シンガポール移住を子連れで…主婦の絵日記のブログで知る。コンドミニアムは安い?駐在ブログで紹介


 

シンガポール移住を子連れでするなら、

日本人コミュニティで日本と同様のストレス

受けないようにしたい。

 

移住の意味がなくなるから。

 

 

長期滞在者によるシンガポール移住情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンやシンガポールなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

シンガポール移住を子連れで成功するには?

 

主婦の絵日記という

シンガポールの駐在妻のブログから

ヒントを考察するのである。

 

 

 

シンガポール移住は子連れでできる?駐在妻は暇?コンドミニアムは安い?主婦の絵日記のブログを紹介

 

シンガポール移住の様子を知るには、

シンガポールの駐在のブログを読むことで

現地に移住した生活のことがわかると思う。

 

主婦の絵日記というシンガポールの生活を

発信しているブログがオススメだ。

 

 

シンガポール移住の子連れの様子も発信されていて、

シンガポールに駐在する夫の、

駐在妻のリアルも垣間見ることができる。

 

シンガポールでの生活のイメージが持ちやすいうえに、

日々の生活のハウツーやトラブル、楽しみ方がわかるので、

とても貴重で有用な情報を得ることができるのだ。

 

 

日本人が、海外の生活で気にするのは

物価が上位に来ると思われるが、

シンガポールの物価については驚く人が多いのである。

 

というのは、日本人は他のアジアの国へのイメージとして、

物価が安いと考えがちだが、シンガポールについてはまったくもって

そんなことはなく、物価は高いというのが現実なのである。

 

 

シンガポールに移住すると、基本的にはコンドミニアムに

住むことになると思われるが、シンガポールのコンドミニアムを

安いと考えているととんでもない目にあうと覚悟しておいたほうがよい。

 

おおよそだが、シンガポールの

コンドミニアムに住もうとするなら、

月に50万円でも安いくらいなのだ。

 

 

相場によっては、

月に70万円、100万円という物件もあるので

しっかりと事前調査が必要だ。

 

もちろん高級住宅街かそうでないで

相場はかなり変わるので、

よく考えて結論を出すべきである。

 

 

また、主婦の絵日記でも再三にわたって

話題に上がっているが、シンガポールはおおらかな人が多く、

日本ほど緻密なサービスは期待できないと考えるべきである。

 

手続き内容や、契約について、何度も確認ややり取りを

することが多いようで、ひどいときにはお願いしたサービスが

契約されていない、ということも日常茶飯事のようだ。

 

 

シンガポールの駐在妻も暇ではないようである。

 

 

 

シンガポール移住で後悔…シンガポールの生活水準は?仕事探しや子育てを駐在のブログでチェック

 

シンガポールの生活水準は高く、

生活水準が高いということは

物価が高いのである。

 

シンガポール移住で後悔するパターンのほとんどは、

物価の高さと仕事に関係することだといえるのだ。

 

 

特に、シンガポール移住の仕事探しは、

英語が必須なので英語の読み書きに

堪能になるまで勉強する必要があるのだ。

 

また、現地で求人に応募して採用される方法は

一般的ではあるが、住宅費の費用はないので、

住まいの制約はそれなりに覚悟する必要があるのだ。

 

 

コンドミニアムに住む層は、

富裕層か海外からの駐在員であり、

駐在員の場合は会社負担がほとんである。

 

 

英語力があるのなら、日本で海外駐在のある企業や

外資系の企業に入社してからシンガポール移住を計画するほうが、

リスクマネジメントの面では心配がないのである。

 

 

主婦の絵日記というシンガポールの駐在のブログがあるが、

子供を連れて移住する駐在員の妻の視点で生活が書かれている。

 

シンガポールの子育てのブログの役割も持っていて、

シンガポールの生活をイメージして

計画を立てるには十分に参考になるのである。

 

 

 

まとめ。シンガポール移住を子連れで

 

シンガポールは、世界一物価が高い国とも言われており、

思いつきで移住できるような国ではないのである。

 

当然のことながら、現地では英語が必須になるので、

生活水準を高めたいと考えるならば英会話だけでなく

読み書きも高度なレベルで身につける必要があるのだ。

 

 

コンドミニアムに住むには、

月に30万円でも足りない地域や物件がある。

 

可能であれば、海外に支店のある日本企業や、

海外を飛び回ることになるような外資系の企業に入社することが、

シンガポール移住の近道になるのだ。

 

 

英語力さえクリアできれば、

現地での仕事探しも可能になるので、

移住の計画は立てやすいと考えられる。

 

仕事の心配がなければ

日本で暮らしていた時と同水準で、

生活を想定しても問題はないのだ。

 

 

シンガポールに住みたいと話す赤井くん。

自分と同じく、チョコミントに目がない(笑)。

 

 

 

最後に、

 

イノセントな自分でいたいあなたへ。

 

コンサルに参加して、投資プランに

新しいものを取り入れてリスク分散しませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授