないと

みていいのが最大のメリットであることは間違いない。

 

 

台湾の生活費はどれくらいか

想定すると、16万円程度が基準である。

 

それを考えると、台湾で安定して

働くことができれば移住生活は

問題なく成功といえる。

 

 

となれば、台湾移住では仕事探しが

大きなポイントとなるのだが、

台湾移住で求人はあるのか気になるところだ。

 

 

実のところ、台湾での求人は

選択肢は多いと思っている。

 

 

王道かつ無難な選択は、

日本語教師として赴任する方法がある。

 

もっとも手堅いが

もろもろの条件があり、

人を選ぶ面も否めない。

 

 

教員免許があれば、

現地の大学や専門学校の求人がある。

 

社員寮などもあったりするので

生活費や台湾の老後の問題も

一度に解決できるのだ。

 

 

もちろん、現地で一般的な求人から

働く方法もあるので、やる気だけあれば

移住生活を成功できる可能性があるのが台湾である。

 

 

現地の求人が気になるときは、

1111人力銀行など、求人サイトが

充実しているので、是非とも活用されたし。

 

 

 

まとめ。台湾の移住とボンビーガールについて

 

台湾は気候も日本と大きく違いがなく、

親日家も多いことから観光だけに限らず

移住先としても常に上位の人気をキープしている。

 

 

仕事も現地で探しやすいこともあって、

移住のハードルが低く見られがちである。

 

そこは海外への移住であるので

何の策もなしに移住して

失敗したという話はとても多い。

 

 

現地での生活費や物価を調べておくこと。

 

仕事か安定した収入を得る手段について

手を打っておけば、大まかにみて

移住を成功させる条件はクリアできるだろう。

 

 

老後の生活もかんがえるのであれば、

保険制度も存在するので居住年数と

安定した収入は保険のためには必須である。

 

 

ただし、自身がもらえる日本の年金の

金額によっては、定期的な収入を得る副業なども、

想定しておいた方がよいだろう。

 

 

台湾移住を考えている吉田。

自分と同じ、かなりのマザコンだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授