マレーシアのコールセンターに落ちた…勤務の実体や評判、ストレスは?ブログで知る海外のコールセンター


 

マレーシアのコールセンターに落ちたと

落胆する前に、受かった場合のストレスも知っておこう。

 

受かっても、日本人ばかりの環境では

楽しく海外生活できないケースも多い。

 

 

雇われずパソコン1つでどこでも稼げる方法。

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

マレーシアのコールセンターの求人に

落ちた、解雇された、という話をたまに聞くが

本当のところはどうだろう。

 

 

マレーシア滞在経験のある自分が実態を紹介。

 

 

 

スポンサードリンク

マレーシアのコールセンターの求人に落ちた?コールセンターの実態や評判、ストレス、給料とは

 

マレーシアに移住を考える日本人に人気のある

コールセンターの求人に落ちた、受かったのに解雇されてしまった

という話をたまに聞くことがあるのでないか。

 

マレーシアに移住して人気のコールセンターで

働こうと考えている人は気になる話だ。

 

 

日本にいてなかなか知ることはない

マレーシアのコールセンターの実態は

どうなっているのだろうか。

 

自分が現地の知り合いに聞いた

マレーシアのコールセンターの

評判や口コミからも実情を紹介しよう。

 

 

日本の求人サイトなどでマレーシアの

コールセンターの求人を見てみると分かるが、

聞いたこともない会社の求人であることがほとんど。

 

なぜならマレーシアのコールセンターは、

日本やアメリカなどの世界に展開する大手企業への問い合わせなど

コールセンター業務を企業から受注し請け負った会社が多いからだ。

 

 

日本人はもちろんだが、

韓国、中国、インドといった国の人が

いろいろな言語での問い合わせに対応している。

 

ひとつのコールセンターで3,000人働いているような

大規模なところもあり、ほとんど日本語しか喋れなくても

やっていけるという評判。

 

 

求人に落ちてしまう理由は基本的に

日本でのコールセンターと同じだと思う。

 

機転が利かないことや、言葉使いに問題がある、

仕事に対する意欲が感じられないなど。

 

 

電話対応の仕事なので、顧客からの問い合わせに

瞬発的に丁寧で正しい言葉使いで答えられないと

判断されたということだ。

 

また志望動機、とくになぜ

マレーシアで働きたいのかはっきりしない人は、

採用しても辞めてしまうのではないかと思われ採用されにくい。

 

 

解雇される理由のほとんどは

研修期間中のテストでの成績が悪いから

という理由がほとんどなのだ。

 

まじめに研修を受けていれば、

余程適正を欠いていない限り解雇されることはないので過

度に心配する必要はない。

 

 

また、マレーシアのコールセンターの

仕事内容も日本とほぼ変わりない。

 

顧客からの問い合わせや苦情に

電話で対応する非常にストレスの多い仕事だ。

 

 

残業はほとんどないが、

24時間体制の勤務シフトとなっている場合が

ほとんどなので深夜勤務のつらさもある。

 

顧客対応のストレスや深夜勤務の体力的なストレスで

辞めてしまう人も

一定数いるのも現実だと自分は聞いた。

 

 

マレーシアのコールセンターの

給料についても紹介しておこう。

 

 

相場は5,500~9,000リンギットぐらい。

 

現地の平均の2~3倍で

大手日本企業の現地法人と比べても

給料水準は高めであることが多い。

 

 

マレーシアの物価の安さもあり、

生活していくには十分。

 

贅沢しなければ貯金もできるのだ。

 

 

不安に思っていた人は安心材料になる。

 

 

 

マレーシアのコールセンターの求人は?日本語は通じる?英語は不要?コールセンターの実体をブログで紹介

 

現地マレーシアで日本人の求人は

IT系や製造などの技術者などが多いが、

コールセンターの求人も増えている。

 

テレビで紹介されたこともあり、

マレーシアのコールセンターの求人は

人気があるのだ。

 

 

しかし本当に日本語しか

喋れなくても働けるのだろうか。

 

会社にもよるが、

常に日本人を必要としているコールセンターならば

日本語のみでも働ける会社も多い。

 

 

マレーシアのコールセンターの求人を

海外就職の足がかりにしようと働く

日本語しか喋れない人も多い。

 

会社側も社内で英語や英会話の研修を

おこなっている企業も多いと聞く。

 

 

マレーシアの第2言語といえる英語は日常生活でも使うし、

英語で意思の疎通ができれば将来的に仕事でも役に立つ。

 

英会話などは勉強しておいて

損することはないのでおすすめする。

 

 

結局のところ、

マレーシアのコールセンターの実態は

じつは日本のコールセンターと大差ない。

 

日本人からの問い合わせ電話に

日本語で対応するのだから、

日本で働くことと変わりないという。

 

 

そんなマレーシアのコールセンターで働きたいのなら

働いたことのある人や現在働いている人のSNSで情報を集めたり、

ブログなどを読んでみることもおすすめだ。

 

 

 

まとめ。マレーシアのコールセンターに落ちた?

 

東南アジア諸国では比較的治安が良く

住みやすいと言われるマレーシア。

 

 

マレーシアのコールセンターでの仕事は

海外での就職やインターナショナルな生活がしたいなど、

明確に目標を持っている人には非常におすすめな職業だ。

 

 

クアラルンプールで再会した町田。

自分と同じく、ガチャピンが大好き(笑)。

 

 

 

最後に、

 

今のままでは目標達成して人生を楽しめないと思うあなたへ。

 

コンサルに参加して時代に合わせて新しいビジネスを取り入れていきませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授