富山移住で失敗…富山へ移住した後、失敗した後の体験をブログでチェック


 

富山移住で失敗した人は、例外なく

昔の日本の風景に憧れていただけで

十分な下見をしていなかった人たち。

 

 

ブログを手段にして、どこに住んでも

安定収入を得るには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

富山移住を検討中の人が

失敗しないためには?

 

 

富山移住した友人のいる自分が

ブログなどの失敗談を含めて紹介する。

 

 

 

富山移住での失敗とは?富山への移住後の生活費、環境、仕事をブログで紹介

 

富山県の2020年の人口は約103万人。

 

日本海と北アルプスに挟まれた地。

 

 

富山移住で失敗したと感じるのは

車がないと生活しにくい。

 

公共交通機関が少なすぎて

不便などがよく挙げられている。

 

 

車を持っていない人、

車になれていない人は

移住するにあたって1つの課題になる。

 

 

また、富山は移住してから気付く人も多いが

冬の光熱費が高くなりがちで、生活費が

予想していたよりもかかったという友人もいた。

 

 

富山県は立山連峰の水資源を活用した

水力発電のおかげで日本一電気代を安くできるのだが、

電気使用量は全国TOP3に入る。

 

なぜかというと、富山は平均の積雪量が毎年、

全国で5位内に入る位雪が降る雪国なので

光熱費が思いの他かかる。

 

 

富山移住後にこの雪国の環境に

驚く人も多いのだが、日本海側気候で

県内全域が豪雪地帯。

 

 

北海道は賃貸物件に

ストーブ完備のところが

多いのは知っているだろうか?

 

 

富山ではそうでないどころか、

東京のようにストーブ禁止の物件もある。

 

代わりにエアコンや

ホットカーペットやこたつを多用する。

 

 

また富山は、家が大きい程

偉いという考え方が根付いている為、

全国一家が大きく部屋の数が多いのだ。

 

富山の電気代が全国一安くても、

使用量が多くなるため

このような結果になっている。

 

 

夏はどうかというと、

フェーン現象の熱波で

関東よりも高温多湿で熱い。

 

厳しい夏と冬で、結果的には

年間光熱費は高くなるという事になる。

 

 

また富山移住するにあたって

心配になるのが仕事の事では

ないだろうか。

 

 

富山には有名で魅力的な観光地が多数ある。

 

自分が読んだ富山移住者のブログでは、

世界遺産でもある五箇山合掌の里に移住した人の

体験談も面白かった。

 

 

世界遺産である五箇山温泉宿泊施設などでも

リゾートバイトを募集していたりする。

 

何も就職の予定がないのであれば、

そういった仕事で現地を

体験してみるのも面白い。

 

 

また地域おこし協力隊を

活用してみるのも一つの手だ。

 

そこで繋がった縁で仕事を紹介してもらったり、

空き家を紹介してもらったりがあったと言う。

 

 

 

富山移住で失敗しないための移住生活を体験談、失敗談をブログでチェック

 

富山移住でよく聞く失敗と言えば、

思っていたよりも雪が多い事。

 

年間通して電気使用量が

多くなり生活を圧迫する。

 

 

また、富山移住者の失敗談をブログで読んだが、

車がないと仕事の場面でも生活でも

移動での時間がかかり不便という。

 

 

車の維持費も大きな負担になる。

 

 

このように富山に移住した人の

ブログを読めばもっと色々な体験談が聞け、

移住の準備に役立つ。

 

富山移住者が移住生活を失敗と思わないためには、

このようなデメリットも念頭に

下調べをして計画するのが大事になる。

 

 

では、自分の知人の

富山移住した人の体験談では、

食べ物がおいしい。

 

 

例えば海の幸。

 

日本海に面しており、魚介類が豊富。

 

 

白えびやブリなどが有名であるが、

秋にはベニズワイガニなども旬である。

 

 

人生において食は非常に大事である。

 

自分の様な魚介類好きな人にはおすすめである。

 

 

 

まとめ。富山移住の失敗について

 

日本海や北アルプスに面している富山県。

 

 

田舎暮らしや

世界遺産に興味ある人にも

おすすめな場所でもある。

 

だが、厳しい冬の寒さや

高温多湿の夏の暑さというデメリットも

理解した上で検討して欲しい。

 

 

移住する前にリーサーチのためにも

何度か足を運んで自分に合った土地を探すか、

移住体験や地域おこし協力隊などに参加してみるのもよい。

 

 

一般的な暮らしも富山市内なら

環境がある程度整っており住みやすい。

 

家賃も安めというメリットもある。

 

美味しい魚介類好きならお勧め。

 

 

富山に住みたいと話していた和田くん。

自分と同じく、めんどくさいくせ毛に悩む(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授