50代の海外移住での仕事!マレーシアでの50代の仕事、求人を紹介。40代・50代の女性の海外移住の仕事とは?


 

50代が海外移住して仕事をするなら、

東南アジアが狙い目。

 

ただ、大卒の方が現地採用では有利なのと

英会話ができる方が選択肢がずっと広がる

 

 

英会話の最速マスター法については、

以下より無料情報を請求してください。

 

 

最近50代で日本を飛び出し

海外移住先として人気のマレーシアに移住し

仕事をしてみたいと思う人が増えている。

 

 

実際にマレーシアに移住した

友人を持つ自分が考察してみる。

 

 

 

スポンサードリンク

50代、40代でのマレーシアへの移住。日本語のみの仕事はある?子連れでの移住での仕事は?

 

日本語しか喋れないがマレーシアに移住し、

仕事を見つけて生活したいと考える

50代や40代が増えている。

 

 

常夏で物価が安く親日国。

 

多くのアジア諸国と比べて

治安が悪くないマレーシアは多くの日本人が住んでいるので

移住したい国として人気が高い。

 

 

しかし、リモートワークでも可能な仕事など一部を除き、

現地で働かないと生活できないので、

現地の仕事事情に興味がある人が多いのではないか。

 

実際にマレーシアに移住した

40代の友人が働く仕事環境から考えてみる。

 

 

マレーシアの公用語は

マレー語だが、英語も通じる。

 

マレー語が喋れなくてもなんとかなるのだが、

英語が喋れないと普段の生活すら

困るといった場合が多いのだ。

 

 

海外移住した先の仕事で日本語のみしか喋れないとなると

選択肢が狭くなるので、ある程度の英語力を

身に着けておくことをオススメする。

 

 

英語力に自信がなく、日本語のみでも働ける仕事というと、

日本料理店や、日本人向けの不動産屋、日系企業の営業職などもあるが、

最近ではコールセンターやカスタマーサポートの求人が増えている。

 

日本とは1時間ほどしか時差がないマレーシアでは

現地で日本人を雇用したほうが大幅なコストダウンになるため、

コールセンターやサポートセンターの求人数が多い。

 

 

またマレーシアに子連れで

移住した場合の仕事はどうだろうか。

 

 

マレーシアは共働きが基本。

 

また一夫多妻制のイスラム教の国なので

子供の数が多く、託児施設がいたるところにあるので、

子連れでマレーシア移住しても仕事を持つ事も可能だ。

 

 

気になる給料だが、外国人である日本人は

ワーキングビザのため5,000リンギット(約13万円)以下で

雇用することは禁止されている。

 

安く感じてしまうかもしれないが、

マレーシア人の大卒初任給が2,000~2,500リンギットであることを考えると

外国人は現地の人の2倍以上の給料が保証されている。

 

さらに日本の約3分の1程の

物価の安さもあり、生活に困ることはない。

 

 

 

マレーシアへの移住でコールセンターの仕事。ボンビーガールがマレーシアで40代で住む方法、求人とは?

 

マレーシアに移住しコールセンターで働く女性が

TV番組「ボンビーガール」でとりあげられていたのを見て移

住を考えた人が多いかもしれない。

 

 

番組を見ると、マレーシアに

貯金無しで移住でき仕事も給料が高い。

 

物価が安いので現地でセレブのような生活が送れ、

日本語しか喋れなくても仕事がたくさんあるという印象を受けるが、

さすがにそこまで甘くない。

 

 

最低でも日常使える英会話は

マスターして行くのがおすすめだ。

 

日本国内でネットを通じて就職できたとしても、

住居に関わる初期費用や、最初の給料が支払われるまでの

生活費など考えれば、貯金無しで移住するのは難しい。

 

 

そして現地の法人に就職した場合は

給料から最初の182日は28%の所得税が

引かれるので収入も少ないのだ。

 

 

首都クアラルンプールで暮らすと考えた場合、

コンドミニアムなどの家賃も

最低4万円ぐらいから7~8万円程かかる。

 

貯金無しでは、高水準の給料と物価の安さで

セレブのように生活するのも

あまり現実的とは言えない。

 

 

また、マレーシアに住むなら

一度短期滞在で雰囲気を

知っておく方法もある。

 

旅行で少し行ったり、

突然現地に移住するよりも

グッと失敗するリスクも減る。

 

 

マレーシアに移住する前に

現地の求人を探す方法もある。

 

日本国内の転職サイトや

転職エージェントを利用する方法だ。

 

 

マレーシアのコールセンターなどは

英語力が低くても働けて、40代以上の人でも

応募できる求人が簡単に探せる。

 

なにより国内で就活できるのでオススメだ。

 

 

 

まとめ。50代の海外移住と仕事について

 

同じアジアの国と言っても

マレーシアは遠い外国。

 

誰でもボンビーガールで紹介された

女性のようになれるとは限らない。

 

 

本気でマレーシア移住したければ、

失敗するリスクを減らすことを考え、

少しでも英語力を高めや貯金をして備えておこう。

 

40代50代ともならば

慎重に準備をしておくべきだ。

 

 

55歳になって海外に目を向けた、先輩の芹田さん。

自分と同じく、下見なしの海外移住を敢行した人(笑)。

 

 

 

最後に、

 

欲しいものがあるのにお金がないあなたへ。

 

心のブロックを壊して冒険の人生を歩みませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授