ドイツ語の下ネタ、ヨーロッパ語の下ネタ。翻訳したネタでも現地で使ってはいけない下ネタとは


 

ドイツ語で下ネタになってしまう

日本語が、実は数多く存在する。

 

現地でタブーとされている

言葉もあるので注意が必要。

 

 

長期滞在者によるドイツ語情報、

ブログを手段にして現地に住む具体的なアイデアは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

今回は、ドイツで使っては

いけない下ネタを紹介していく。

 

 

 

ドイツ語の下ネタ、現地の人は下ネタ好き?現地で話題にしてはいけないタブーな下ネタとは?

 

普段、自分たちが何気なく使っている

日本語の中には、ドイツ語で下ネタになってしまう

フレーズがあるので注意が必要だ。

 

 

例えば、電話をかける時によく使う

「もしもし」というフレーズ。

 

この「もしもし」というフレーズが、

ドイツ人には「ムシムシ」と聞こえる。

 

 

「ムシ」という言葉は、

ドイツ語で女性器を意味するので

下ネタになってしまう。

 

現地で下ネタを

連呼してしまわないように、

電話をかける場面では注意しよう。

 

 

ドイツ語の下ネタには色々な

種類があるので興味深い。

 

 

ドイツ語の下ネタには、

一つの言葉の意味から派生して

違う意味になる場合もある。

 

 

ドイツ語の下ネタ「シュヴァンツ」には、

男性器の他に尻尾という意味もある。

 

一つの言葉には複数の意味がある場合も

あるということを覚えておこう。

 

 

ドイツ人もまた日本人同様に、

意外と下ネタ好きで

ギャグのセンスもある。

 

下ネタ好きのドイツ人と

上手にコミュニケーションが

取れたら親しくなれる。

 

 

しかし何度も言うが、

ドイツ語の下ネタを

連呼するのはNGだ。

 

相手との関係や場所、時間など、

ドイツ語の下ネタを使う時は

周囲に気を配りたい。

 

 

ドイツ語の下ネタを使う場面を

しっかり見極めて、楽しく

会話を盛り上げてみよう。

 

中には、タブーとなる下ネタも

存在するので注意が必要だ。

 

 

現地で話題にしてはいけない

下ネタもあるので気を付けよう。

 

 

タブーの下ネタとして有名なのが

「シャイセ」という単語。

 

シャイセは日本語で

「クソ」という意味だが、

ドイツではNGワードとされている。

 

 

現地で話題にしてはいけない単語なので、

相手に対して使わないように気を付けること。

 

 

 

ヨーロッパ語の下ネタ、翻訳ネタでも現地で使ってはいけない下ネタ。現地ではどんな下ネタを話す?

 

ヨーロッパ語の下ネタに

「メールド」という言葉がある。

 

相手や物に対して、

「クソ!」「畜生!」などと

言う時に使われる。

 

 

メールドは現地で

よく使われる言葉だが、

人を不快にさせてしまう。

 

日本人は特に現地で使っては

いけない下ネタなので注意するように。

 

 

場合によっては、

喧嘩や事件になる可能性も

あるので気を付けること。

 

 

ヨーロッパ語の下ネタ以外にも、

翻訳ネタという面白いものがある。

 

翻訳ネタは

現地の言葉を日本語に訳すと

面白い意味を表す場合がある。

 

 

例えば、ドイツ語の

「シュヴァルツシュヴァイン」は

日本語で黒豚を表す。

 

翻訳ネタの中には、

時事的なものやスラングを

含んでいる場合もある。

 

 

現地ではどんな下ネタを

話すのかを知っておくと、

相手との会話も弾む。

 

 

ドイツ語の「ガイル」という言葉は

日本語でエロイと翻訳されるが、若者のスラングで

「ヤバい」や「まじで」などと使われることが多い。

 

ヨーロッパの人々は特に若者)は、

下ネタやスラングを好む傾向にある。

 

 

翻訳ネタを含めて現地で

どんな下ネタが流行っているのかを

知っておこう。

 

現地で下ネタを話す時は

NGワードについても

知っておいた方がよい。

 

 

翻訳ネタの中には現地で

使ってはいけないものも

存在するので要注意。

 

 

翻訳ネタについて知りたい人は、

Google翻訳を活用するのがおすすめ。

 

ヨーロッパ語の下ネタを

日本語に翻訳するとどうなるのか

簡単に調べられる。

 

 

逆に、日本語の言葉が現地では

どんな下ネタになるのかを

知ることもできる。

 

 

 

まとめ。ドイツ語の下ネタについて

 

ドイツ語の下ネタについて

紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

 

自国の言語を他国の言語に翻訳すると、

下ネタになってしまうことも多い。

 

そういった言語の違いの中で、

相手とコミュニケーションを

取るのも面白い。

 

 

下ネタを使う場合は、

場所や相手のことを考えて

使うように心がけたい。

 

ドイツ人は下ネタが好きなので、

話題の中に取り入れて

みるのもよいだろう。

 

 

ドイツ語を流暢に話す哲史。

自分と同じく満員電車が無理(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授