フィリピンの駐在妻!コンドミニアム、子供や給料、ブログなど


 

フィリピンの駐在妻には、むしろシンガポールの註妻よりも

余計な人間関係に悩まされず、のびのび過ごしている人が多いです。

 

 

現地在住者によるフィリピン情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンで駐在する奥さんに向けて

お役立ち情報をお届けします。

 

 

・フィリピンに駐在するけど不安

 

・フィリピンのこどもの生活や給料について知りたい

 

・フィリピンのコンドミニアムについて知りたい

 

 

こういった疑問のあるあなたに

役立つ情報をお届けします。

 

 

 

フィリピンへ駐在に…駐在妻や子供、子連れはどうする?

 

フィリピン人は明るいと評判ですが、

駐在妻はどうしてもよそ者になるので、

周囲と溶け込むまで時間がかかります。

 

また、日本人は世界的にも勤勉ですので、

不真面目さにイライラすることもあります。

 

 

ただ、家族をとても大切にするので、

フィリピン駐在で子供を

連れていくのはよいです。

 

フィリピンに子連れで駐在しても

大丈夫かと心配することも

あるかと思います。

 

子どもには優しくしてくれるでしょう。

 

 

コンドミニアムですが、

日本よりも建物は耐震に

優れてはいません。

 

高級コンドと言われる、

いわゆる高級住宅でも

震度3の地震でヒビが入ります。

 

 

住宅はその前提で

行ったほうがいいでしょう。

 

 

また、排水管の臭いの対応も難しいようで、

どうしても生ごみのような

臭いがしてくるところが多いです。

 

 

フィリピン駐在妻というと、

友人がいなくて気が滅入ってくる人も

少なくありません。

 

そういうときは

ブログを始めることをお勧めします。

 

 

フィリピン駐在で自分が思っていることを

アウトプットすれば、気持ちの整理ができます。

 

インターネット上でブログを公開すると

世界が広がるので、気晴らしにもなります。

 

 

さらにお金が稼げると気分も上がりますので、

アフィリエイトなど勉強してもいいかもしれません。

 

 

 

フィリピンで駐在員。気になる給料や生活のこと、駐在妻や子連れではどうなる?

 

フィリピンの駐在員の給料は

どのくらいなのでしょうか?

 

 

だいたい海外勤務手当や住宅支給され、

月45万円前後もらえるのが相場です。

 

フィリピンでは1人月15万あれば生活できるので、

駐在員であれば生活に困ることはありません。

 

 

物価は日本の5分の1なので、

日本よりも余裕をもって生活できるでしょう。

 

さらにフィリピン駐在ブログなどで

アフィリエイトで稼げると

もっとお金に余裕ができます。

 

 

ただ、安全や衛生面などで考えると

日本が良すぎるので、

不安になることもあります。

 

 

フィリピンの駐在で主に困ることは

「病気」「人間関係」「価値観」「治安」

です。

 

 

日本人は時間にきっちりとしすぎているので、

フィリピン人と仕事のスピードが

合わない可能性があります。

 

 

言語がわからなくて、コミュニケーションが

取れないこともあるかもしれません。

 

生活に支障が出るほど困ってしまうと

日本に帰るしかなくなりますので、

事前に言語や習慣など勉強しておく必要があります。

 

 

フィリピンは英語が使えるので、

英語を習得しておけば問題ないです。

 

 

フィリピンの治安は日本ほどよくないので、

ひったくりなどに合わないように注意することや

夜中に出歩かないなど気を付ける必要はあります。

 

 

次に子どもについてですが、

フィリピン人は子どもに優しいので、

その点は安心していいです。

 

 

学校ですが、

フィリピンは公立の数が少ないので、

日本人は私立に入学する人が多いです。

 

一時的な滞在の子どもを対象にした

日本人学校もあります。

 

 

外国籍の子どもを対象にした

インターナショナル・スクールもあるので、

目的に応じて選びましょう。

 

フィリピンの駐在妻の友人を見つけて

参考にするのもいいです。

 

 

教育に関しても、フィリピンは

世界基準の教科書を使用しているので、

授業内容で心配する必要はないでしょう。

 

ただ、体育はプールの授業がないので、

泳ぐことに関しては親が教える必要があります。

 

 

また、「マナー教育」は

日本の方が徹底しているので

こちらも親が教えたほうがいいです。

 

 

フィリピンでは

「親を大事にする」「年配を敬う」ことを

大事にしているので、その教育が中心行われるでしょう。

 

 

教育も整っているので、

フィリピンへ子連れで駐在しても

心配ないです。

 

 

 

まとめ。フィリピンの駐在妻について

 

フィリピンでは

お金に困ることはないでしょう。

 

しかし、

その分衛生面や治安が気になったり、

孤独を感じるかもしれません。

 

 

自分の健康的な生活ためにお金をかけて、

快適なフィリピン生活を送りましょう。

 

 

 

フィリピンでのんびり南国生活を楽しむ好美。

自分と同じく白子が嫌いです(笑)。

 

 

 

最後に、

 

人見知りだけど講師業になりたいあなたへ。

 

コンサルに参加して

投資プランに新しいものを取り入れてリスク分散しませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授