仮想通貨で1000万円に税金はかかる?マナとは?利益が出たときは?


 

仮想通貨で1000万円を得た場合の税金は

330万円です。

 

 

本物の仮想通貨ノウハウを知りたいなら

以下をすぐに確認してください。

 

 

仮想通貨の取引で1000万円の利益が出たら、

税金はかかるのでしょうか。

 

仮想通貨のマナによる取引で利益が出たら、

対応が必要でしょうか。

 

 

ここでは仮想通貨の取引で得た利益にかかる

税金についてご紹介します。

 

 

 

仮想通貨で1000万円に税金はかかる?マナとは…

 

仮想通貨のマナとは、MANAという略称で呼ばれ、

Decentralandというヴァーチャルリアリティ空間に

構築された世界の中で使用されている仮想通貨です。

 

 

Decentralandは、かつて話題になった

Second Lifeのような仮想現実の住人となり、

その中で物品や土地を所有・売買できるシステムです。

 

 

Second Lifeとの違いは、

Decentralandは分散型のサービスであるということ。

 

オープンソースで開発されているので、

その世界を体験するのに

登録も料金も必要ありません。

 

 

さらに、Decentralandは

ブロックチェーンの技術も応用されています。

 

そのため、仮想通貨で取引を行うことが可能で、

現実の世界に反映する利益を得ることもできます。

 

 

仮想通貨のマナは現在、

日本国内では取引されていません。

 

 

ここで、仮想通貨の取引で利益を得た場合に

請求される税金についての説明をします。

 

 

仮に、仮想通貨の取引で

1000万円をマナで得た人がいたとしましょう。

 

仮想通貨のマナで利益を1000万円得た場合、

税金はどうなるのでしょうか。

 

 

税法上は、仮想通貨の取引によって

得た利益は雑所得に分類されます。

 

 

仮想通貨の取引で1000万円の利益を得た場合、

雑所得の税金の計算方法によって

33%の税率と決められています。

 

すなわち、仮想通貨の取引で

1000万円の利益を得た場合の税金

は330万円となります。

 

 

仮想通貨の取引を行っていると、

突然1000万円のような想定外の

高額の利益を得ることも可能性があります。

 

その場合は確定申告の義務が生じるので、

必ず申告するようにしましょう。

 

 

ヴァーチャルリアリティの仮想通貨でも、

現実世界の利益に反映している以上、

税金がかかるということです。

 

申告を怠って何年も放置していると、

のちに加算税が請求され納める税金が

増えてしまうので注意しましょう。

 

 

 

仮想通貨で1000万円に税金はかかる?利益が1000万円でたときの税金は…

 

先程は仮想通貨のマナを取引して1000万円の

利益が出たときのケースを想定ましたが、

どの仮想通貨でも納税の義務は発生します。

 

仮想通貨の取引で

1000万円の利益が得られた場合、

税金は雑所得の規定により33%課税されます。

 

 

雑所得は累進課税なので、

利益が多いほど課税率も上がります。

 

 

仮想通貨の取引で

1000万円の利益を得たときは、

必ず申告しなければなりません。

 

利益の申告を怠ると

納税の義務を果たさなかったとみなされ、

のちに加算税が請求されてしまいます。

 

 

仮想通貨の取引で

1000万円の利益を得るのは

簡単なことではありません。

 

 

ですが、想定外の

高騰が起こるのが仮想通貨です。

 

納税の義務を知らなかったでは

済まされません。

 

利益に税金がどのくらい課せられるのかは、

あらかじめ知っておいたほうが無難でしょう。

 

 

ただし、仮想通貨の取引で

1000万円の利益を得た場合でも、仮想通貨を

売却して換金しない限りは税金は課せられません。

 

仮想通貨のまま保持し続ければ、

確定申告の必要もありません。

 

 

仮想通貨の取引で利益が1000万円得られた場合、

税金は雑所得の規定によりますが、

注意しなければならないことがあります。

 

 

雑所得は他の所得と合算されて

総合課税されますが、税金の控除はなく、

他の所得と損益を相殺することもできません。

 

翌年に損失を繰り越しできないことが

大きなネックです。

 

 

これを税法上の言葉では損益通算と言い、

雑所得ではこれができません。

 

 

仮想通貨のマナを取引して利益を得て

現実世界に反映させると、現実世界で

法定通貨の取引で利益を得たことと同じになります。

 

現在の税法では仮想通貨の分離課税は

認められていないので注意しましょう。

 

 

 

まとめ。仮想通貨1000万円の税金について

 

仮想通貨の取引で

1000万円の利益が出た場合、

税金を支払わなくてはなりません。

 

税法上では雑所得の分類に入り、

累進課税なので利益が多ければ多いほど

課税額が上がります。

 

 

仮想通貨の取引で想定外の

大きな利益が出ても慌てないように、

税金の基礎的な知識は身につけておきましょう。

 

 

モナコインでガツンと損をした靖男。

自分と同じく、洋版プレイボーイで育った人です(笑)。

 

 

最後に、

 

ときどき感謝を忘れてしまうあなたへ。

 

ノウハウを知り、

忙しくて充実感のある毎日を送りませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授