外人の嫁は老けるのが早い?外国人の妻、奥さんの劣化に後悔…白人ならどう?


 

外国人嫁が欲しいという日本人男性は多いが、

相手の言語は基本だけでもマスターしておきたい。

 

相手が日本語を分かっても、

深い部分は理解できていなかったりするので。

 

 

外人の嫁を見つけるコツ、

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

 

 

外国人嫁は老けるのが早いといわれているが、

とくに白人の嫁に老けるのが早い傾向があり、

白人でもロシア系の場合はさらに特徴がみられるのである。

 

 

 

外国人、白人の嫁は老けるのが早い?外国人の奥さんってどうなの?

 

白人は老けるの早いとわれていて、

外国人嫁は若いときは美人だが

劣化が早いとまでいう人もいるくらいである。

 

 

外人嫁のなかで特に白人嫁の老けかたが早いのは有名で、

自分のまわりでもそのように感じる傾向は否めない。

 

だが、嫁が外国人であることが少数派であり、

なんとも断言できないのが本音だ。

 

 

外人の嫁をもらう人の半数は、美人だとかキレイだとかの

ステータスも含めて考えている人が大半だと思われるし、

白人を嫁にもらうということはかなり上位のステータスだ。

 

嫁が外国人ということは、ステータス相応の苦労や悩みも

ついて回ることは否定できず、外国人の嫁という嫁の国の規範や

礼節を基準にすることだろう。

 

日本人の嫁の日本の基準というわけには

いかないのである。

 

 

外人の嫁は、周囲からはなにかと注目を集める結果に

なりやすいが、旦那は旦那で、外国人の奥さんは

奥さんなりの悩みや苦労があるのだ。

 

 

白人は老けるのが早いといわれる風潮も

有名であるということは、外国人の嫁という立場ゆえに耳に入りやすく、

苦労や悩みのひとつであることは間違いないのである。

 

 

人とは違うということに、ステータスをおいているならば、

自らハードルを上げてしまう側面もあると考えられる。

 

そのようなプレッシャーの対応も、

外国人の嫁をもらうということの、

もれなくついてくる問題であるのだ。

 

 

ステータスを気にすることなく、

国際結婚で外国人の嫁をもらったのであれば、

精神的な面が優先されると考えられる。

 

嫁が老ける、白人だから老けるのが早い、

ということは大きな問題でもなく、

とくに気にしないのと考えられるのである。

 

 

 

妻が外国人。嫁の劣化に後悔?老けるのが早いって本当?

 

妻が外国人という人の中で、

嫁の劣化で後悔している人は多いが、

その傾向は白人の妻をもらった人に多いのが通説だ。

 

妻が外国人ということ自体が国際結婚で少数派であることは否めないが、

奥さんが外国人と一括りにせずに見た場合は、

白人の外人の妻をもらっている人の割合は多いのが現実である。

 

 

妻が外人といえども、出身の国はそれぞれであり、

妻と外人を少し掘り下げていくと、

それぞれの事情がみえてくるのである。

 

 

そのなかで、とくに有名な説は、

ロシアの嫁は劣化が酷い、という話ではないかと考えられるが、

老けるのが早いだけではないのだ。

 

とくに話で有名なのは、

ロシア人嫁は若いときは美人だが、

年齢を取るにつれて太る、という話だ。

 

 

同じように、白人の民族なので老けるのが早いのは共通だが、

どうもロシア人妻の太り方が比較して目につく、ということだ。

 

老けるのが早いのは、白人が彫りが深い顔立ちを

している影響もあると考えられ、結果、しわが目立つことで

老けることが強調されるということである。

 

 

外国人嫁をステータスとして考える場合、

年を重ねるごとに劣化する側面は否定できないが、

人間は加齢には勝てない。

 

避けることのできない命題だということができるのだ。

 

 

 

まとめ。外国人嫁について

 

外国人の嫁をもらうと、

劣化が早いという話はよく聞く話だ。

 

とくに白人系の嫁の場合は彫りの深い顔立ちも手伝ってか、

加齢にあわせてしわが増えると目立つこともあり、

老けるのが早いといわれているのである。

 

 

白人の嫁を貰う人の大半はステータスとしての側面もあり、

加齢と劣化が結びつくと考えられるのだが、

加齢と劣化という意味では、旦那もお互いさまなのだ。

 

若いころの美人という基準で、白人の嫁をもらった場合は、

加齢にあわせた劣化は受け入れなければならないのだ。

 

 

同じ白人の嫁でも、

欧米と違いロシアの嫁の場合は、

また条件が変わってくるのである。

 

ロシアの嫁の場合は、年をとると肥満が進む傾向が強く、

若い頃はモデル体形でも中年にさしかかるとかなり

肥満体になっているということが一般に言われているのだ。

 

 

ロシアは寒い国であり、年中が冬のような国であり、

そのような国に暮らす遺伝子で、寒さや冬を越すことに特化しており、

カロリーの消費より備蓄に向かいやすい体質であると考えられるのである。

 

これは、日本とは違う国であるからこその宿命であり、

外国人嫁をもらうということの現実なのである。

 

 

外人のお嫁さんが欲しいと話す黒木。

自分と同じく、ガチャピンが大好き(笑)。

 

 

 

最後に、

適応力が不足していると感じるあなたへ。

 

成功した投資家の仲間入りをして遊び心を忘れない大人になりませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授