朝鮮紀行への韓国の反応は?イザベラバード(イザベラ・バード)への海外の反応と韓国の反応とは?


 

朝鮮紀行についての韓国の反応は、

なかなか興味深いものがあります。

 

日本人の体格が惨め」というのは

少し悲しい表現でした(苦笑)。

 

 

朝鮮紀行の詳細、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンや韓国など
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

「朝鮮紀行」とは、イギリスの旅行作家の

イザベラ・バードという女性が描いた

19世紀末の朝鮮の様子を描いた一冊の本です。

 

今回はそんな朝鮮紀行への

海外の様々な反応をご紹介していきます。

 

 

 

スポンサードリンク

イザベラバードの朝鮮紀行…韓国の反応や海外の反応は?韓国の反応や海外の反応、内容への評価とは?

 

イザベラバードはイギリスの女性旅行作家で、

代表的な作品として「朝鮮紀行」の著者です。

 

 

イザベラバードは「朝鮮紀行」で、

60代にして4回も朝鮮へ訪れた

旅の記録を残しています。

 

その中には当時の19世紀末の

激動の時代の朝鮮の様子が

如実に描かれています。

 

 

そんな女性旅行作家イザベラバードへの

海外の反応をご紹介いたします。

 

イザベラバードへの韓国の反応は、

一言でいうと

「印象はあまり良くない」と言えます。

 

 

イザベラバードは当時の朝鮮の様子を

ありのままに描いたため、朝鮮の社会、文化、

政治に対しても批判的な内容を書いている部分があります。

 

19世紀末の朝鮮は日清戦争や東学党の反乱、

閔妃暗殺等の歴史的な事件が次々と発生し、

国の内外の情勢に翻弄される朝鮮の内情も記載されています。

 

 

また、伝統的な風土、民俗、文化などの

内容にも触れていますが、その部分に関しても

批判的な記述をしている箇所が見受けられます。

 

 

そのような朝鮮紀行への韓国の反応として、

自国の文化や情勢への批判が書かれていると思うと、

印象が良くないものになったことも頷けます。

 

 

また、朝鮮紀行とは別の著書にはなりますが、

日本にも旅行に来たことがあり、

日本人の外見や文化にも触れています。

 

イザベラバードは、日本人のことを

「鎖国により退化している印象である」「小さく惨めな体格」

と述べています。

 

 

他国と比較をする表現も著書の中で多々あり、

その国の外観などを想像しやすく明確に描いてはいますが、

文章の表現が批判的な表現に見られることもしばしばあります。

 

イザベラ バードへの海外の反応の例として日本人はというと、

確かにと納得する人もいれば、他国との比較をする文章や批判的な意見には、

イザベラバードへの韓国の反応と同様、良くない印象を受ける人もいます。

 

 

 

英国の女性旅行家、イザベラバードの朝鮮紀行の内容とは?イザベラバードへの韓国の反応、海外の反応

 

朝鮮紀行の韓国の反応や

イザベラバードへの海外の反応を

ご紹介してきました。

 

 

朝鮮紀行の内容は、英国の女性旅行家である

イザベラ・バードが60代の1894年から1987年にかけて

4度、朝鮮へ旅をしに行った時の旅行記です。

 

当時の朝鮮を訪れ、朝鮮国王などとの謁見を通し、

彼女自身が見聞きした朝鮮の事実をありのままに

描いた紀行文となっています。

 

 

当時の朝鮮の情勢は、日清戦争前後の

東アジア激動の時代と言っても過言ではないほど

変動の激しかった時代になります。

 

インフラ整備も戦争の前後で十分ではなく開国間もない時期で、

外国人に対する偏見も根強く残っている中、力強く旅を続け、

英国女性独特の視点から朝鮮という国を捉えています。

 

 

当時の朝鮮には、朝鮮自身の

伝統的風土、民俗、文化が色濃く残っています。

 

そのような部分へ徐々に影響力の出てきている

日本への反日感情も強かったことから、

日本にも少し触れている部分があります。

 

 

政治的な影響のない記述は、

当時の朝鮮の内情を知る現代にも通じる

名著となっています。

 

 

そんな朝鮮の様子を明瞭に、自分の見たままに書いた

イザベラバードへの海外の反応は、批判的な文章に対して

「良くない印象」を持つ人は今も少なからずいることでしょう。

 

 

 

まとめ。朝鮮紀行の韓国の反応について

 

今回は英国の女性旅行家、イザベラバードの著書

「朝鮮紀行」の内容とその著書に対する

反応をご紹介いたしました。

 

 

イザベラバードは日本にも訪れており、

当時の日本と朝鮮などと比較している内容の著書もあるため、

気になる人はぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

朝鮮紀行に詳しい山田君。

自分と同じく、下見なしの海外移住を実行しました(笑)。

 

 

 

最後に、

 

冒険の人生を歩みたいあなたへ。

 

コンサルで裏表のない自分らしく生きていけるようになりませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授