スイスへ移住のデメリット…でも住みやすい理由は?仕事や移住した有名人、生活費や永住権について


 

スイスに移住するなら、ご想像通り

高い生活費が大きなデメリットとなる。

 

 

長期滞在者によるスイス移住情報、

ブログを手段にしてスイスに住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

自然豊かで

のんびりした暮らしが出来そうな

イメージが持たれやすいスイス。

 

 

本記事では、スイスに移住した際の

デメリットをはじめ、

スイスに住みやすい理由。

 

スイスでの仕事探し、暮らし方、

スイスに移住した有名人を紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

スイスへ移住するデメリットを紹介。スイスに住むデメリットと住みやすい理由。仕事はある?

 

 

スイスに移住した際の

デメリットを挙げていく。

 

 

実はスイスは世界一物価が

高い国として有名である。

 

スーパーの物価は地域ごとに異なるが、

日本よりも高い相場である。

 

 

例えば外食であれば、

ファミレスのランチだけでも

日本円にすると約3,000円かかってしまう。

 

 

ただ、その分スイスでは

日本よりも平均収入が高い。

 

スイスの最低賃金は日本円に換算すると

約34万円と言われている。

 

 

ただ、一人暮らしのスイス移住でも、

生活費だけで毎月約30万は必要だ。

 

その辺りを考慮した上で

移住を検討した方が良い。

 

 

スイスに住むデメリットとして、

ほとんどの店や会社が18:30には

閉まってしまうことも挙げられる。

 

 

スイスは治安は良いものの、

店が閉まるのも早い。

 

 

特に土日は土曜日は16時頃までの営業。

 

日曜日は終日休業となるところがほとんどだ。

 

 

買い物をはじめ、

銀行や役所に用事がある人は

早めの行動が必要だ。

 

 

これまでスイスに住む

デメリットを挙げてきたが、

スイスに住みやすい理由もある。

 

 

スイスに住みやすい理由として

 

 

・アルプスの大自然を眺めることが出来る

 

・基本的に義務教育中の公立校での教育費は無料

 

・大学や大学院も学費が年間日本円で約10万円程度

 

・治安がいい

 

・きれい

 

・交通網が整っている

 

 

などが挙げられている。

 

 

やはり日本同様治安の良さや

交通アクセスの良さは大きな魅力といえる。

 

 

「アルプスの少女ハイジの国」で有名な

スイスで眺める大自然はいつ見ても絶景だ。

 

あのような世界で住みたいと

思う人も多いのではないだろうか。

 

 

そしてもう一つ気になるのが

スイスに移住した後の仕事探しだ。

 

 

スイスに移住して働くためには、

労働許可付きの滞在許可証が必要となる。

 

スイスで働きやすい日本人向けの

求人の一例として

 

 

・日本料理職人

 

・日本お土産屋さん

 

・日本人向け観光ガイド

 

 

などがある。

 

 

日本人や日本文化に触れた仕事を選ぶと、

スイスでも仕事がしやすいだろう。

 

 

日本人がスイス企業に就職するとなると

難易度がかなり高くなる。

 

 

基本的にどの職業であっても

専門資格保有を

就業条件としている企業が多い。

 

 

そのため、就職する前に

職業訓練校などに通って資格を保有してから

就職するという流れを取った方が良い。

 

 

 

スイスへ移住するには?移住方法、スイスへ移住した有名人。生活費は?永住権について

 

スイスに移住するには、

事前準備をかなりしておく必要がある。

 

 

スイスは多種多様な人種が多く集まるため、

州によって制度も異なるが、

言語・生活習慣も各地域ごとに異なる。

 

 

そもそもスイスには共通言語がない。

 

フランス語・イタリア語

・ロマンシュ語・ドイツ語の

4つの言語圏に分かれている。

 

 

そのため、自分のスイス移住が

どの州のどの地域に住むかによって

生活環境が大きく異なる。

 

事前に住む地域の特色を

調べておく方が良い。

 

 

スイスへ移住するには、

3か月以上スイスに滞在する場合は

ビザ(滞在許可証)申請が必要となる。

 

移住目的によって取得するビザは異なるが、

前提として労働許可を含んでいることがある。

 

 

日本人が就労する場合、

通常雇用主が必要書類と一緒に

外国人雇用局へ申請する。

 

場合によっては「無犯罪証明書」という

書類の提出が必要になることもあるので、

事前に確認しておく必要がある。

 

 

しっかり申請してくれるかどうかも

事前に調べておきたいところだ。

 

 

スイスでの生活費は

前段落で述べた通り、

日本よりも物価が高い。

 

世界的にも物価が高い国として有名であるが、

それに見合った月収が設けられているという現状だ。

 

 

そんなスイスに移住した日本人有名人もいる。

 

 

スイス移住有名人といえば後藤久美子氏だ。

 

交際を機にスイス移住を開始した。

 

スイスでの夫婦の月収も豊かになり、

裕福な暮らしをしているという。

 

 

スイスの永住権取得方法のハードルはかなり高い。

 

スイス法により各種の入国・滞在許可証発行について

規定しているが、その中でもパーミットB、パーミットCが

永住権取得に関係してくる。

 

 

・パーミットB

 

スイスの会社従業員(およびその家族構成員)と

あらゆるレベルの学生に発行される

許可証(パーミット)。

 

有効期間は1年で、

許可証条件(就労、結婚、就学)を

満たすことで延長可能。

 

 

・パーミットC

 

いわゆる永住許可証。

 

10年間(またはECまたはEFTA加盟国市民は5年間)就労し、

パーミットBでスイスに継続的に居住すると

付与される可能性がある許可証。

 

 

職業選択の自由、スイス国内における

居住の自由、社会的支援を受ける資格等。

 

3年ごとに更新可能。

 

 

上記許可証を取得することで、

スイスの永住権は取得可能となる。

 

 

 

まとめ。スイスに移住するデメリットについて

 

本記事では、スイスに移住する際の

デメリットをはじめ、スイスへの移住方法や

仕事探しなどについて述べてきた。

 

 

スイスは世界一物価が高い国として有名であるものの、

豊かな自然と暮らしやすさが魅力となっており、

移住先としても人気となっている。

 

 

ただ、スイスに移住する際は

事前に調べておいた方が良い事項が沢山ある。

 

本記事を参考に、自分に合った

スイスの移住先探しをしてみても

良いのではないだろうか。

 

 

スイスに住みたいと話す近藤。

自分と同じく、日本人より外人の友達が多い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授