インスタントジョンソンのじゃいが競馬で払った税金とは?いくら?ばれる?裁判?


 

インスタントジョンソンのじゃいと競馬の税金。

課税対象は2,200万円ほどになります。

 

競馬で毎月勝てるノウハウを知りたいなら

以下の無料情報を請求してください。

 

 

今回は競馬で高額当選をしたことで有名な

芸人のインスタントジョンソンのじゃいさんの

高額当選を例とした税金について紹介します。

 

 

これから競馬を楽しみたい方の

当選金にかかる税金についてお話していきます。

 

 

 

インスタントジョンソンンのじゃいが競馬で大当たりの時の税金とは?払い方や計算の方法など

 

競馬で高額当選を果たした芸能人として有名なのが

インスタントジョンソンのじゃいさんです。

 

インスタントジョンソンのじゃいさんは、

2014年のWIN5で4,432万円の馬券を

的中させています。

 

 

そこで気になるのは競馬で大当たりした時の

税金の支払い方法。

 

 

競馬で得た利益は一時所得扱いとなります。

 

一時所得の税金は年間50万円までは控除されますが、

それ以上の利益を得た場合は競馬で得た収益にも

税金がかかります。

 

 

競馬の税金の払い方には、

確定申告が必要となります。

 

年間50万円以上の一時所得は競馬だけではなく、

その他のギャンブルでの利益や

宝くじの賞金も含まれるので注意が必要です。

 

 

では、インスタントジョンソンのじゃいの

競馬での税金はいくらだったのでしょうか?

 

競馬の税金の計算は

(総収入金額―収入を得るために要した費用―控除50万円)×二分の一

で課税対象を算出することができます。

 

 

この計算で算出した金額を

他の給与などの所得と合算し、

所得税や住民税へ課税することになっています。

 

 

また、収入を得るために要した費用は、

購入した馬券の中でも的中した馬券のみしか

控除することができません。

 

 

じゃいさんのこの時の競馬の

総収入金額は約4400万円、

掛け金は約63,000円とします。

 

単純計算で競馬で得た収益のみで考えると、

ほぼ半分の約2,200万円が課税対象となります。

 

 

特別控除の50万円を大幅に超える高額当選をすると、

特別控除の恩恵も薄れて収益のほぼ二分の一が

課税対象としてかかってくると言えるでしょう。

 

 

競馬の税金の払い方は最高の税率が適用されると、

ほぼ収益の半分が翌年の税金に課税されます。

 

高額当選をしても、

すぐに全て使ってしまうのではなく、

翌年の税金の課税に備えるように注意しましょう。

 

 

 

競馬の税金はいつ払う?バレる?競馬で大当たりの時の税金…税金で赤字?税金を払う期間は?

 

では、ここからは競馬の税金を

脱税するとバレるのか。

 

どうやって払うのかを

紹介していきます。

 

 

競馬の税金を払わないとバレるのか?

 

 

この問題に関しては

 

 

・競馬場での馬券の購入払戻だとバレにくい

 

・ネットで馬券を購入した場合は確実にバレる

 

 

ということが言えます。

 

 

競馬場で当選金を払い戻してもらった場合は、

払い戻してもらう前に身分証明書の提示などは

特に必要ありません。

 

申告をしなければバレない可能性はありますが、

確実にばれないという訳ではありません。

 

 

高額の払戻の窓口から出てくるときに知人と会ったり、

自分が喋った場合に知人から税部署に密告され、

調査されることでバレることがあります。

 

 

その他にもメディアに取り上げられた場合、

最近だとSNSなどでアップされた場合には、

ほぼ確実にバレます。

 

 

また、税務署から調査が入った時に問題があれば、

追徴課税というペナルティの税金が

発生する場合があります。

 

追徴課税は最悪の場合、利益の100%を

払わなければならないこともあるので

ご注意ください。

 

 

また、ネットで馬券を購入した場合は、

ネット内で購入履歴を管理されているため、

当選金もデータとして管理されています。

 

確定申告をしなかった場合は、

ほぼバレる可能性があるため、

申告を忘れないようにしましょう。

 

 

競馬の税金はいつまでに払うのかというと、

確定申告書の提出期限と同じ

3月15日が納付期限となっています。

 

税額が30万円以下の場合はコンビニ納付も可能ですが、

競馬で大当たりし、税金が30万円以上となる場合は、

税務署、金融機関に直接行って支払いとなります。

 

 

忘れないように納付するようにしましょう。

 

 

競馬の税金にも期間があります。

 

税務署から税金の請求がなければ時効となり、

納税義務が消滅する場合があります。

 

 

上記の通り、3月15日までに確定申告した場合は、

納税の義務が翌日から3年で消滅します。

 

上記の期限を過ぎて申告すると、

納税の義務が5年に延長されてしまいます。

 

 

また、脱税や虚偽の申請をすると

納税の義務が7年になるため、注意が必要です。

 

 

 

まとめ。インスタントジョンソンのじゃいについて

 

今回は競馬で高額当選をしたことで有名な

芸人のインスタントジョンソンのじゃいさんを例に

税金の計算や払い方についてご紹介しました。

 

 

競馬で高額当選した場合の税金について

知るきっかけになれば幸いです。

 

 

じゃいの競馬のやり方を学んでいる城西。

自分と同じく、下見なしの海外移住をした人です(笑)。

 

 

最後に、

 

今の目標があまりエキサイティングではないあなたへ。

 

未来を楽観的に観れる人を増やすギャンブラーになりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授