韓国語でシバとは?韓国語でシバの意味…sibalの韓国語、シバルの韓国語。しばー?韓国語では


 

韓国語のシバと言うスラングを始め、

韓国語やベトナム語にも日本語と同じように

使ってはいけない悪口がたくさんある。

 

 

ブログを手段にして

韓国など好きな場所に住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

ここではその一部を紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

韓国語でシバ(シバル、シーバル、シヴァ、シーバイ、シバラマ、しばー、sibal)は悪口?韓国語の意味

 

韓国語を勉強していると

教科書には出ていない悪口や

スラングに出会うことがある。

 

 

映画やドラマを見ていて

そのような言葉に出会うこともあるだろう。

 

そのような言葉の意味を

知らずに使ってしまうと

トラブルになることも。

 

 

ここでは生きた韓国語や韓国文化について

より深く理解するために、韓国語の

スラングや悪口について紹介していく。

 

 

<韓国語悪口>

 

 

・바보(パボ)

 

日本語のバカという意味で、

日常的にもよく使われる。

 

使う場面や相手によって、

抜けているというニュアンスで

使われることもある。

 

 

・쓰레기(スレギ)

 

主に男性を指して言うことが多く、

道徳的に正しくない人を

見下げて言う言葉。

 

日本語でクズという意味に近い。

 

 

・닥쳐 (タッチョ)

 

日本語で黙れという意味。

 

口をつぐむの命令形の

さらに強い命令ニュアンスで使われる。

 

 

・씨발

(シバル、シバ、シーバル、シヴァ、

シーバイ、シバラマ、しばー、sibal)

 

英語で言うFワード(F●●K)。

 

とても汚い言葉なので

気安く使わないようにしよう。

 

日本語の「チクショー!」という

ニュアンスで使用され、主に男性が使用する

怒ったときに使う罵倒表現。

 

 

・걸레(コルレ)

 

不特定多数の男性と

肉体関係を持つ女性に対して

使われる悪口。

 

ボロ雑巾のように

劣っているという意味。

 

日本語のヤリマン、ビッチ、

尻軽女と言う表現に似ている。

 

 

シバルやコルレは、

映画やドラマで耳にして意味を知っていても

決して使ってはいけない。

 

 

稀に韓国人男性がふざけて

使用することもあるが、

外国人が使用すると軽蔑される。

 

喧嘩になる可能性が高いので

絶対に使わないように気をつけよう。

 

 

 

柴犬、しばる、などは韓国語で悪口!?しばるがsibalに聞こえスラングに…?勘違いされる日本語

 

씨발(シバル)は

絶対に使ってはいけない

韓国語のスラングだ。

 

しかし、日本語の「柴犬」や「しばる」の

発音に似ているため、韓国人の前で使うと

勘違いされてしまうこともある。

 

 

その他にも日本語の発音が

韓国語の悪口の発音に似ている単語も

いくつかあるので紹介する。

 

 

・ジャージ:자지(ジャジ)

 

日本語で男性の性器、陰茎を指す言葉。

 

ちなみに韓国語でトレーニングウェアの

ジャージは추리닝(チュリニン)と発音する。

 

 

・ちょっと:좇(チョッ)

 

자지(男性器)と同様の意味。

 

日本でもそうだが、

男子学生がふざけて使うことがある。

 

 

・欠席:개새끼(ケセキ)

 

犬畜生。

 

 

韓国に旅行した際や

韓国人と話す際はこのような言葉を

大きな声で話さないように。

 

また、韓国人を

誤解させないように気をつけよう。

 

 

 

ベトナム語の悪口は?ベトナム語のスラング。注意するべき言葉とは

 

韓国語と同じようにベトナム語にも

使い方に注意が必要な危険な

スラングや悪口はたくさんある。

 

間違って他人を傷つけたりしないよう、

ベトナム語の汚い言葉や

スラングを紹介していく。

 

 

・Địt (ディット)

 

韓国語の씨발(シバル)にあたる単語。

 

これはかなり強いスラングだ。

 

ベトナム北部にあたるハノイ地方では、

特に注意すべき単語なので、

現地の人も使わない。

 

 

英語の「Fワード」と似た意味で、

日本語では喧嘩した時に出る

「くそ!」のような意味。

 

ただし、中部や南部の人たちは

単なる「おなら」の意味で

使用することもある。

 

 

・Mẹ kiếp(ミェ キエップ)

 

日本語で「ふざけるな」という意味。

 

怒っているときに使うが、

あまり印象が良くないので

使うのは避けよう。

 

 

・Đồ ngu (ドー グゥ)

 

日本語の「馬鹿」という意味。

 

抜けていると言うニュアンスで

使うことはあまりなく、マフィアなど

暴力団が使う悪い言葉。

 

 

・Câm mồm(カム モム)/ Im mồm(イム モム)

 

「黙れ」という意味。

 

とても怒っているときや、

喧嘩するときしか使わない単語だ。

 

 

ベトナム語のスラングについて紹介してきた。

 

中には同じ言葉でも

使う場面によって意味が

全く異なるものもある。

 

正しい意味や使い方をマスターして、

トラブルにならないように気をつけよう。

 

 

 

まとめ。韓国語のシバについて

 

ベトナム語や韓国語のスラング、

悪口について紹介してきた。

 

 

ここで紹介した言葉は

絶対に現地で話してはいけない。

 

だが、文化を学ぶ上でも

これらの言葉を知っておくと

役に立つだろう。

 

 

韓国語を綺麗に話す山西。

自分と同じくムカデが大嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授