ラオスの風俗!ラオス夜遊び、ビエンチャンの夜遊び(ラオス風俗)…東南アジアの置屋、ラオンダオホテルとヴィエンチャンの夜遊び


 

ラオスは

実は風俗、夜遊びの穴場

 

ベトナムが好きなら、

ビエンチャンを訪れてほしい。

 

 

長期滞在者によるラオスの夜遊び情報、

アダルトな出会い

 

ブログを手段にして現地に住む具体的なアイデアは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

 

ラオスの夜遊びは、

東南アジアの中でもマイナーな

順位ではないかと思う。

 

 

だが、ラオスを訪れて

みることをおすすめしたい。

 

ラオスで夜遊びをすれば、

間違いなく魅力に気付くはずなのだ。

 

 

 

ラオスの風俗。ラオス夜遊び、ビエンチャンなどの東南アジアの夜遊びを紹介!風俗について

 

「東南アジアで夜遊び!」

 

 

そう思うものの、東南アジアの

夜遊びスポットに詳しくなかったり、

どこがいいのか迷う人もいるだろう。

 

そこで、ラオスの夜遊びスポットとして

ビエンチャンの夜遊びスポットを紹介する。

 

 

ラオス夜遊びがもっとも

有名ではないかと思う。

 

というのも、近年は東南アジアの国の中でも

ラオスの夜遊びがクオリティが

高いので定番になる勢いなのだ。

 

 

そんなラオス夜遊びの聖地は

ビエンチャンの夜遊びスポットだ。

 

 

観光としてみれば、近隣のタイやベトナム、

カンボジアと比べてマイナーな印象はぬぐえない。

 

夜遊びスポットも他のアジアの

国と比較すると、少ないのは事実だ。

 

 

しかし、だからこそおすすめであるのだ。

 

 

一番の理由は、町全体が

とても落ち着いた雰囲気で、

治安も良いのは間違いない。

 

首都のビエンチャンの夜遊びの質は高く、

行って後悔するどころか、

虜になるくらいである。

 

 

また、新たな冒険がしたい、開拓がしたいときは

ビエンチャン以外の置屋もなんとも言えない

アドベンチャーが待っている。

 

 

ルアンパバーンの置屋も

攻略する価値は大である。

 

アドベンチャーは人に

よりけりかもしれないが。

 

 

そんな、ラオスの旅だからこそ、

東南アジアの夜遊びの選択肢から

外すことはありえないのだ。

 

 

 

東南アジアのラオス…ルアンパバーン、ラオンダオの置屋。ラオンダオホテルは?

 

では、ラオスの置屋事情は

どのようなものか、

簡単にまとめてみる。

 

 

ラオスの置屋は、

ホテル置屋や食堂置屋というものがあり、

文字通りの意味である。

 

 

ホテル置屋というのは、

ホテルの一室で

連れ帰るような流れになる。

 

 

食堂置屋というのは、文字通り、

ご飯を食べながら女の子を

選ぶこともできる。

 

その後は、

食堂の奥に通されるか

連れて帰るかの2択だ。

 

 

ビエンチャンには、

ラオンダオホテルというホテルがあり、

このホテルがホテル置屋になっている。

 

このホテルの正面に置屋があり、

そのままいろいろと

チョイスできるのである。

 

 

ショートも可能、ロングも可能。

 

覗いてみて、ビビビとこなければ、

周辺のレストランなどで食事をしながら

どうするか考えることもできる。

 

 

そういう面でもラオンダオは

一度夜遊びをしてみる価値は大きい。

 

 

プラスαの余談だが、ラオスの特徴なのか、

料理の味付けもスパイシーというよりは

マイルドな傾向がある。

 

食の面でも日本人に合いやすいことは

間違いなくあると言えるだろう。

 

 

世界遺産の街ルアンパバーンにも置屋があり、

摩訶不思議アドベンチャーな世界を

堪能することができる。

 

なによりの魅力は、

破格の安値であることだろう。

 

 

東南アジア通ならお気づきだと思うが、

サービスがとんでもなくクセが強い。

 

とにかく、よく分からない小屋で、

ティッシュや水やゴムもなく、

そのまま超短期決戦を迫られる。

 

 

それはそれで、たまらない人にはたまらない。

 

 

そんなルアンパバーンの置屋事情なので

人は選ぶだろうが、このビエンチャンの

格差も含めて遊ぶ価値はあるだろう。

 

そうでなければラオスの夜遊びは語れないのだ。

 

 

 

ラオス風俗まとめ。ヴィエンチャンなどラオスの夜遊びについて

 

ラオスは他のアジアの夜遊び事情からは

少し取り残されている印象が広がっている。

 

だが、だからこそ価値があり

一部で評価されている流れは

今後も加速していくと考えている。

 

 

食事などは物価的に特段安く

感じる場面は少ないと思われるが、

酒と女は間違いなく破格である。

 

 

料理もアジアンテイストだが、

スパイスがキツイこともなく全体的にマイルドで、

日本人には親しみやすい味でおすすめである。

 

 

マグロ率も高いので、その点も特徴的だ。

 

クロマグロが食べられるわけではなく、

そのあたりは推して図るべし、である。

 

 

とは言っても、やはり

メシ、酒、女の酒池肉林が

実現できるとなればポイントは高い。

 

ただ、コンドームは肌身離さず

持っておいた方が良いことも

付け加えておく。

 

 

ルアンパパーンで合流した坂下。

自分と同じく東南アジアのマッサージが大好き(笑)。

 

 

最後に、

 

AIによる世の中の変化に負けそうなあなたへ。

 

ノウハウを知り、忙しくて充実感のある毎日を送りませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授