シュメール人に対する日本人と海外の反応!目が怖いのは日本の縄文文明と同じと海外が反応


 

シュメール人が

日本人のルーツであるとする海外の反応。

 

個人的には、目が大きい時点で

日本人のルーツではないと思うが(笑)。

 

 

ブログを手段にして国内外好きな場所に住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

興味深い話がたくさんある

この関係を紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

シュメール人って日本人!?海外の反応は?目が大きい理由 

 

シュメール人という民族を

聞いたことはあるだろう。

 

おそらく世界史で出てきたのを最後に、

シュメール人について

触れる機会は少ないだろう。

 

 

シュメール人とはその名の通り、

シュメール文明を築いた民族である。

 

 

シュメール文明はメソポタミア文明の

初期のこととされている。

 

現在の歴史学が世界最古とするのは

シュメール文明と言われている。

 

 

しかし、シュメール民族の系統は

未だに不明で謎の民族だ。

 

 

シュメール人はこの世に

文字を作った民族ともされている。

 

 

また自分達が使っている

「1分 = 60秒」「1時間 = 60分」は、

シュメール人が考案した60進法が元になっている。

 

また、円が360度であるのにも使われている。

 

 

シュメール人の特徴として目が挙げられる。

 

シュメール人は異様に目が大きい。

 

そしてその目は青みを帯びている。

 

 

これはシュメール人の先祖は宇宙人だと言う説があり、

またシュメール人が日本人の祖先だという海外の反応がある。

 

 

調べて行くうちに、シュメールと

日本が繋がっている可能性が見えてきた。

 

 

 

日本とシュメールの関係、海外の反応は怖い?シュメールの人たちの様子

 

さて、シュメール人の様子だが、

彼らの先祖は「アヌンナキ」と呼ばれる、

古代シュメールの神話に関する神々の集団とされている。

 

そのアヌンナキが、

グレイ型宇宙人では

ないかと言われている。

 

 

宇宙人の中でも最も有名で、

最近の目撃情報も多いグレイは、

一見すると怖い印象を受ける。

 

シュメール人と同じく目がとても大きく、

灰色がかった肌をしている。

 

 

シュメール人自ら、自分達は

「混ざり合わされたもの」

と呼んでいたという話もある。

 

 

アヌンナキが宇宙人だったという確証はない。

 

だが、もしアヌンナキがグレイだとすれば、

グレイに似せられた人間が作り出され、

それがシュメール人となるかもしれない。

 

 

また、様々な高度な文明を作り出したのも

宇宙人が関係したことになる。

 

この宇宙人説が立証され、日本人の祖先が

シュメール人だという海外の反応が正しければ、

日本人の体には宇宙人の血が流れていることになる。

 

 

 

縄文文明に対する海外の反応 シュメール人は日本とどう関係が?

 

シュメール人の目の大きな顔は、

日本の縄文人に似ているとする説がある。

 

 

日本人の顔には、

現代の沖縄や鹿児島の人に似た、

目が大きく丸顔の「縄文人顔」。

 

目が細くシャープな顔立の

「弥生人顔」がある。

 

 

縄文人は数万年前に

直接日本列島にやって来た人々。

 

弥生人は二千数百年前に、

シベリアを含めた大陸の奥から南下し、

朝鮮半島を通って日本に来た人々だ。

 

 

突然姿を消したシュメール人が、

実は日本へ渡り、縄文時代に縄文人として

定着したのではないかと言われている。

 

 

シュメール人が開いた縄文文明は

いわば日本のルーツとする

海外の反応もあるくらいだ。

 

 

実はシュメール人の生活や行いと、

日本の文化とは多数の共通点が

あるのが分かった。

 

 

まず言葉である。

 

 

我々日本人は「膠着音」という、

単語に「を、に、が」などを

付けて言葉にする。

 

シュメール人の言葉も、日本人と同じ

この膠着語系統であることが分かっている。

 

 

また日本の漢字の形成や、

漢字と仮名混じりで表す構造も似ている。

 

 

次に菊の御紋だ。

 

 

菊花紋というと天皇を

イメージする人が多いだろう。

 

十六菊の御紋は日本では

天皇や皇室の象徴になっている。

 

 

その菊花紋がシュメールから出土した

粘土版にも描かれていた。

 

 

当時イラク大統領だったサダム・フセインが、

十六菊花紋がデザインされた腕輪をしていた。

 

当時のインタビューによると、

これは世界最古の文明を築いた私たちの祖先、

シュメール王朝時代の王族の紋章だと答えている。

 

 

また、日本の三種の神器(草薙の剣、八咫鏡、八尺瓊勾玉)は、

シュメールまたは古代バビロニアの三種の神器である、

武神のシンボルの剣、日像鏡、月像の首飾りと酷似している。

 

 

その他、国名や神話など、

日本とシュメールの関係をにおわす

材料はたくさん存在する。

 

 

 

まとめ。シュメール人について

 

シュメール人と日本人の関係については、

たくさんの説があり、テレビの番組でも

よく取り上げられている。

 

 

もし本当に日本人の祖先が多くの

知識を持ったシュメール人だったなら、

それはまた誇り高いことである。

 

 

しかし宇宙人の血が

流れているとなると複雑である。

 

 

シュメール人に詳しい秋山。

 

自分と同じく、女の子を喜ばせることが

一番のモチベーション(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授