仮想通貨で未成年は親の同意なしでも大丈夫?2019年、2020年での税金や海外で口座を開設するには?


 

仮想通貨の投資は、未成年が同意なしでは

行えません。

 

 

あなたが本物の投資ノウハウを知りたいなら

以下をすぐに確認してください。

 

 

仮想通貨の取引を未成年が行いたい場合、

親の同意なしでもできるのでしょうか。

 

過去の未成年の仮想通貨取引は

どのように行われていたのでしょうか。

 

 

仮想通貨の利益にかかる税金や

海外での状況も含めて紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク

仮想通貨を未成年は親の同意なしでもできる?2019年と2020年に口座を開設した知恵袋の情報

 

仮想通貨の取引を未成年が行いたくても、

結論から言うと親の同意なしではできません。

 

 

まず仮想通貨の取引を行うためには

取引所に口座を開設する必要がありますが、

取引所ごとにルールが違っています。

 

 

多くの仮想通貨取引所では

未成年の口座開設自体を認めていませんが、

中には未成年でも口座が開設できる取引所があります。

 

ただし、その場合でも親の同意書が必要なので、

未成年が独断で口座を開設することはできません。

 

 

仮想通貨の取引を未成年が行いたい場合、

口座を開設するには親に十分に説明を行い、

同意を得る必要があるのです。

 

未成年が仮想通貨の取引を行いたいなら、

知恵袋を参考に情報を集めるとよいでしょう。

 

 

仮想通貨の取引を未成年が行うとして、

2019年の状況はどのようなもの

だったのでしょうか。

 

 

2019年当時から、取引所によっては

未成年でも仮想通貨の取引口座を

開設することが可能でした。

 

ただし、やはり親の同意書がなくては

口座を開設することはできませんでした。

 

 

2019年時点では

 

 

・BTCBOX

 

・フィスコ仮想通貨取引所

 

・Zaif

 

 

の3つの取引所で

未成年の口座開設が認められていました。

 

ですが、Zaifはのちに、

新規の口座開設を停止しています。

 

 

仮想通貨の取引を未成年が行いたい場合、

2020年の状況はどのようなもの

だったのでしょうか。

 

 

2020年には国内ではコインチェックと

ビットフライヤー、ビットバンクが

未成年の口座開設が認められていました。

 

また、海外の取引所に目を移すと、

世界最大手の仮想通貨取引所であるバイナンスが

未成年でも口座開設を認めています。

 

 

海外の取引所で口座を開設するなら

親の同意がなくてもできます。

 

ただし、日本円を直接入金できないことや、

日本語に対応していないことが多いので、

未成年にはおすすめできません。

 

 

未成年の仮想通貨取引に対しては

特に国内では状況が年々厳しくなっています。

 

仮想通貨の取引を未成年が行うことに対して、

法的な規制が強まる可能性があるからです。

 

 

 

仮想通貨を未成年は親の同意なしでも口座を登録できる?税金や海外の取引所の情報

 

仮想通貨の取引を未成年が行いたいなら、

取引所に口座を登録しなければなりません。

 

未成年が仮想通貨の取引をしたいのであれば、

取引所が未成年の口座開設を

認めているかどうかがポイントです。

 

 

国内では未成年の口座開設を認めている取引所は

非常に少なく、今後の法規制によっては

ますます減っていくことが予想されます。

 

 

では、仮想通貨の取引で

未成年が利益を得た場合、

税金はどうなるのでしょうか。

 

 

未成年が仮想通貨で利益を得ても、

利益が48万円以下ならば税金はかかりません。

 

ただし雑所得なので、利益は累進課税となり、

利益が多ければ多いほど税金が多く課せられます。

 

 

その額は未成年であっても成人と同じで、

最大で利益の55%もの税金が課せられます。

 

 

また、ここで言う税金には

所得税と住民税が関係してきますが、いずれも

1年間単位で課税される税金で、個人を対象とした税金です。

 

 

実は未成年であっても、

収入があれば所得税と住民税が課せられ、

確定申告を行う義務があります。

 

収入があった場合は

未成年でも成人と同じように

税金が課せられるので注意が必要です。

 

 

仮想通貨の取引を未成年が行うことについて、

海外の状況はどのようなものなのでしょうか。

 

 

海外の取引所に口座を開設する場合は、

親の同意書は必要ありません。

 

 

ただし日本円での入金はできません。

 

取引を開始するためには他人から仮想通貨を

融通してもらう必要があったり、外国語力の有無など、

ハードルはとても高いものになります。

 

 

未成年が仮想通貨の取引を行いたいなら、

取引所の信用性などから判断しても、親の同意を得て

国内の取引所に口座を開設することをおすすめします。

 

 

仮想通貨の取引を未成年が行いたい場合、

国内の取引所に口座を登録するには

親の同意書が必要です。

 

親に十分な説明をして認めてもらいましょう。

 

 

 

まとめ。仮想通貨を未成年がはじめるときは?

 

仮想通貨を未成年が取引する場合、

国内では親の同意を得て

口座を開設する必要があります。

 

 

海外の取引所に口座を開設するなら

未成年でも親の同意は不要です。

 

ただし、日本円で入金ができないなど

困難が多く、未成年にはおすすめできません。

 

 

仮想通貨の取引で利益を得た場合、

未成年でも成人と同じように税金がかかり、

確定申告も必要になるので注意しましょう。

 

 

ビットコインで大損した神山。

自分と同じく、洋版プレイボーイで育った人です(笑)。

 

 

最後に、

 

人見知りを克服できないあなたへ。

 

ノウハウを知り、イノセントな自分を守ってあげませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授