デンマークへの移住のデメリットは?難易度や移住手続きなど!デンマーク移住の条件や仕事、オペアビザも


 

デンマークへ移住するなら、高額の納税義務

デメリットとして知っておこう。

 

 

ブログを手段にしてデンマークに移住する

具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

世界の幸せ度ランキング上位の

デンマークへの移住に

どんなデメリットがあるのか?

 

 

移住の難易度やビザの条件など。

 

北欧の国デンマークへの移住を考えるうえで、

知りたい導入部分について紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

デンマーク移住のメリットとデメリット!条件や移住手続きの難易度は?仕事についても

 

デンマークのメリットは社会保障が手厚いこと。

 

妊娠・出産を含め医療費が無料である。

 

 

労働時間がきっちりと守られ、

生活にゆとりがあるのも

暮らしていくにはメリットだ。

 

 

これらから

「世界で最も住みやすい国」

上位にランクインもしている。

 

 

デンマーク語レッスンを自治体で開催していたり、

外国人の職安があったりと、

外国人へのサポート体制が整っている。

 

デンマーク人がかなりの確率で

英語を習得していて、

会話可能なのも魅力的。

 

 

世界平和度指数が日本より高く、

治安が良いのもメリットである。

 

 

一方、手厚い社会保障と諸刃の剣で、

税金が消費税25%、所得税MAX60%近くと、

べらぼうに高いのがデメリット。

 

 

自動車にかかる税金も高く、

車を持つことがまずできない。

 

 

デンマーク人の多くが農民なので、

仕事が肉体労働が多い。

 

苦手な人にはデメリットだ。

 

 

移民に対してデンマーク人は

厳しい見方をするので

移住して最初の頃は苦労する。

 

 

いざ、移住の条件はというと、

ビザの取得条件が難易度が高い。

 

求めているのは一定以上の収入を

デンマークで確保できるとか、

一定以上の学位や、芸術分野での高い実績があるなど。

 

 

特定の能力に秀でた高スペックの

人材であることが条件から読み取れる。

 

 

EU内の移民の移住を

妨げることができないので、

外からの移民に対して厳しいのだ。

 

北欧一といっていいくらい厳しい内容だ。

 

 

移住してくるなら仕事をして、

デンマークに貢献する人間が

欲しいという考えが透けて見える。

 

移住手続き自体の難易度は、

他の国の場合と比べても高くはない。

 

 

 

デンマーク移住での、オペアビザについて解説!取得方法や条件は?体験談なども

 

デンマークに移住する手段として、

比較的難易度が低いのが

オペアビザでの移住だ。

 

オペアビザについて少し解説しよう。

 

 

オペアビザは、現地の家庭で

家事やベビーシッターなどの仕

事をすることを前提に申請するビザだ。

 

欧米では一般的な、

異文化の交流を目的とした制度。

 

 

40年以上も前から

デンマークでは導入されている。

 

 

オペアビザを取得すると、

最長2年間デンマークに滞在可能。

 

 

住み込みで食事を提供され、

語学学校にも通える。

 

お小遣いも月額4,150クローネ

(約67,000円、税引き前)もらえる。

 

 

オペアビザの取得条件は以下のとおり。

 

 

・18歳以上30歳未満であること

 

・婚姻歴やパートナー歴がなく、独身であること

 

・子どもがいないこと

 

・妊娠をしていないこと

 

・英語、ドイツ語、デンマーク語、スウェーデン語、

ノルウェー語のいずれかを理解すること

 

・受け入れ先の家庭に18歳以下の子どもがいること

 

 

遊興費と渡航に必要なお金以外の持ち出しがないので、

若ければ自分はこの条件を使って移住したい。

 

 

オペアビザの取得方法は、

その他のものと同じく

デンマーク大使館への申請で行う。

 

メールで事前予約をして必要書類を揃えたら、

予約日に東京都渋谷区にある大使館に直接訪問。

 

 

本人でないといけないから、

地方からのビザ申請は大変だ。

 

予約は1か月ほどの

余裕をもって行うと良い。

 

 

書類提出、生体認証登録を経て申請が完了。

 

あとはデンマークからの朗報、

ビザ取得許可が下りるのを待つのだ。

 

 

デンマーク移住の数少ない体験談を探る。

 

 

社会保障が充実しているとは言われている。

 

実際に行ってみると、医療費無料に

病院がタクシーで迎えに来てくれる

レベルの充実ぶり。

 

 

デンマーク人は大学進学の費用が

無料なだけではなく、

お金の支給もあるのだ。

 

こうした充実ぶりだから、

デンマーク人は高い税金を

納得して納めていると口々に言う。

 

 

実は、抗うつ剤の使用量が世界でも

指折りだというのも、現地で聞いた

体験談で驚いた一つ。

 

日照時間の短さも関係しているが、

デンマーク人も仕事や

人間関係に悩んでいる。

 

 

世界の幸せ度ランキングで常に上位にいる

デンマークの人たちは、意外と

幸せに感じていないのだ。

 

 

デンマークといえば普通にコペンハーゲンだが、

現地で見るべき場所をきくと、

島を旅することをすすめられるのだという。

 

美しい海、カラフルで素朴な家々の風景、

とても「ヒュッゲ」(居心地よく楽しい)

な時間を味わえる。

 

 

この他には寒い、街並みが美しい、

デンマーク人はワークライフバランスがしっかりしている、

察してくれないといった体験談があった。

 

海外慣れしている自分から言わせると、

察してくれないという日本人が察しすぎなのだが。

 

 

 

まとめ。デンマークに移住するデメリットについて

 

治安が安定し、社会保障の充実した

「世界で最も住みやすい国」

の上位でもあるデンマーク。

 

税金が高く、法的にも国民も

最初は移民に厳しい見方をする。

 

 

移住は、30歳までだと

オペアビザなどの道がある。

 

 

デンマークへの移住に向けて

イメージはつかめただろうか?

 

世界レベルの住みやすさや幸福度を誇る

デンマークへの移住計画をぜひ進めてみてほしい。

 

 

デンマークに住みたいと語る仁科。

自分と同じく女性の男言葉が苦手(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授