フィリピン人の家政婦を住み込みで雇う方法!料金など。ハウスキーパーやお手伝いさんの価格を紹介。


 

昨今注目の集まっている家政婦。

 

子供の英語教育や著名人のプライバシーの観点から

フィリピン人の家政婦を住み込みなどで

雇う人が増えている。

 

 

フィリピン在住者による家政婦の情報、

ブログを手段にしてフィリピンに住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もお気軽に。

 

メールアドレス >

 

 

雇い方やかかる費用を

フィリピンに詳しい自分が

家政婦について紹介。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピン人の家政婦を住み込みで雇う方法。ハウスキーパーの料金、価格、値段について

 

 

住み込みの家政婦を雇うことは

フィリピンの中流階級以上の

家庭ではとても一般的。

 

人件費が安いので、月2万円程あれば、

フィリピンで住み込みの家政婦を雇える。

 

 

フィリピンで家政婦は国家資格を

取得することが可能で、海外でも

活躍しやすい体制を国が整えているのだ。

 

 

フィリピンは家事代行の先進国なので

家政婦としてのレベルも高く安心感がある。

 

 

フィリピンでは住み込み家政婦は

2万円程からの料金で雇えるが、日本で

フィリピン人家政婦を雇うといくらかかるのか?

 

 

日本で日本人家政婦を雇う場合、

料金は大体1時間当たり

2,000円~5,000円程。

 

住み込みの家政婦ではないなら、

交通費や延長の場合は別料金が発生する。

 

 

お年寄りに特化している

家政婦代行サービスなどもある。

 

 

時間当たりの料金が割高になる傾向があるが、

政婦を雇う場合、多くの場合は

家事代行業者を通して雇う。

 

フィリピン人の家政婦を雇う場合も同じである。

 

 

またフィリピン人家政婦だけを

集めている専門の代行業社もある。

 

フィリピン人の家政婦を雇いたい場合は

そういった代行業者にお願い

するのもおすすめだ。

 

 

時間帯や家政婦を指定しなければ、

フィリピン人の家政婦を1時間当たり

1,500円程の低価格で雇うことも可能だ。

 

 

これを見てわかるように、

フィリピン家政婦料金は、想像するよりも

ずっとリーズナブルである。

 

フィリピン人家政婦を雇うメリットは値段だけではなく、

家事代行の先進国であるゆえに世界水準の

高品質なサービスが受けられる事も1つである。

 

 

中国などの高度成長が著しい国でも、

フィリピン人のメイドを雇うことは

富豪階級らのひとつのステータスにもなっている。

 

 

また英語が公用語の1つでもあるフィリピンなので、

フィリピン人が家政婦で住み込みした場合、

面倒をみてもらう子供たちが日常的に英語に触れられる。

 

子供の英語教育にとても適していると言える。

 

 

これらの事からも、フィリピン人の

家政婦の利用価値はとても高く、

長年フィリピン人と交流のある自分もおすすめだ。

 

 

 

フィリピン人の家政婦のビザはどうなる?住み込みでメイドやお手伝いさんを雇う料金。東京や福岡では?

 

では、フィリピンのお手伝いさんは

どこで雇えばよいのか?

 

料金や雇い方など気になる人も多いと思う。

 

 

基本的には、フィリピン人を

メイドとして雇うなら、

お勧めなのが家事代行業者だ。

 

盗難や破損の保証なども

充実している為、ある意味安心。

 

 

はじめてフィリピン人の

お手伝いを頼むなら、こういっ

た不安があるのではないか?

 

フィリピン人がハウスキーパーとしての

スキルが高いとはいえ、

そう言った事も十分あり得る。

 

 

保険が完備されている代行業者なら

後々トラブル解決にも

結び付きやすいし安心だ。

 

 

料金的にもう少し、割安でフィリピン人の

お手伝いさんを住み込みで雇いたいなら

自分で募集を出すという手もある。

 

しかし、いろいろなリスクがあるので、

理由はあとで話すが自分はあまりお勧めしない。

 

 

フィリピンの文化や公用語に明るい人なら良いが、

そうでなければ別の方法で雇った方が

不安なく任せられて精神的にもよい。

 

折角お金を払って家事代行してもらい、

時間を作ったりしても不安で

他の事も手につかないなら意味がない。

 

 

他にも、都内の高級住宅街の外国人向けスーパーには、

フィリピン人のメイド希望者が日本で働くために、

個人で家政婦先の募集を出していたりする。

 

フィリピン人家政婦を東京で探しているなら、

こういった所をチェックして

条件のよい人を探すのもありだ。

 

 

日本に住むフィリピン人メイドの

希望者の中には日本語も少し

出来たりする人も居る。

 

一度電話で話をして、

英語や交渉に自信があるなら

自分で料金などの交渉をしてみてもよい。

 

 

また、フィリピンに知り合いなどがいる場合は

知人に紹介してもらうという手もある。

 

 

自分の友人の中には、フィリピン人家政婦を

現地から福岡に呼び寄せて

住み込みで雇っているやつもいる。

 

これも安く雇うことが可能ではあるが、

言葉やフィリピン文化に疎い場合には

リスクを伴う危険もあるので慎重に。

 

 

また、個人でフィリピン人の

家政婦を雇うなら契約前に

ビザの事も確認すること。

 

後で犯罪を知らずして

犯してしまったという事にも

なり兼ねないから覚えておいてほしい。

 

 

数年前の法改正から、不法就労の場合には

求職者だけではなく雇用主も刑事罰が

科せられるので特に注意が必要。

 

お手伝いさんを雇う料金を

ケチったばっかりに

犯罪者になるのは残念過ぎる。

 

 

海外で生活する時もそうだが、

外国人相手なら特に自分の身は

自分で守ることが重要。

 

しっかり確認が必要だ。

 

 

実際自分もフィリピンでお手伝いさんを雇っているが、

時間と心の余裕が出来、仕事や趣味の時間等に

充てられコスパの良さを実感している。

 

 

自分は、フィリピン人のお手伝いさんは

現地の友人から紹介してもらったが、

とても明るくいつもニコニコしている。

 

家の事をやってくれるだけではなく、

気持ちも明るくしてくれる事も多く有難い存在だ。

 

 

 

まとめ。フィリピン人の家政婦(住み込み)について

 

フィリピン人の家政婦を住み込みで雇う方法には、

家事代行業を通したり、自分で探して直接雇ったり、

知り合いの紹介などがある。

 

 

世界水準の高品質なサービスを

提供可能な事も多いフィリピン人家政婦。

 

大人なら、自分の時間が出来るのが最大の利点だ。

 

 

子供がいるなら、

ハウスキーパーとしてだけではなく、

子供の英語や外国文化の教育にもなる。

 

雇うには、家事代行業者を

通すのが一般的におすすめ。

 

 

安く雇うなら、個人で求職している

フィリピン人メイドを直接雇ったり、

友人や知人に紹介してもらう。

 

ただ、ビザの問題や

家財の破損や盗難などリスクもある。

 

 

自分で交渉や確認が不安な場合は、

代行業者を通して保証を付ければ

安心でリスク回避も兼ねれてお勧めだ。

 

 

フィリピン家政婦に大金を盗まれてしまった、海江田。

自分と同じくお酒よりソフトクリーム派(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授