フィリピンの置屋!カンボジア、マニラ、ラオカイ、ヤンゴン、アンヘレスなどの海外の置屋、風俗について移住者が紹介


 

フィリピンの置屋は、

とても格安な値段で遊ぶことができて

魅力的な風俗遊びができる場所だ。

 

ただ、フィリピンの置屋などの格安なところでは

衛生面の検査が期待できないので、

コンドームの着用は必須

 

 

ブログを手段にしてフィリピンに移住

夜遊びを気兼ねなく楽しむ具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンを始め、海外の置屋を紹介しよう。

 

 

 

海外の置屋。カンボジア、マニラ、ラオカイ、ヤンゴン、アンヘレス、釜山、セブ、ラオス、クラルンプール

 

日本と同じく置屋は海外にもあるが、

アジアなどの海外では置屋は

売春宿と判断して間違いない。

 

そこで、海外の有名な置屋を

要注意ポイントも含めて

ピックアップしてみることにした。

 

 

カンボジアの置屋は、

プノンペンがもっとも有名である。

 

 

白人が経営する買春バーを

利用することが無難だと言える。

 

治安が良くないので、窃盗など

気が緩まないように注意が必要だ。

 

 

また、置屋の摘発も

増えてきていると聞くので、

心しておきたい。

 

 

フィリピンマニラの置屋は、

住宅街にあることが多い。

 

マニラ置屋街とでも呼ぶべきか。

 

 

住宅街にある上に、呼び鈴を鳴らして

入ることになるので、周辺の客引きに

案内してもらうことになる。

 

主要な駅から遠いことが多く、

タクシーの移動を想定すべきである。

 

 

ベトナムのラオカイの置屋は、

激安であることがいちばんの特徴だ。

 

値段と質のバランスの問題だと考えてよいし、

ラオカイはアクセスが不便な場所

であることも考慮すべきである。

 

 

中国の国境が近く、

中国側へ行く場合は、

再入国可能なビザが必要だ。

 

ベトナムは、一度出国すると

再入国には条件があるのだ。

 

 

ミャンマーヤンゴンの置屋は、

完全に住宅街に置屋があり、

一目しただけでは間違いなく分からない。

 

慣れるまでは客引きを

頼った方が無難だといえる。

 

 

注意したいのは、例にもれず、

外国人価格とも思える金額を吹っかけてくるので、

ある程度の交渉は必要である。

 

 

置屋よりはバーを

利用する方が無難である。

 

置屋は魅力的な価格だが、

サービスも比例することは当然で

初心者には難易度が高いのだ。

 

 

韓国は釜山の置屋が有名だ。

 

ワノルドン(玩月洞)は置屋街で有名で、

日本からは船で海を渡るだけで行ける

身近な隣国であることがポイントが高いのだ。

 

 

中には日本語が通じることもあるので、

置屋に行く選択肢とはトップに入る。

 

 

フィリピンのセブにも置屋がある。

 

マクタン島のマリゴンドン地区に置屋があり、

それ以外にはセブ島には

置屋はないので注意すること。

 

 

マニラやほかのフィリピンの

置屋と大きな違いはなく、

システムも料金も同じように考えて問題ない。

 

 

ラオスの置屋は、今いちばんの

注目株と言って問題ない。

 

タイの隣国であるラオスの首都ビエンチャンは

中心部に置屋が集中していて、

コストパフォーマンスもよく優良店がたくさん存在する。

 

 

ラオスには食堂置屋や

ホテル置屋というものもあるので、

試す価値は大きい。

 

 

マレーシアの

クアラルンプールにある置屋は、

クセが強いので人を選ぶと思う。

 

 

チャイナタウンに置屋が集中しているが、

いかにも置屋な雰囲気が放たれていて、

部屋も狭く衛生状態も怪しい。

 

値段は破格の安値で、

サービスも内容は価格なりである。

 

 

 

フィリピンの置屋や風俗について紹介

 

フィリピンの置屋や風俗事情は、

大きくマニラ、アンヘレス、セブの

3つの都市に集約される。

 

 

マニラではたくさんのジャンルから遊ぶことができ、

ゴーゴーバーやKTVと呼ばれる

キャバクラがおすすめだ。

 

 

アンヘレスも米軍のクラーク空軍基地が

近くにあった関係か、関連産業が発達しており

ゴーゴーバーが有名である。

 

 

セブにもゴーゴーバーがあるので、

手軽に遊ぶことができる。

 

しかし、置屋はセブ島ではなく

マクタン島にしかないので要注意だ。

 

 

フィリピンはゴーゴーバーが

中心と言えるくらいに、

質も量もたくさんである。

 

フィリピンの置屋は安価なことが魅力的だが、

安かろう悪かろうという側面も持っており、

慣れてない人にはおすすめできないのが本音だ。

 

 

ゴーゴーバーのように、ある程度の質が

担保されていないのがフィリピン置屋であり、

性病などのリスクが計り知れないレベルで潜んでいるのである。

 

 

 

まとめ。フィリピンの置屋について

 

海外の観光地や各都市には、

置屋をはじめとした、

夜遊びスポットがたくさんある。

 

 

それぞれの国のお国柄や、

意外な国民性を

見ることができて楽しい。

 

ただ夜遊びを楽しむだけだと

もったいないくらいである。

 

 

なにより、日本より格安で

夜遊びできると思うと、それだけで

魅力的であることは間違いない。

 

 

ただ、格安であるということは

リスクを含んでいる。

 

値段と安全とサービスは

比例すると考えておくべきである。

 

 

安さに比例して性病のリスクも

格段に跳ね上がるので、

コンドームの着用は必須である。

 

でなければ、将来的に

長く苦しむことになるからだ。

 

 

また、治安の面も無視できない。

 

 

夜に出歩くことは、昼間よりも

スリや窃盗やを含めた犯罪に

巻き込まれる可能性も高くなる。

 

用心が必要なのは言うまでもない。

 

 

フィリピンの置屋にハマった浩一郎。

自分と同じく満員電車が耐えられない男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授