フィリピンの大学!年齢、進学率、偏差値、費用(学費)の一覧…卒業しやすいランキング(留学の場合)


 

フィリピンの大学には、年齢制限がありません

実際、幅広い年齢層の人をキャンパスで見かけます。

 

 

現地在住者によるフィリピン情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンの大学へ進学するためには

年齢や学費、難易度などはどうでしょうか。

 

フィリピンにはMBAが取得できたり、

資格を取得できる大学、

大学院もたくさんあります。

 

 

フィリピンの大学事情を

詳しく解説していきます。

 

 

 

フィリピンの大学の年齢。フィリピンの大学院でmbaが取得可能なところは?人気や留学期間、入試レベル別お勧めランキング

 

MBAとは、経営学の修士課程のことです。

 

1881年にアメリカで設立された

ビジネス学校であるウォートン・スクールから

始まったといわれています。

 

 

MBAを取得するためMBAのプログラムがある

大学院に留学して学ぶことができます。

 

アメリカやイギリスなどへ留学することが人気ですが、

フィリピンの大学院へのmba留学も近年人気です。

 

 

人気の理由の1つは、学費が安いことです。

 

 

フィリピンの大学院の学費は、

アメリカやイギリスに比べると大学院にもよりますが

600~900万円も安いといわれています。

 

日本では慶應義塾大学大学院で

MBAプログラムを受けることができますが、

2年で約350万円の学費です。

 

 

フィリピンのデラサール大学大学院は

2年間で学費約72万円です。

 

デラサール大学はフィリピンの中でも

比較的お金に余裕がある人が

行くところで有名な私立大学です。

 

 

学費はフィリピンのMBA取得可能な

大学院の中でも学費は高い方でしょう。

 

しかしそれでも他国と比べると

圧倒的に学費が安いのです。

 

 

また、日本から比較的近いことや

年齢制限がないことも人気の理由でしょう。

 

 

フィリピンのMBAプログラムがある大学院で

人気がある大学院は、デラサール大学、フィリピン大学、

アテネオ・デ・マニラ大学などがあります。

 

 

フィリピンの大学院のレベルは、

例えば国立のフィリピン大学は日本であると

広島大学や一橋大学あたりが同レベルです。

 

フィリピンの中では日本の

東京大学のような扱いです。

 

 

基本的なフィリピンのMBA取得までの

大学院に通う期間は2年で、

最短では1年で卒業できる人もいます。

 

 

デラサール大学大学院に実際に通う人のブログを

参考にすると、フィリピンのデラサール大学の入試は

朝7時30分開始で12時終了です。

 

 

問題の内容は、

中学生レベルの数学40問、英語45問、

経営に関する記述問題2問です。

 

 

数学は中学生レベルですが、

問題文はもちろん日本語ではなく

英語で書かれています。

 

英語で問題を読むことができるかが

重要となります。

 

 

 

フィリピンの大学の偏差値や費用(学費)は?留学におすすめの大学や入学方法、学生ビザの取得方法

 

フィリピンの大学数は日本の大学数より多く、

アジアの中では教育水準が高い大学が

多いといわれています。

 

 

イギリスの教育情報誌では

毎年世界の大学ランキングを発表しています。

 

2020年のランキングにフィリピン大学、

アテネオ・デ・マニラ大学、デラサール大学、サントマス大学、

サンカルロス大学、マプア大学などがランクインしています。

 

 

・英語を日常的に使って学びたい

 

・単位を多く取得して早く卒業したい(最短3年で卒業が可能)

 

・大学の学費を安くしたい

 

 

そんな人はぜひフィリピンへの

大学進学をおすすめします。

 

 

フィリピンの大学への入り方は、

自分で大学へ願書を提出するか、

留学エージェントを通して出願する方法があります。

 

 

フィリピンの大学に通うためには

学生ビザを取得する必要があります。

 

フィリピンに30日有効の観光ビザで

とりあえず入国してから、

大学で学生ビザを申請すると問題ありません。

 

 

フィリピン留学おすすめ大学は、留学生が多く、

学部がたくさんあるフィリピン大学ディリマン校、

マニラにある名門私立のデラサール大学などがあります。

 

 

 

フィリピンの国立大学で医療系(医歯薬獣医看護)で留学可能な大学の一覧…学費や難易度など

 

フィリピン大学マニラ校は国立で

医療系分野を学ぶための大学です。

 

大学病院も併設されていて、

医療系の大学としてはフィリピンの中でも

トップクラスといわれています。

 

 

フィリピン大学マニラ校の学費の具体的な金額は、

年間8~10万円、大学院は年間2~7万円と安く、

留学生も受け入れているので留学しやすい大学でしょう。

 

 

また、フィリピン大学ロスバニョス校には獣医学部があり、

2019年度から九州保健福祉大学薬学部動物生命薬科学科と

協定を結んだため編入留学ができるようになっています。

 

 

フィリピンで看護師を目指すための大学は、

FAAP最高教育機関認定を受けた名門大学である

シリマン大学がおすすめです。

 

 

下記はフィリピンの医療系に強い大学リストです。

 

 

・フィリピン大学マニラ校

 

・フィリピン大学ロスバニョス校

 

・ホーリースピリットカレッジ(看護学部)

 

・セントロエスカラー大学(医学部、歯学部)

 

・東方大学(医学部、歯学部)

 

 

フィリピンの大学入学の難易度は、

大学ごとに独自の試験を行うため

大学によります。

 

英語力の診断テストだけを

試験としている大学を選ぶと

難易度は高くはないでしょう。

 

 

人気がありトップクラスの大学への入学は競争率も高く、

英語での試験となるため日本の大学と比べると

難易度はぐんと上がるでしょう。

 

試験も英語で全て読み書きすることを考えると

難易度は高いと思っていた方がいいでしょう。

 

 

 

まとめ。フィリピンの大学の年齢について

 

フィリピンには日本よりも多く

大学があることがわかりました。

 

フィリピンと日本の大学で

協定を結んでいるところもあり、

編入留学もしやすい環境は増えつつあります。

 

 

フィリピンへの大学進学が人気がある理由は、

なんといっても学費の安さでしょう。

 

他国と比べると圧倒的に安く

大学へ通うことができることは

とても魅力的です。

 

 

日本で大学進学の時にネックになる

原因の1つは学費があります。

 

自分の友人には下宿をして通う人が多く、

学費以外にもたくさんお金がかかる人の親は

実に大変だっただろうと思います。

 

 

フィリピンの大学の入学試験は

日本のようなセンター試験はなく、

大学ごとに試験内容が異なります。

 

英語能力はある程度必要になりますが、

学費を安くできるので、大学進学を考えていて英語力に

自信がある人はフィリピンの大学進学もおすすめです。

 

 

フィリピン大学で楽しい学生生活を送っていたメラニー。
自分と同じく、太りやすい体質に悩んでいます(笑)。

 

 

 

最後に、

 

ワクワクが止まらない毎日にしたいあなたへ。

 

コンサルで前向きな気持ちを取り戻しませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授