イタリアの結婚年齢は?結婚の年齢、結婚式の費用は?イタリア挙式費用から時期、平均気温、服装まで紹介


 

イタリアの結婚年齢は日本と比べても

遅いのが特徴。

 

 

ブログを手段にしてイタリアに住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

イタリアでの結婚の風習は

日本とどのように違うのだろうか。

 

 

今回は、イタリアの結婚について

様々な観点から見ていきたい。

 

 

 

スポンサードリンク

イタリアの結婚年齢の平均は?イタリア人と結婚した時の年齢、結婚式の挙式費用は?

 

まず、イタリア人の

結婚年齢の平均から見ていこう。

 

 

これについては、

男性が34歳、

女性が30.6歳である。

 

日本に比べてかなり

晩婚なのではないだろうか。

 

 

では一体これはなぜなのか見ていこう。

 

 

まず、イタリア人は

カトリック教徒である。

 

そのため、宗教的に

離婚をするのが難しい。

 

 

よって交際期間が長く、

結婚に慎重的なのが

理由の一つに挙げられる。

 

 

2つ目に、イタリアには

結婚に対して独自の習慣がある。

 

 

まず、結婚をするのに

今まで住んだ町すべてに

届け出をしなければならない。

 

 

それに加えて元カレや元カノが

結婚に反対をしたら結婚が成立しない。

 

 

離婚に関しても、3年間

別居をしたという証明が必要である。

 

 

とても複雑で、日本では

考えられない話である。

 

 

次に、イタリア人が

結婚できる年齢について。

 

 

こちらは男女ともに18歳である。

 

日本では女性が16歳ではあるが、

これに関しては大差がないだろう。

 

 

次にイタリアの結婚式の費用について。

 

 

こちらは場所によって異なってくる。

 

詳しくは次のテーマで述べるとしよう。

 

 

イタリア挙式費用については

日本に比べて安いのではないかと感じた。

 

とはいってもイタリア人の所得が

日本に比べて少ないので

安いだけなのかもしれない。

 

 

 

結婚式のイタリア挙式費用は?結婚式の費用、イタリアの平均気温、年間気温に合わせた服装は?

 

ではイタリアの結婚式の費用について見ていこう。

 

 

イタリア挙式費用は場所によって異なる。

 

 

1つは教会。

 

こちらは20~30万円ほどである。

 

 

次に市役所。

 

こちらで挙げるとなんと

費用がかからない。

 

 

日本に比べて安上がり

なのではないだろうか。

 

 

次にイタリアの結婚式の

風習について見ていこう。

 

 

イタリアでは

「ライスシャワー」というものを行う。

 

「ライスシャワー」とは、

ゲストが新郎新婦に向かって

お米を投げることである。

 

欧米では有名な風習である。

 

 

次にイタリアの結婚式の服装について。

 

 

新郎はタキシード、

新婦はウェディングドレスが

一般的である。

 

参列者は男性がスーツ、

女性がパーティードレスが一般的である。

 

 

こちらも日本と大差は

ないのではないだろうか。

 

 

イタリアの平均気温、年間気温ついて。

 

 

一言でまとめると日本と大差がない。

 

日本と同じように四季があり、

夏は暑く、冬は寒い。

 

 

また、地域によって

気温や降水量、湿度が違う。

 

 

 

まとめ。イタリアの結婚年齢について

 

今回、イタリアでの結婚について

書かせていただいた。

 

 

まず、日本と大きく異なる点として、

結婚をするためのハードルが高い。

 

 

手続きは面倒で、離婚をするのも

宗教の関係上とても大変である。

 

なのでイタリア人の結婚は

とても晩婚である。

 

 

晩婚である理由として考えられるのは

結婚をするためのハードルが高いことから、

結婚に慎重なためである。

 

 

しっかりと相手を見極めて

お互いが大丈夫だと思ったら結婚をする。

 

これが日本との大きな違いであることが

分かっていただけたのではないだろうか。

 

 

イタリアの結婚できる年齢は

男女ともに18歳であるということも述べた。

 

対して日本は男が18歳、

女が16歳である。

 

 

多少の違いはあるものの、

成人という観点からとらえたら

大きな大差はないだろう。

 

 

結婚式の費用について。

 

こちらは日本より安上がりであることが

分かっていただけたのではないだろうか。

 

 

日本では100万以上かける例が多いのに対して、

イタリアでは教会で挙げると20~30万円ほど。

 

市役所で挙げると費用が掛からない。

 

 

この点では日本とかなり

違うのではないだろうか。

 

 

以上、イタリアの結婚事情である。

 

 

イタリアに住みたいと話している臼井。

 

自分と同じく、女性を喜ばせるのが

何よりのモチベーションの男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授