子供に話しかけられるスピリチュアル!子供を授からない、性別、欲しくない、出来ない、子供のいない人生


 

子供に話しかけられるスピリチュアルな理由は、

「もっと仕事以外の大切なことにも目を向けましょう」

というサインです。

 

 

スピリチュアルをあなたの幸せに活かすなら、

以下の無料情報を請求してください。

 

 

 

子供に話しかけられることが多い人は、

スピリチュアル的にどのような意味が

あるのでしょうか。

 

 

子供が欲しくない、

出来ない人もいるでしょう。

 

 

ここでは子供たちが抱えている

スピリチュアル的な感性を見てみましょう。

 

 

 

子供に話しかけられるスピリチュアル!子供のいない人でも子供が嫌いでも子供が寄ってくる

 

なぜかいつも子供に

好かれるという人が時々います。

 

子供に話しかけられる人は、

スピリチュアル的に

さまざまな特徴があります。

 

 

それはたとえば、

愛情深い人であったり、

世話好きな人などです。

 

 

そのようなエネルギーを持つ人たちは、

前世で深い愛情を受けて育ったり、

厚い世話を受けて育ったりした人たちです。

 

そういった前世の記憶を持っているから、

子供に深い愛情を抱くことができるのです。

 

 

子供たちは自力で

生きていくことができないため、

大人の力を必要とします。

 

そのため、子供たちは

愛情深い人や世話好きな人を

見分けることができます。

 

 

なぜなら子供たちは、大人が

感じることのできないスピリチュアル的な

力を感じられるからです。

 

それはオーラのような

ものであったりします。

 

 

オーラの出ている人は

子供に話しかけられるため、スピリチュアル的に

特別なエネルギーを持っていると言えます。

 

子供が寄ってくる人は、

スピリチュアル的に愛情深さや

エネルギーがにじみ出ている人たちなのです。

 

 

スピリチュアル的には、

子供のいない人でも

子供に好かれやすい人がいます。

 

一方で、子供が嫌いだという人も

世の中には少なからずいます。

 

 

子供が嫌いな人はスピリチュアル的に

どんな意味はあるのでしょうか。

 

 

子供が嫌いな人は

前世で大人になったことがなくて、

子供との接し方を知らないという人がいます。

 

どう接したら良いのか分からないので、

子供が苦手なことが

態度になって表れてしまいます。

 

 

前世で親から十分な愛情を

受けられなかった前世の記憶が残っていて、

子供に対して嫉妬のような感情を抱きます。

 

それゆえ子供に愛情を注ぐことができず、

子供が嫌いという態度となって表れます。

 

 

このように子供嫌いな人は

スピリチュアル的に見ると

前世の記憶が大きく関連しています。

 

子供が寄ってくる人は、

スピリチュアル的に

特別なエネルギーを持った人たちなのです。

 

 

 

子供に話しかけられるスピリチュアル!子供の友達の関係でいじめや男の子の反抗期でも子供が集まる家づくり

 

子供が非行に走ることも、

実はスピリチュアルと関係があります。

 

 

夜遅くまで外で遊び歩き、

非行に走る子供は、

前世からの記憶を持っています。

 

前世で自分の意思を十分に示すことの

できなかった子が、現世でその意思のままに

行動することを望んでいる姿なのです。

 

 

家庭環境に恵まれない子は、

魂が望んでそのような環境を選んで

現世に降り立っています。

 

前世で恵まれた環境に育ったにもかかわらず、

自分の意思通りに生きることができずに生涯を終え、

その悔いを残したまま転生しています。

 

 

子供の非行は、そのような想いが

スピリチュアル的に表れたものだと言えます。

 

 

子供も1人の人格であり、魂を持っており、

親の気持ち通りに行動させることを

強制することはできません。

 

子供の非行は、スピリチュアル的には

前世の記憶を引き継ぎ、その想いを果たすための

意思表示なのだと言えます。

 

 

子供が男の子の場合、スピリチュアル的に

前世の悔いを残し、自分の意思どおりに行動したい

という気持ちを表している可能性があります。

 

 

子供の反抗期は、スピリチュアル的に

魂が意思表示をしているときだともいえます。

 

 

その一方で、

子供の友達関係に悩む親もいます。

 

特に、いじめを受けていないか、

クラスメートと仲良くできているかなどは

親の気にすることだと思います。

 

 

子供の友達関係は、

スピリチュアル的に見ると

他者に認められたい気持ちが関係しています。

 

 

子供に限らず大人でも無意識に

マウントを取る行動を取ってしまう人がいますが、

子供の場合はこれが顕著に表れます。

 

他者との差を認識し、

自分を認めさせたいという気持ちが行動に表れ、

それがエスカレートするといじめ行為につながります。

 

 

実はいじめる側といじめられる側は

双方がスピリチュアル的に

同じようなエネルギーを抱えています。

 

スピリチュアル的に、子供のいじめは

同じエネルギーを持った者同士の

ぶつかり合いなのです。

 

 

それは差別などの攻撃を受けないための

自己防衛手段でもあるのです。

 

いじめられていた子が

いじめっ子に変わるという例は

いくつもあります。

 

 

親に虐待されて育った子が、

自分の子供に虐待してしまうのも、

その一例です。

 

 

子供の友達関係で話題になるのが、

子供が集まりやすい家です。

 

子供が友達を連れてきたときには、

親も歓迎しなくてはならないので、

親にとっても1つのイベントです。

 

 

実は子供が集まる家は、

スピリチュアル的にも

いろいろな意味があるのです。

 

子供が集まりやすい家は、

一種のパワースポットであり、

エネルギーに満ちています。

 

 

子供たちはそれを五感で鋭く感じ取り、

自然とその家に集まるようになります。

 

なぜか長居をしたくなるような、

スピリチュアル的に癒される空間が

そこにあるのです。

 

 

 

まとめ。子供に話しかけられるスピリチュアルについて

 

子供に話しかけられることの多い人は、

スピリチュアル的に愛情の深さや

世話好きな気持ちを持っている人です。

 

 

子供が非行に走ることは、

スピリチュアル的に

前世の記憶が影響しています。

 

子供の意思を尊重し、

魂の求めを感じ取ってあげてください。

 

 

スピリチュアルな知識が役に立つと話す安吉。

自分と同じくお酒よりソフトクリームが大好物です(笑)。

 

 

最後に、

 

AIによる世の中の変化に負けそうなあなたへ。

 

スピリチュアルを本当に稼いでいる人から学んで

欲しいものリスト全部買えるくらい稼いでみませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授