フィリピンの豪邸。値段や家を建てる費用、建て方。一軒家の値段。普通の家はどう?


 

フィリピンの豪邸の値段は

当然に日本よりも低いが・・・

 

現地在住者としては、外国人はコンドミニアムを選ぶべきであり

一戸建てに住むことを決して勧めない

 

 

ブログを手段にしてフィリピンに移住する具体的なノウハウは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

移住先として人気の高まっているフィリピン。

 

移住計画中の人の中には

永住を考えている人も少なくない。

 

 

物価の安いフィリピンで

豪邸を建てると費用は

いくらかかるのか?

 

フィリピン在住の友人に聞いてみた。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンの豪邸の値段。家を建てる費用はどのくらい?普通の家は?

 

物価水準が日本の3分の1~5分の1

と言われているフィリピン。

 

 

美しい外観、

広いリビングにエントランス、

使い勝手の良いキッチンやプール付き。

 

毎日の暮らしが楽しくなる

夢の広がる豪邸。

 

 

そんな自分の理想とする

家を建てると、

費用はいくらかかるのか。

 

 

実際のところ、フィリピンのマニラ郊外で

プール付新築、延床面積500㎡の豪邸を

建てるとなると、およそ5,000万円オーバー。

 

デザインにこだわり品質次第では数億円かかる。

 

 

お金に余裕のある人なら別によいだろうが、

豪邸を「日本で取得するより低価格で」

と考えている人は希望と違ってくる。

 

土地の安い郊外や田舎に建てれば

その値段は変わってくる。

 

 

ただ、安く購入できる土地に豪邸を建てると

目立ってしまう為、強盗や誘拐などの

危険にさらされる可能性が非常に高い。

 

自分なら、フィリピン豪邸を建てる場合、

セキュリティでしっかり管理された

ビレッジ・高級住宅街に建てるしお勧めだ。

 

 

では普通にフィリピンで

家を建てる場合の費用・値段は

どの位かかるのか。

 

普通の家を建てた場合は、

500~1,000万円程。

 

ただし田舎での話だ。

 

 

マニラ郊外のビレッジにプール付きの

家を建てれば、1,000万円~2,000万円程は

かかると思っていたほうがよい。

 

 

自分が友人から聞いた話では、

安いものだとフィリピンのド田舎で

戸建て30平米位の家を100万円で建てた人がいた。

 

 

他の知り合いだと、

ルソン島の田舎に

当時約80万円で家を建てた人も。

 

2ルームと極狭なキッチンだけの

小さな家で屋根はトタンで窓なし。

 

 

安い土地は貧困層が多い傾向や、

条件のある土地、治安が悪かったりする。

 

日本人の思う「普通の家」とは

かけ離れた環境になるので注意が必要だ。

 

 

 

フィリピンの家の建て方。一軒家を購入するときの価格。物価。

 

フィリピンの家の建て方は日本とは全く違う。

 

 

技術的な部分でいえば、支柱を建て

ブロックを積み上げて柱の部分に

コンクリートを流し固めていく工法。

 

 

伝統的なものでいうと、

ヤシ科の植物の葉を

屋根材や壁材として建てる家がある。

 

湿気の多い亜熱帯ならではの伝統的な家だ。

 

 

フィリピンではエンジニアとよばれる人が

工務店をしていて、家の建築を一括で請け負う。

 

このエンジニアの中には、建築主が日本人というだけで、

建築許可を取得するにもふっかけ、

建築中もチップを多く請求する人もいる。

 

 

家を建てるために掛かってくる費用が

外国人価格になるとかはよく聞く話。

 

 

現地の人は建築費用を安く上げるために、

このエンジニアを通さず、自分で

大工を探してきて家を建てるという。

 

同じような建物を建てても、

エンジニアに頼むことによって

1,000万円程も変わってくるのだ。

 

 

ただ、エンジニアにお願いする事も

デメリットばかりではない。

 

 

フィリピンの大工には

セミプロのような人が多い。

 

建築に掛かる全ての費用も、

初めにいくらとはっきりとは決まらず、

大体の予算で建て始め何かと追加費用が掛かるのだ。

 

 

この点、エンジニアに任すと、

初めに契約した値段から

大きく変わることは少ない。

 

大工や工数、建材調達、

なんでも一括で請け負ってくれるので

自分があれこれ駆け回る必要がない。

 

 

大きな家や豪邸を建てるなら、

エンジニアになら安心して任せられる。

 

 

最近は経済発展著しいとは言え、

日本と比べると物価は安い。

 

しかし物価はまだ上昇傾向にあり、

木材や鉄筋など建築資材の値上がりで

建築開始の予定より高くなることも。

 

 

では、フィリピンで一軒家を買うときの

値段や諸経費はどうだろうか。

 

 

売買代金以外に税金や諸費用が掛かる。

 

 

ブローカー手数料、

これは売買仲介の手数料を指し、

日本のように法律での決まりはない。

 

場合によっては交渉も可能で3%~5%程度だ。

 

 

アザーチャージ、

日本でいう司法書士の費用。

 

 

登記費用なので行政機関に支払うお金。

 

物件価格の約5%前後となっている。

 

 

また、フィリピンで家を買う事は可能だが、

法律で定められているので

外国人は土地を取得できない。

 

 

男性なら現地女性と結婚して

名義を妻にするなど、

抜け道はいくつかある。

 

それをクリアできれば、

フィリピンで土地の取得や

家の購入も可能。

 

 

ただ取得しても、後に離婚請求され

家を追い出されたという話もよく聞く。

 

 

 

まとめ。フィリピンの豪邸の値段について

 

豪邸でも普通の家でも、

言葉がわからない場合や予算が限られている場合は、

フィリピンで家を建てるのはかなりハードルが高いと言える。

 

施工主が言葉も堪能で現地を熟知していれば、

適正な価格で、もしくは安く建てる事も出来る。

 

 

やはりフィリピンの公用語であるフィリピン語か英語を

最低でも会話ができる程度には勉強しておきたい。

 

 

人生でそんなに何度も購入する事のないマイホーム。

 

温暖なフィリピンで幸せに暮らせるよう、

このような事などを気にしながら

計画をしっかり練ることが重要だ。

 

 

マニラで時々いっそhに飲むクリスティン。

自分と同じく戦争映画とホラー映画が苦手(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授