おすぎが福岡移住で後悔?アドレスホッパーが福岡に移住して後悔…失敗と就職の後悔、芸能人のブログと仕事


 

おすぎのように福岡移住で後悔したという人は、

自分のように寒い気候が苦手な人。

 

東京より寒いのは自分も意外だった。

 

 

ブログを手段にして福岡に移住し、

安定収入を得る方法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

ICTツールの発展で地方移住や二拠点移住ブームの昨今。

 

福岡移住してから後悔しないために

福岡に在住経験のある自分が紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

福岡に移住した芸能人、おすぎに学ぶ福岡移住の後悔と失敗。福岡に移住後、仕事は?

 

福岡出身の芸能人は大勢いるが、

福岡に移住した芸能人といえば

「おすぎとピーコ」のおすぎ。

 

 

おすぎの福岡移住は2010年ごろ。

 

 

おすぎといえば関東圏のテレビで

見かけることも少ないが、以前から九州を中心に

テレビ、ラジオで活躍している。

 

福岡と札幌での仕事が多く、

札幌と福岡のどちらかで悩んだ時に

暖かい福岡を選んだという。

 

 

熱心なソフトバンクホークスの

ファンであることも理由の一つだ。

 

 

仕事は順調で、テレビはローカル局で

レギュラーを9本持ち、

ラジオも10年以上続いている。

 

 

東京のテレビはひな壇の人数が多過ぎて

目立った人しか映らないのに比べ、

ローカルでは規模が丁度いいと言っていた。

 

 

おすぎにとって福岡は仕事面で

とても合っているのだ。

 

 

福岡への移住に後悔しないために

何が大切だろうか?

 

 

海外ではないので

言葉が通じないということは無いが、

同じ日本でも文化や風習の違いはある。

 

 

お酒の消費量が全国9位。

 

屋台の数が全国ということもあり、

お酒を飲む人が多い。

 

お酒を飲まない人には

人付き合いが大変な事が多い。

 

 

九州=南国で

暖かいだろうと思ってはいけない。

 

 

九州の北部に位置する福岡。

 

日本海気候に近いとも言われているのだ。

 

 

福岡は東京とあまり変わらない平均気温。

 

冬には雪も降るし、積もる事もある。

 

 

気温は東京と大差はないが、

日本海気候に近いので冷たい海風が強く、

東京よりもずっと寒く感じる。

 

 

日照時間も短い。

 

東京だと184.5時間だが、

福岡の月平均の日照時間は102.1時間。

 

曇っている日が多いのも特徴だ。

 

 

家賃の相場を見ると、

東京と比べると2万円ほど下がる。

 

だが、都心部に近い程

高くなるのはどこも同じだ。

 

探し方次第で家賃支出を下げることも可能だ。

 

 

福岡への移住で失敗しないためには、

自分が希望する暮らしに合わせた

情報の収集が大事。

 

 

リモートワークが可能で、

現在の仕事を変えずに移住する人でなければ

現地で就職活動することになると思う。

 

九州一の都市である福岡ではあるが、

東京や大阪などの大都市と比べると

求人数は少なく、平均年収も下がる。

 

 

移住後に仕事を探そうとすると

苦労することもあるだろう。

 

 

福岡に移住した後に後悔しない様に、

前もって仕事も調べておきたい。

 

 

 

福岡への移住の支援はある?福岡移住のアドレスホッパー、福岡で就職、仕事の後悔をブログでチェック

 

福岡に移住しようと思った時は、

国や自治体の支援の中から、

自分が受けられるものがあるかチェックすること。

 

 

福岡県内で調べると、様々な支援金や補助金、

住居や求人の情報の提供を受けることができるので、

自分に合った支援は何があるか前もって調べるといい。

 

 

支援や補助金を受け取るには

色々な規定や条件がある。

 

移住計画が始まった初期の時点で

早めに知っておくことが重要なのだ。

 

 

最近ではアドレスホッパーで

福岡に移住する人も多いようだ。

 

 

リモートワークなど今の仕事を変えること無く

移住できるのなら問題ないだろう。

 

だが、福岡がいくら5大都市と言っても、

移住後に就職活動しようとした場合

なかなか見つからず後悔する事になる。

 

 

福岡に移住を機に、

会社勤めの仕事は辞めて

独立する道を考えてもいい。

 

アドレスホッパーがフリーランスとしての仕事に

選んでいるものの多くが、WEBライター、ITエンジニア、

イラストレーター、コンサルタント、ユーチューバー等だ。

 

 

アドレスホッパーを目指したいなら

上記職業実現に役立つブログを読むのもおすすめだ。

 

 

福岡に移住しているアドレスホッパーも居るので

ブログを読んでみるのもいい勉強になる。

 

 

また福岡は農林水産業や商工業も盛んだが、

言わずと知れた「屋台」も有名。

 

この屋台、福岡市なら天神や長浜地区で

ときどき屋台営業者の公募を募っているので

興味あれば応募するといい。

 

 

 

まとめ。福岡移住の後悔について

 

芸能人「おすぎ」のように

福岡の文化が合えば地方移住は成功する。

 

自分に合った支援を受けられるか

事前に調べることが重要。

 

 

希望の市町村で支援が無い場合は、

福岡県内でも自分の希望する支援がある

市町村を選択するのも有りだ。

 

 

アドレスホッパーやフリーランスの

準備が整ってから移住する方が安心。

 

 

仕事もそうだが、

気候やその土地の文化など、

自分に合っているかも重要だ。

 

噂や思い込みではなく現地で肌で感じたり、

経験者の話を聞いたり、

ブログを読んで知っておくことが必要だ。

 

 

福岡出身の友人かなこ。

 

自分と同じく、霊感もないのに

生まれ変わりだけは信じる(笑)。

 

 

最後に、

 

チャレンジする機会が無いあなたへ。

 

今から投資して老後はお金の心配をせず自由を満喫できるようになりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授