アルバイトの所得税計算フォーム、税金の乙とは?所得税が引かれている…掛け持ちはばれない?


 

アルバイトの所得税の計算のフォームは

ネットで検索できますが・・・

 

 

税が気にならないほど稼げるようになりたいものです。

 

 

自宅で稼げるおすすめの仕事は

 

こちらをクリックしてください。

 

 

会社に勤めると給料から自動的に税金が引かれているので

自分で何か特別に手続きをする必要はありません。

 

しかしアルバイトの場合は所得税はどうなるのでしょうか。

 

 

アルバイトの税金や所得税計算フォームなど解説していきます。

 

 

 

アルバイトの所得税の計算のフォーム!バイトの税金の計算方法とは?所得税の税率や計算方法、単発バイト、フリーターと学生の違いは?

 

 

アルバイトで収入によって

納める義務がある税金は所得税と住民税です。

 

アルバイトやパートなどでも、

税金は学生や主婦(夫)、フリーターなど関係なく

所得税と住民税を納める義務があります。

 

 

アルバイトの所得税と住民税は、

所得税が年間の収入103万円以下かつ

月収88,000円未満。

 

住民税が年間の収入およそ

100万円以下でなければ

支払う必要がありません。

 

 

まず、所得税の税金について解説します。

 

 

アルバイトの税金の計算方法は、給料やボーナスなどの

年間全ての収入金額から、給与所得控除や各種所得控除を差し引いた

課税所得金額を求め、課税所得金額に税率をかけて所得税を算出します。

 

給与所得控除の計算方法は国税庁の

「NO.1410給与所得控除」の一覧から求めます。

 

 

各種控除で基礎控除や扶養控除、生命保険料控除、

地震保険料控除、勤労学生控除などさまざまな

控除の中から自分のあてはまるものを差し引きます。

 

 

年間の収入が103万円以下であれば

課税所得金額は0になるので、

バイトの給料の税金を計算する必要はありません。

 

 

アルバイトに限らず所得税率は国税庁の

「NO.2260所得税の税率」で算出できます。

 

例えば課税所得税が195万円以下は5%、

195万円超330万円以下は10%の税率になります。

 

 

また、2013~2037年までは2011年に発生した

東日本大震災復興のための財源を確保するために

設けられた復興特別所得税2.1%も差し引かれます。

 

所得税額にこの2.1%をかけて

復興特別所得税額も計算しましょう。

 

 

所得税の計算フォームはネットで検索すると

いくつかフォームが出てくるので

試算することができます。

 

 

また、誰でも給料を受け取る人は

税金を納める義務があるのですが、

学生は条件を満たすと勤労学生控除があります。

 

勤労学生控除を受けることができる学生は、

130万円までの収入であれば所得税が、

126万円までの収入であれば住民税がかかりません。

 

 

 

アルバイトで住民税の天引き、給料(手取り)がいくらから?月の収入や業種、契約の仕方で違いはある?

 

アルバイトでも税金が月収から

差し引かれている場合があります。

 

バイトであっても月収の手取りによっては

税金を取られるのです。

 

 

バイトの税金は月収がいくらから

差し引かれるのでしょうか。

 

 

バイトの税金は所得税か住民税になりますが、

所得税は年間収入103万円以下か、バイトの手取り

月88,000円以上になると税金が給料から天引きされます。

 

しかし住民税に関してはバイトの税金が月収何円からではなく、

前年度の年間の収入によって翌年6月から支払う形となり、

月の手取りによって決まるものではありません。

 

 

また、住民税は住んでいる地域と

所得によって設定しているために

住んでいるところによって微妙な差があります。

 

独自に設定している自治体もあったり

住むところによって住民税の税率が違います。

 

 

大きく変わることはないといわれていますが、

全ての地域に1人の人が住んでいって確かめることは不可能なので、

どの程度金額が変わってくるのかはわからないでしょう。

 

 

初めて働いた年は住民税は誰でもかかりません。

 

このことから翌年にもし退職をして無職の場合でも、

前年働いていれば住民税だけが後追いで徴収されるのです。

 

 

これについては自分は昔から納得がいかない部分です。

 

 

正社員を退職した翌年はバイトをしていたため収入は

かなり減りましたが、住民税だけは正社員の頃の収入に対しての

税金が徴収されるため非常につらかった経験があります。

 

これはどうにかならないものでしょうか。

 

 

今後転職や退職をする人は

気を付けなければならない点です。

 

 

住民税は住む地域によって多少変わりますが、

年間の収入が90~100万円以下であると、

かからない税金になります。

 

月の収入や業種、契約の仕方の違いというよりは、

1~12月に得た収入の住民税は翌年6月から差し引かれる、

または支払わないとならないことを覚えておきましょう。

 

 

 

まとめ。アルバイトの所得税を計算するフォームについて

 

アルバイトでも正社員でも給料をもらう人は

税金を国に納める義務があります。

 

 

ただし年間の収入や控除によって

税金の支払い対象外になることもあります。

 

バイトの税金とは所得税と住民税です。

 

 

所得税は年間の収入103万円以下かつ

月収88,000円未満。

 

住民税は住んでいる地域によって

多少の誤差がありますが、年間の収入が

90~100万円未満であると税金はかかりません。

 

 

また、学生の場合で条件を満たすと

勤労学生控除が適用となります。

 

フリーターで働いている人と学生の人では、

この勤労学生控除の対象となる学生の人の方が

多く稼いでも税金を支払う義務はありません。

 

 

また、住民税は1~12月に働いて得た給料に対して

翌年6月から翌々年5月まで差し引かれます。

 

もし無職などで収入がなくても前年働いていれば、

住民税だけは後追いで支払わなければなりません。

 

 

これから転職や退職で前年よりも当年が大幅に収入が減る、

なくなる場合は気を付けなければならないので、

ぜひ覚えておくことをおすすめします。

 

 

学生時代、バイトで稼ぎ過ぎた杉山。

自分と同じく、洋版プレイボーイで育った人です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

いつもフレンドリーなあなたへ。

 

コンサルで欲しがりな自分にOKを出して

もっと人生を楽しみませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授