ブルースリーの身長、筋肉…ブルースリーの師匠や死因を知る。ブルースリーの名言も英語で紹介


 

ブルースリーの身長は172cm

意外にも、僕より小柄でした。

 

 

海外の面白話、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンやアメリカなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

カンフー映画で有名な

アクション俳優であるブルースリー。

 

その生涯は意外にも32年という短さでした。

 

 

しかし、今でも有名なその生涯や

謎に包まれた最後はどのようなものだったのか、

ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

ブルースリーの国籍、身長、筋トレの方法や強さの秘訣。ブルースリーの名言も紹介

 

ブルースリーは、中国武術家であると同時に

俳優、脚本家、映画プロデューサーとして、

映画界でも広く活躍をしていたハリウッドスターです。

 

 

1971年の香港映画の

「ドラゴン危機一髪」で初主演を収め、

香港の一躍有名俳優として名を馳せます。

 

その後1973年に公開された

「燃えよドラゴン」が世界で大ヒット映画となり、

世界的なアクションスターとなります。

 

 

しかし同年の初夏、

32歳という若さで

生涯を閉じてしまいました。

 

 

ブルースリーは1940年11月27日生まれ。

 

アメリカ合衆国サンフランシスコの中華街にある、

チャイニーズ・ホスピタルで中国人役者の父親と

コーカソイド中国人ハーフの母親の間に生まれました。

 

 

ブルースリーの国籍は意外にも

生まれのアメリカ合衆国にあります。

 

 

生まれた時は中華民国国籍で、

アメリカ合衆国で生まれて間もなく香港にわたり、

英国香港総督府の渡航証明書を所持しておりました。

 

しかし、アメリカ合衆国で生まれたため、

18歳の時点で在米であればアメリカ国籍が取得できることを活用し、

18歳で渡米後アメリカ国籍となりました。

 

 

映画でも印象的なブルースリーのシーンとして、

アジア人ながら、白人の大男を

次々となぎ倒す姿が有名です。

 

 

そんなブルースリーの身長は

172㎝ほどだったと言われています。

 

決して大柄な体格ではないブルースリーが

次々と大柄な敵をなぎ倒す姿は、世界中の

多くのファンから反響と羨望を浴びました。

 

 

では、ブルースリーの強さの秘密とは

一体どこにあるのでしょうか?

 

 

元々父親が俳優ということもあり、

裕福な家庭に育ったブルースリーでしたが、

不良息子と呼ばれるまで素行が悪かったと言います。

 

当時、ケンカに勝つために強くなりたいという理由から

詠春拳道場の師、イップ・マン氏の弟子となり武術を学びます。

 

 

その後、渡米を果たした後も

自らジークンドーの流派を立ち上げ、

さらには自分の武術に磨きをかけていきました。

 

 

ブルースリーの筋トレとして有名な話が

毎日パンチを5,000回、キックを2,000回、

練習していたと言います。

 

その圧倒的な練習量もさることながら、

体脂肪率はかなり低く、自分の身体と格闘スタイルに

合った筋肉を最大限に身に着けていたといいます。

 

 

ブルースリーの強さの秘密は見た目以上の筋肉量と、

その体を日々鍛える練習量にあったと言えるでしょう。

 

 

ブルースリーの名言として

下記のような言葉があります。

 

 

「日々何かを増やすのではなく、

日々何かを減らすのだ。

重要でないものを切り落とせ」

 

 

このような言葉を残したストイックさも

ブルースリーの強さの秘訣だったのかもしれません。

 

 

 

ブルースリーはなぜ死んだ?死因は暗殺?ブルースリーの息子の死因とともに真相を知る

 

前項ではブルースリーの生涯や

その強さについてご紹介してきました。

 

そんな強さを持ったブルースリーはなぜ死んだか、

ブルースリーの最後についても

ご紹介していきたいと思います。

 

 

ブルースリーの最後は、俳優として

共演予定の女優の部屋で突然体調不良を訴えた後、

鎮痛剤を服用後に昏睡状態となり帰らぬ人となりました。

 

 

公式には、ブルースリーの遺体には外傷がなく、

解剖の結果、死因は重度の脳浮腫とされています。

 

その後の法廷での検視結果で、

死に至る疾患は見られなかったため、鎮痛薬の服用で

アレルギー症状による事故死も考慮されました。

 

 

また、兄の証言からはブルースリーには

大麻を吸う習慣があったことも

明かされています。

 

 

ブルー スリーの死因に関しては

未だ様々な憶測や審議がなされています。

 

 

また、ブルースリーの息子の

死因も謎に包まれています。

 

 

ブルースリーの息子の名前は

ブランドン・リーと言います。

 

ブランドン・リーは

父親のブルースリーから武術を学びながら

香港で暮らしていました。

 

 

しかし、ブルースリーの死がきっかけとなり、

渡米した後はハリウッド俳優を

目指すようになります。

 

 

父親と同じようにカンフー映画の俳優として生計を立てる中、

映画用の空砲を受けるシーンで、なぜか模擬弾が入っており、

それが腹部に命中して帰らぬ人となってしまいました。

 

 

父親と息子の度重なる不可解な死に対して、

ブルースリーは暗殺されたのではないか、

などという憶測や陰謀説を疑う人も未だに多くいると言います。

 

 

 

まとめ。ブルースリーについて

 

今回は人気アクションスターの

ブルースリーについてご紹介してきました。

 

 

ブルースリーの生涯、

強さの秘密や名言から

謎に包まれた最後まで。

 

現代にはないアクション俳優だったことが

お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

 

燃えよドラゴンで燃えまくっていた浩二郎。

自分と同じく、フェミニスト(笑)。

 

 

 

最後に、

いつまでもアクティブでいたいあなたへ。

 

コンサルで、中途半端な状態から抜け出して生活を変えませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授