ポーランド移住のデメリット!仕事や求人、移住相談。永住権申請はできる?ワルシャワについても紹介


 

ポーランド移住のデメリットは、賃金の低さ

ただ生活費も安いので、何をメリットと感じるかだろう。

 

 

長期滞在者によるポーランド移住情報、

ブログを手段にして現地に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

豊かな大自然に囲まれ、中世の

古き良き街並みが建ち並ぶポーランド。

 

 

本記事では、ポーランド移住のデメリットや

仕事探し、移住方法や各種費用について述べていく。

 

 

 

スポンサードリンク

ポーランド移住のデメリット。永住権や求人はどう?移住相談や手続き、永住権申請。ワーホリの費用や仕事

 

ポーランド移住にはどんな

デメリットがあるのだろうか。

 

 

ポーランド移住の主な

デメリットとして挙げられているのが

 

 

・タクシーのぼったくり率が高い

 

・医療体制が十分整っていない

 

・平均月収が低い

 

・一部地域では何の予告もなしに断水、停電がある

 

 

などである。

 

 

ポーランドの平均月収は

郊外部で日本円にして約8万円、

都市部で約10万円程度(ともに手取り)。

 

平均月収が低い分ポーランドの物価も安いが、

日本に行き来したいと思ってもなかなか

貯金に回せないというデメリットがある。

 

 

ポーランドの医療体制は

自費治療となるプライベート治療と

無料で診察してもらえるタイプに分かれている。

 

当然ながら、無料診察に予約が集中するため、

診察してもらえるまでに数か月

かかってしまうケースがある。

 

 

ポーランドですぐに医療を受けるには

十分な資金を準備しておく必要がある。

 

 

ポーランドへの移住手続きは、

国特有のビザシステムに沿って

申請する必要がある。

 

 

ポーランドには

学生ビザ、一時居住許可証、

5年間有効の居住許可証がある。

 

居住許可証を取得して

5年(国際結婚では3年)経つと、

永住権申請が可能になる。

 

 

ポーランドで永住権が取得できると

永住カードも発行され、

自由な就労が可能になる。

 

 

ポーランドへの移住を検討している人は、

日本全国各地で移住相談を行っているので、

事前に移住相談に赴いてみても良いだろう。

 

 

ポーランド移住で一番気になるのが仕事探しだ。

 

 

ポーランドでワーキングホリデーをするために

必要な費用は、渡航費やパスポート申請料など

渡航前に約35万円。

 

食費や滞在費など、渡航後の費用を

三ヶ月で見積もって約24万円。

 

 

合計で、約59万円必要になってくる。

 

59万円ほど準備しておくと、

スムーズにワーホリビザ申請が行える。

 

 

ワーホリビザとは、

18歳~30歳未満で申請できるビザで、

1人1回のみ使用可能のビザである。

 

そのため、申請には十分注意する必要がある。

 

 

ポーランドのワーホリの主な求人は

 

 

・レストランのキッチン手伝い

 

・ホテル受付

 

・家事代行

 

 

などがある。

 

 

外国人観光客が多く入るレストランは、

英語が話せると問題ないというところもあるので、

積極的に応募してみても良いだろう。

 

 

ワルシャワには日本食レストランもある。

 

手始めにこのような日本人向けの店に就職して

雰囲気を掴んでから、地元の職場に挑戦してみても良い。

 

 

 

ポーランドへワーホリ。仕事や費用は?仕事探し。家賃や留学費用。不動産投資って?金利や就職について紹介

 

ポーランドは現地人でも仕事探しに苦労している。

 

国外に仕事に出ている人が多い現状があるため、

ポーランドでの外国人の就職となると非常に難しい。

 

 

ポーランド企業に雇われるには

語学が出来ないとかなり厳しいだろう。

 

しかし、母国語であるポーランド語は

EU諸国の中でも習得が困難とされている。

 

 

ポーランドで仕事探しを検討するとともに、

言語問題も検討する必要がある。

 

 

ポーランド移住で仕事探しと

並んで気になるのが費用面だ。

 

 

まずポーランドの家賃相場だが、

一例としてワルシャワでアパートを借りると、

1物件あたり約6万円が相場である。

 

もう少し中心部に近づくと高くなり、

郊外に行くと費用は安くなる。

 

 

物件探しをする際は

「2,000ズロチ(約6万円)が基準」

と覚えておくと良いだろう。

 

 

また、ポーランドに移住して

ポーランド留学を検討する場合、

費用の目安は1か月あたり約20~40万円。

 

1年間で約100~300万円が相場である。

 

 

当然ながら学費は学校ごとに異なるため、

自分が留学したいと学校の学費は

事前に調べておくと良いだろう。

 

 

そして、近年注目されているポーランド投資も

条件を満たせば日本人でも可能になる。

 

 

ポーランドでの投資の一例は不動産投資。

 

一戸建てとアパートで購入条件が変わるため、

不動産投資を検討している人は各物件の

購入条件を事前に調べておくと良い。

 

 

ポーランドは急激な経済成長を遂げており、

頻繁に金利引き上げを行っているので、

興味がある人は投資に目を向けると面白くなる。

 

 

 

ポーランドへ海外旅行の予算は?ワルシャワへの移住相談や手続き、永住権申請

 

ポーランドへ移住ではなく

海外旅行で訪れたいと思う

日本人も多いだろう。

 

 

ポーランドへの海外旅行の

予算相場は主に2種類。

 

 

・航空券+宿泊セットのフリープラン

 

・観光を含み、添乗員と現地ガイド付きのツアープラン

 

 

低予算に抑えられるのはフリープランだ。

 

フリープランは日程にもよるが、

例えばワルシャワ・ベルリンの2大都市を巡る

6日間のプランで約11万~25万円かかる。

 

 

ただし、どちらも大型連休や年末年始、

お盆は費用が大幅に上がる。

 

海外旅行先はポーランドと決めた時点で、

早めの予約をしておくと良いだろう。

 

 

ポーランドへの移住先として、

首都であるワルシャワを

選ぶ人も多いだろう。

 

ワルシャワは比較的治安も良く、

住みやすい場所である。

 

 

ワルシャワへの移住手続きに関しては

最初の段落で述べたポーランドへの

移住手続き条件を満たせば暮らせるようになる。

 

 

ワルシャワに永住権申請をするには、

ポーランドの居住許可証を取得して

5年以上経過、という条件がある。

 

ただし、ポーランド人と国際結婚した場合は

結婚して3年経つと申請可能になる。

 

 

前述したように、永住権を取得すると、

自由な就労が可能になる。

 

ワルシャワへの移住相談をする場合は

永住権申請の条件を覚えておくと良い。

 

 

 

まとめ。ポーランド移住のデメリットについて

 

今回はポーランド移住のデメリット、

仕事探し、移住手続き、そして

費用面に関して述べてきた。

 

 

ポーランドは全体的に治安が比較的良く、

日本人も住みやすい環境が整っているため、

おすすめの移住先と言える。

 

 

ポーランドでの永住権申請も

一定条件を満たせば取得可能になる。

 

快適なポーランド移住生活を送るためにも

事前の準備と情報収集をしっかりと行うとよいだろう。

 

 

ワルシャワにいる増田。

自分と同じガチャピンファン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授