カンボジアの株、どうやって買う?マルハンの株価のチャートって?カンボジアの株式市場について


 

カンボジアの株を買うなら、

国内以上に銘柄の見極めが重要になります。

 

あなたが本物の投資ノウハウを知りたいなら

以下より無料情報を請求してください。

 

 

カンボジアの株式市場は、

これからも注目をあつめる

ポテンシャルを持っている重要ワードです。

 

現地に新会社を設立したマルハンを皮切りに、

海外のカンボジアへの投資が増加していることが

その証明といえます。

 

 

 

スポンサードリンク

カンボジアの株ってどうやって買うの?カンボジアの株について紹介

 

カンボジアは、韓国取引所の協力で

カンボジア株式市場をスタートさせ、カンボジアに住んでいなくても

居住国からカンボジアの株を買うことができるようになったのです。

 

 

カンボジアの株式市場は、

すでにある欧州や日本のような

古い市場ではありません。

 

そのような古来の市場の中でも新しい株式市場として、

創世期黎明期ともいうべきタイミングです。

 

株式市場に携わることで、

未来のカンボジア市場を形成する

潮流の先端を担う夢があるといえます。

 

 

カンボジアの株式市場は、当初のカンボジア水道公社から始まり、

現在では銘柄も増え、市場規模も拡大し続けており、

依然、大注目のマーケットです。

 

 

カンボジアの株をどうやって買うのかですが、

まずは、CSXというカンボジアの証券取引所と取引を可能にするため、

提携のある証券会社に証券口座を開設必要があります。

 

カンボジアに居住していなくても郵送等で手続き可能です。

 

海外在住の場合は、審査基準の

ハードルが上がるが極端な問題がない限りは、

開設に不具合はなく過度な心配は必要ないといえます。

 

 

カンボジアに証券口座を作ることができれば、

大まかには一般的な株取引と同じと考えて

問題はありません。

 

不安な要素がある場合は、

口座のある証券会社に連絡を取り、

不安を解決する方法が確実になります。

 

 

カンボジア側では非課税となっている内容でも、

日本の税法では適用基準や内容が

異なる可能性があります。

 

 

カンボジア株の手数料や売却益について

税務署や関係各所に問い合わせを

しておいたほうが無難です。

 

 

 

マルハンの株価のチャートって?カンボジアの株式市場についても紹介

 

マルハンといえば、日本でも有名な

アミューズメント総合商社になります。

 

 

よく見かける業務形態としては、

パチンコ・スロットです。

 

パチンコのほかにボウリング場の運営も手掛けており、

そのマルハンが、カンボジアに現地法人を

設立しています。

 

 

つまり、マルハンの株価のチャートは、

カンボジアの株式市場と

切っても切れない関係なのです。

 

 

マルハンの100%出資で2007年に、

マルハンカンボジアコーポレーションを

設立しました。

 

商業銀行の設立も行うなど、

マルハンはカンボジアと綿密に関係を深めながら、

現在にいたっているのです。

 

 

カンボジアの株式市場は、

韓国取引所の協力でスタート。

 

資本の45%を韓国取引所が所有する形になっており、

韓国の協力なしにカンボジアの株式市場は

成立していないといえるのです。

 

 

プノンペン水道公社の上場から始まったカンボジアの株式市場は、

現在では無数の銘柄が上場し、海外からの注目度に比例して

取引額が増え続けるポテンシャルの高い市場です。

 

 

株式市場のスタート直後は、上場企業の増加が停滞したり

上場の認可が下りないようなこともありました。

 

それは、法制度や上場などの市場に真摯ゆえのことで、

決算を粉飾したりすることのない、

正直な環境であると言えるのです。

 

 

不正がないことは、

市場の公正さに信頼を担保できるという

大きなポイントになります。

 

 

途上国では、法整備や制度設計が

追い付いていなかったり

不備だらけということは往々にしてあります。

 

ですが、カンボジアの株式市場に関しては、

しっかりとした環境が整っているということです。

 

 

カンボジアの株式市場のスタート数年は、

歩みの遅さが目立ちましたが、

実直さに比例しマーケットが拡大し続けているのです。

 

 

 

まとめ。カンボジアの株について

 

カンボジアの株式市場は、成長を続けており、

今後もさらなる成長と拡大が望める

もっともポテンシャルのある株式市場です。

 

 

パチンコで有名なマルハンは、

カンボジアの株式市場がスタートする前から、

現地にマルハンカンボジアコーポレーションを設立。

 

その後も銀行を設立するなど、

カンボジア経済と密接にかかわる戦略をとっており、

日本からみてカンボジア経済を重要しているということです。

 

 

つまり、カンボジアの株式市場には

新しいことに挑戦する環境や条件が

そろっているということができます。

 

 

カンボジアは株式市場においては、

新しい市場であることに変わりありません。

 

伸び代を期待できるだけでなく、

経済の流れの先端になり市場を

開拓できる夢があるのです。

 

 

カンボジアでコンドミニアムに投資していた和久。

自分と同じく、チョコミントに目がない男です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

苦しい時ほどアクティブでいたいあなたへ。

 

アドバイスを受けて、自分の本当にやりたいことを見つけて

エキサイティングな人生にしませんか?

 

興味があれば

以下より無料情報を請求してください。

 

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授