インドネシア語のチキチキなど下ネタ!意味はインドネシアでは…女性と下ネタ、翻訳とフレーズ


 

インドネシア語のチキチキは有名だが、

そもそもインドネシア語は比較的マスターしやすい言語。

 

下ネタまで知っておくと、女性と深い仲に

なれるかもしれない(笑)。

 

 

インドネシア長期滞在者による夜遊び情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンやインドネシアなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

 

 

インドネシア語の下ネタ。

 

特にすぐに使える一言フレーズを、

自分の在住経験から考察しておすすめを紹介する。

 

 

 

インドネシア語、チキチキの意味…下ネタを紹介。インドネシア、どんな言葉がある?翻訳のネタ

 

インドネシア語の下ネタには、

どんな言葉があるのか?

 

翻訳のネタも含めて紹介していく。

 

 

やはり、程度の差こそあれ、

下ネタは全世界共通であることは

間違いないのだ。

 

国によっては、公衆の場で

あけっぴろげに口に出したり、

大声で言えないようなところもある。

 

だが、人間関係を作る上で、

適度な下ネタはとても

役に立つ潤滑油なのである。

 

 

海外の移住生活が長い自分も、

男性同士の会話のつかみなどに、

下ネタを使うことはそれなりにあった。

 

もちろん、国や文化によっては、

下ネタのレベルや踏み込み具合を加減しなければ、

とんでもなく顰蹙を買うようなこともあり得る。

 

 

前置きはさておき、

インドネシア語の下ネタを紹介する。

 

 

・キス → ciuman

 

・ちんちん → penis

 

・女性器 → vagina

 

 

だいだいは英語やラテン語、

というよりは、日本人の感覚で

英語や外国語がそのままのイメージなのだ。

 

 

余談だが、

コーラは「soda」だそうだ。

 

 

そして付け加えておくが、

インドネシアはムスリムだ。

 

紹介したような直球過ぎる下ネタは

封印することをおすすめする。

 

危険なのだ。

 

 

とはいえ、インドネシア語は

特定の単語以外では、

独自の言語で用法や運用は異なってくる。

 

難易度は易しいとはいえ注意されたし。

 

 

では、インドネシア語を

翻訳するネタはあるのかどうか、

紹介しようと思う。

 

 

・チキチキ

 

チキチキが、

もっとも有名な日本語なのだ

とされているが、日本語ではない。

 

 

だが、インドネシアの人たちは

意味も知らず、チキチキは日本語が

語源として認知されているようだ。

 

 

ちなみに、チキチキは

知ってる人は知っている隠語で、

セックスするという意味である。

 

 

インドネシアでは、意味もわからず、

知ってる日本語はチキチキだけ、

という現象がみられるのである。

 

 

 

インドネシア語と女性、下ネタのフレーズを紹介

 

インドネシア語の下ネタのフレーズを紹介する。

 

 

鉄板はまちがいなく「チキチキ」だ。

 

ジキジキともいうようだが、

セックスするという意味である。

 

 

このチキチキの謎なところは、

語源が日本語だと

いわれているところである。

 

 

チキチキは隠語なので、

意味を知らない人も多い。

 

意味は知らないが

知っている日本語はチキチキという

カオスな会話が交わされるのである。

 

 

その会話で、日本人が「チキチキバンバン」という

作品名を出そうものなら、ドン引きか殴られるかの

どちらかの可能性があるので注意されたし。

 

 

その理由は、

チキチキ「セックスする」バンバンさん、

という文章になってしまうのだ。

 

 

もし、会話する

メンバーのなかにバンバンさんがいたら

失礼極まりない展開になってしまうのである。

 

この下ネタフレーズも、

インドネシアの国民性や文化を考えると、

慎重になるべきである。

 

 

とはいえ、日本人が最初に覚える

下ネタフレーズのスラングは、チキチキバンバンが

覚えやすくわかりやすいことも事実なのである。

 

 

ムスリムの文化圏ゆえ、

過度な乱用はしないように、

注意は必要だ。

 

 

 

まとめ。インドネシア語の下ネタについて

 

インドネシア語は、

外国語の中では

難易度がやさしい言語である。

 

一部の単語に限定すれば、

覚えやすいのは間違いない。

 

 

インドネシアでは、

なぜかチキチキが

日本語として広まっている。

 

しかもセックスするという意味の

隠語だというから驚きを隠せないのが本音だ。

 

 

チキチキは、

夜の女性との会話で

頻繁に出てくる単語だ。

 

東南アジア一帯や南米でもチキチキで

意味が通じるくらいに浸透している。

 

 

チキチキを調べてみても、

日本語説以外には英語が訛って変化した、

というくらいでどれも有力ではないのだ。

 

 

語源があやしいという意味では、

日本で定着している題名の「チキチキバンバン」も、

原題は英語で、ChittyChittyバンバンだ。

 

訳者がチキチキとしたことで、

どういう意図があったのかわからないし、

チッティだとしか思えないのである。

 

 

バリに住みたいと話す公ちゃん。

自分と同じく太りやすい体質に悩む(笑)。

 

 

最後に、

遊び心とゆとりが足りないあなたへ。

 

このコンサルとの衝動的な出会いで人生を変えてみませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授